ちっちゃな雪使いシュガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ちっちゃな雪使いシュガー
アニメ
原作 蒼はるか
監督 木村真一郎
シリーズ構成 やまだやすのり
キャラクターデザイン 川嶋恵子
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 シュガー製作委員会
放送局 日本の旗TBS日本の旗BS-i
香港の旗TVB大韓民国の旗トゥーニバース
放送期間 本編(TBS):
2001年10月2日 - 2002年3月26日
特別編(BS-i):
2003年8月21日8月28日
話数 全26話(特別編2話含む)
漫画
原作・原案など BH SNOW+CLINIC
作画 コゲどんぼ
出版社 角川書店
掲載誌 月刊ドラゴンジュニア
レーベル 角川コミックスドラゴンJr.
巻数 全3巻
小説
著者 大河内一楼
イラスト コゲどんぼ、まりも
出版社 富士見書房
レーベル 富士見ファンタジア文庫
発売日 2002年8月
巻数 全1巻
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ちっちゃな雪使いシュガー』(ちっちゃなゆきつかいシュガー)とは、2001年10月3日から2002年3月27日までTBSの深夜枠にてサイドカットを行い放送されたテレビアニメ作品である。後の2001年12月1日から2002年5月11日までBS-iにてフルサイズ(16:9)の放送も行われている[1]。なお、BS-iでは2003年8月22日と同年8月29日に特別編も放送された。

概要[編集]

本作品は、TBS製作深夜アニメとしては非常に珍しいアニメオリジナルで製作されたファンタジー作品であり、その内容は人間の少女と妖精の間に生まれた友情と彼女らの心の成長をパステル調のメルヘンチックな世界において描かれている。

2001年12月には全国のTBS系列のテレビ局(一部地域除く)でも第1回分のみの特別版が放送され、冒頭に原作者・蒼はるかからのメッセージが添えられていた(最後は手書きのメッセージだった)。なお、中国放送(RCC)のみ冒頭のメッセージが木村真一郎監督による広島弁を交えたものに差替えられていた(木村監督が広島県出身であるため)。

主題歌には、「シュガー・ベイビー・ラヴ」(イギリスのバンドルベッツの曲で、日本でもWinkなどのアーティストがカバー曲を発表している)を用いている。

このほか、コゲどんぼによるコミック版が角川書店から、大河内一楼による小説版が富士見書房から、それぞれ出版されている。

あらすじ[編集]

ミューレンブルクのモデルのドイツ・ローテンブルク(写真は名所のPlönlein

架空の街・ミューレンブルク(ドイツローテンブルク[2]をモデルにしている)に住むサガという人間の少女が、妖精の世界から人間界に修業のためにやってきたシュガーという季節使いと出会い、生活を共にしつつ心の交流を育み、成長していくという物語である。また、サガとシュガーだけでなく、多くの登場人物も相互に影響しあって物語を形作っている。なお、季節使い達の成長は“「きらめき」と呼ばれる何か”という形をとって象徴的に描かれており、同時にこの「きらめき」をたくさん見つけることが彼らの修業の目的であるという設定となっている。

登場人物[編集]

サガ・ベルイマン
声 - 浅野真澄
本作品の主人公で、ミューレンブルクに住む11歳の人間の少女。季節使いを見ることができる稀な人間でもある。彼女の両親はすでに亡くなっており、このため祖母・レジーナと2で暮している。性格は明朗快活、決断力にも富んでおり、クラスの人気者である。趣味はピアノ演奏とスケジュール管理。ただ、彼女は人から自分の未熟さの原因を死んだ母親に帰されることを極端に嫌うあまり常に模範的な人間であるよう心がけており、その反動で若干心の余裕を無くしてしまっているきらいがある(スケジュール管理に極端にこだわる等の行動がこれを象徴している)。しかしシュガー達との生活を通じて少しずつ心の余裕を取り戻していく。「サガ」の名は映画『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』のヒロインに由来する[3]
シュガー
声 - 川上とも子
本作品のもう1人の主人公で、ピッコロのような魔法の楽器で雪を操る季節使いである「雪使い」見習いの少女。年齢は人間の9歳相当。高名な雪使いである母親を目指し努力はしているが、雪を操る腕は未熟。妖精界から修業のためにミューレンブルクにやってきて、サガと出会う。気の向くままに行動し何かに夢中になると周りが見えなくなるという彼女はまさに幼い子供そのものであり、おまけに常に騒々しい。しかし、成り行きで始めたサガとの同居生活を通して、人を思いやる心、人を助けようとする心などを身につけていく。なお、サガに「わっほー」(ワッフルのこと)をもらってから、それが大好物になる。
ソルト
声 - サエキトモ
トランペットのような魔法の楽器で太陽を操る季節使いである「太陽使い」の見習いの少年。年齢は人間の9歳相当。シュガーと同じく人間界に修業にやってきた。シュガー、ペッパーと仲がよく、行動をともにすることが多い。性格は直情径行型で好奇心旺盛。また彼は、厳格な太陽使いの父の影響で太陽使いの仕事に強い誇りを持っているが、その一方でそういう自分に若干の疑問も抱いている。
ペッパー
声 - 水橋かおり
ハープのような魔法の楽器で風を操る季節使いである「風使い」の見習いの少女。年齢は人間の9歳相当。シュガーと同じく人間界に修業にやってきた。シュガー、ソルトと仲がよく、行動をともにすることが多い。性格は温厚でのんびり屋だが、芯は強い。また彼女は動物と話すことができるという特殊な能力を持っており、人間界での住処も動物病院である。
ジンジャー
声 - 三石琴乃
バイオリンのような魔法の楽器で雨を操る季節使いである「雨使い」の女性でミューレンブルク周辺を担当している。年齢は人間の20歳相当。クールなようでいて情に厚いシュガー達季節使い見習いの良き先輩。
ターメリック
声 - 野島健児
チェロのような魔法の楽器で雲を操る季節使いである「雲使い」の男性でミューレンブルク周辺を担当している。年齢は人間の20歳相当。仕事一筋のあまり超然としたところがあるナイスガイ。アニメではソルトの将来に影響をもたらすことに。
長老さま
声 - 立木文彦
指揮棒のような魔法の道具で全ての季節を操ることができる季節使いの長。通常は妖精界にいるのだが、愛しのジンジャーを追って人間界にやって来た。トボけた振る舞いが多いが、実は見習いも含めた季節使い達の行動をしっかりと見守っている季節使い達のよき理解者である。
バジル
声 - 小林由美子
太鼓のような魔法の楽器で雷を操る季節使いである「雷使い」の見習いの少年。年齢は人間の9歳相当。悪戯好きでシナモンとつるんでいる。
シナモン
声 - 平松晶子
シンバルのような魔法の楽器で雹を操る季節使いである「氷使い」の見習いの少年。年齢は人間の9歳相当。悪戯好きでバジルとつるんでいる。
グレタ
声 - 西村ちなみ
サガの同級生。物語上では最近ミューレンブルクに引越してきたお金持ちのお嬢様である。けっして性格が悪いわけではないが、プライドが高いせいか何かにつけて高飛車な態度を取りがちでもある。また彼女は、クラスの人気者であるサガを高く評価しており、それゆえにサガに認められたいという意識が強い。ただそれを素直に表現することができないため、何かにつけてサガに意味があるとは言い難い勝負を挑んでしまう(大抵は空回りに終わる)という憎めない娘でもある。
ノーマ
声 - 石毛佐和
サガの同級生。サガ、アンヌと仲がよい。明朗快活だが若干いい加減な性格。また、ファッションに強い興味を持っているが、趣味はかなり前衛的である。
アンヌ
声 - 中川亜紀子
サガの同級生。サガ、ノーマと仲がよい。性格は温厚でおとなしい。演劇に興味を持っており、物語が進むにつれて舞台脚本家になることを目指すようになる。
フィル
声 - 真田アサミ
サガの同級生。将来科学者となることを目標としており、アラン、ジャンを引き連れて日々(無謀な)科学実験に勤しんでいる。
アラン
声 - 福島潤
サガの同級生。フィル、ジャンと仲がよい。特にフィルには彼の科学実験に付き合わされることが多い。弟がいるがそっくり。
ジャン
声 - 笹本優子
サガの同級生。フィル、アランと仲がよい。特にフィルには彼の科学実験に付き合わされることが多い。この3人の中では一番普通。
ヴィンセント
声 - 岩田光央
街から街へ興行を行っているハモンド劇団の役者兼ピアニスト。かつては有名なオーケストラでピアノ奏者を務めていた。劇団の興行でミューレンブルクを訪れ、サガと出会うことになる。かつて季節使いの姿が見えていた。
ポール
声 - 松本保典
サガがよくピアノ(実は彼女の母の形見)を弾かせてもらいに行く楽器店の店員。店長にサガが見つからないように取り計らってくれている。サガが抱える事情に詳しく彼女に同情的である。
店長
楽器店の店長。かなり厳しい人である(実はこの性格は演出で、サガが展示品のピアノを弾く事を黙認していたという事実がある)。
レジーナ
声 - 秋元千賀子
サガの母方の祖母。両親のいないサガと2人暮しをしつつ彼女の面倒を見ている。無理をしがちなサガを心配しつつも、温かく見守っている。
イングリット・ベルイマン
声 - 皆口裕子
サガの母。既に亡くなっている。かつては有名なピアニストであり、ミューレンブルクではピアノの先生をしていた。サガにとっては理想の人物である。名前は女優のイングリッド・バーグマンに由来する[4]
カノン
声 - 川田妙子
レジーナの知り合いの娘。年齢は3歳。一時的にサガが彼女の面倒を見ることになる。やんちゃでサガを困らせてばかりいるが、サガを姉のように慕っている。
ハンナ
声 - 平松晶子
サガの通う学校の先生で彼女の担任。ランスロットという名の亀を飼っている。
ルキーノ
声 - 鈴木清信
サガのアルバイト先の喫茶店「リトル・ミィ」の店長。すごく大らかで優しいが、邪魔者には容赦ない。
ヘンリー
声 - 梅津秀行
ミューレンブルクにある観光向けの塔の管理人。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

Sugar Baby Love[5]
作詞・作曲 - W.BICKERTON,T.WADDINGTON / 日本語詞 - JOE LEMON / 編曲 - 光宗信吉、歌 - 石田燿子

エンディングテーマ[編集]

Snow flower
作詞 - 飯塚麻鈍 / 作曲・編曲 - 光宗信吉 / 歌 - 山本麻里安[6]
「こころのピアノ」(特別編)
作詞 - きさらぎそら / 作曲・編曲 - 光宗信吉 / 歌 - 浅野真澄

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 英題 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 サガ、シュガーと出会う Saga Meets Sugar やまだやすのり 木村真一郎 木村真一郎 川嶋恵子
2 ちっちゃなルームメイト An Itsy-Bitsy Roommate 水上清資 平池芳正 中山由美
3 きらきら、ぽかぽか、ふわふわ Twinkle-Twinkle, Comfy-Warm, Puffy-Fluffy 堀井明子
4 「きらめき」はどこ? Where Are The "Twinkles"? やまだやすのり 吉田義樹 玉野陽美 大河原晴男
5 長老さま現る!! The Elder Arrives!! 水上清資 水無月弥生 古田誠
6 ゴメンねがいえなくて I Couldn't Say Sorry 福多潤 高瀬節夫 石井ゆみこ
7 心をつなぐメロディー Heart Joining Melody やまだやすのり 別所誠人 長尾粛 松田寛
8 夢のカタチ The Shape of Dreams 堀井明子 巴男吾 玉野陽美 大河原晴男
9 クマのピアニスト The Bear Pianist 水上清資 木村真一郎 平池芳正 中山由美
川嶋恵子
小澤郁
10 バックステージハプニング A Backstage Happening 大久保智康 玉野陽美 長尾粛 古田誠
11 あたしの好きなピアノ My Favorite Piano やまだやすのり 長澤剛 高瀬節夫 日高真由美
12 さよなら、クマさん Goodbye, Mr. Bear 堀井明子 福多潤 湖山禎崇 松田寛
13 「きらめき」みつけた!? A "Twinkle" Found!? 水上清資 別所誠人 玉野陽美 竹内昭
河野稔
14 ペッパーとカメさんの夢 Pepper and The Dream of Mr. Turtle 大久保智康 玉野陽美 水無月弥生 中山由美
15 ちっちゃなお客さま The Tiny Guest やまだやすのり 桜美かつし 山口頼房 三浦貴弘
16 遠いまちの初雪 The Faraway Town's First Snow 島津奔 長尾粛 古田誠
17 シュガーを待ちながら While Waiting For Sugar 大久保智康 福多潤 高瀬節夫 石井ゆみこ
屋幸秀
18 おまつり、ワッホー! Festival! Waffo! 堀井明子 鈴木利正 湖山禎崇 松田ひろし
岡野幸男
19 ふたりだけの思い出 One Memory For Two 水上清資 巴男吾 平池芳正 小澤郁
20 消えちゃった約束 The Vanished Promise やまだやすのり 別所誠人 和田裕三 河野稔
21 ひとりぼっちのふたり The Lonely Two 大久保智康 桜美かつし 山口頼房 三浦貴弘
22 ゴメンね、シュガー I'm sorry, Sugar やまだやすのり うえだしげる 長尾粛 古田誠
23 ミューレンブルクの小さな奇跡 Tiny Miracle at Muhlenburg 水上清資 島津奔 桜美かつし 中山由美
24 あたしはここにいるよ I'm Right Over Here やまだやすのり 木村真一郎 川嶋恵子
特別編 その胸にあるもの 前編 What's In Your Heart(Part 1) 小澤郁
特別編 その胸にあるもの 後編 What's In Your Heart(Part 2) 小澤郁
松田寛
古田誠

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時
本放送
関東広域圏 東京放送 2001年10月2日 - 2002年3月26日 火曜 26:20 - 26:50
日本全域 BS-i 2001年12月1日 - 2002年5月11日 土曜 7:30 - 8:00
TBSチャンネル 2003年1月7日 - 3月31日 火曜 26:00 - 27:00
第1話のみの特別放送
福岡県 RKB毎日放送 2001年12月2日 日曜 26:05 - 26:35
長野県 信越放送 2001年12月12日 水曜 25:05 - 25:35
中京広域圏 中部日本放送 水曜 26:25 - 26:55
青森県 青森テレビ 2001年12月13日 木曜 25:45 - 26:15
広島県 中国放送 木曜 26:50 - 27:20
岩手県 IBC岩手放送 2001年12月15日 土曜 26:10 - 26:40
大分県 大分放送 土曜 26:24 - 26:54
近畿広域圏 毎日放送 土曜 26:45 - 27:15
山口県 テレビ山口 2001年12月17日 月曜 26:15 - 26:40
愛媛県 伊予テレビ 月曜 25:20 - 25:50
長崎県 長崎放送
宮崎県 宮崎放送 月曜 25:25 - 25:54
山梨県 テレビ山梨 月曜 25:55 - 26:25
熊本県 熊本放送 2001年12月18日 火曜 26:15 - 26:45
石川県 北陸放送 2001年12月20日 木曜 26:30 - 27:00
高知県 テレビ高知 2001年12月21日 金曜 25:25 - 25:55
北海道 北海道放送 2001年12月29日 土曜 26:50 - 27:20
特別編
日本全域 BS-i 2003年8月21日8月28日 木曜 25:00 - 25:30
TBSチャンネル 2004年2月23日 月曜 17:00 - 17:50

CD[編集]

音楽CD[編集]

全てパイオニアLDC(現・ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)より発売。

  • Sugar Baby Love/Snow flower(2001年10月24日、PICA-0009)
  • ちっちゃな雪使いシュガー music note.1(2001年11月22日、初回限定盤:PICA-1247、通常盤:PICA-1234)
    オープニング・エンディングテーマのテレビサイズや、劇中で使用されているBGM、キャラクターメッセージなどを収録。
  • ちっちゃな雪使いシュガー magical stage.1(2001年12月21日、PICA-0010)
    キャラクターソング、ドラマ、声優コメントなどを収録。
  • ちっちゃな雪使いシュガー magical stage.2(2002年2月22日、PICA-0011)
    キャラクターソング、ドラマ、声優コメントなどを収録。
  • ちっちゃな雪使いシュガー music note.2(2002年3月22日、PICA-1235)
    浅野真澄が歌う特別編エンディングテーマ「こころのピアノ」、劇中で使用されているBGM、挿入歌、キャラクターメッセージなどを収録。

ドラマCD[編集]

ブロッコリーより発売。

  • ちっちゃな雪使いシュガー ドラマCD(2002年3月30日)
    ラジオ「でじこのへや」で放送されたラジオドラマを収録。

関連書籍[編集]

漫画[編集]

『ちっちゃな雪使いシュガー』
作画:コゲどんぼ / キャラクター原案:蒼はるか / 原作:BH SNOW+CLINIC / 出版社:角川書店(角川コミックスドラゴンJr.)
  1. 2001年12月 ISBN 4-04-712285-8
  2. 2002年7月 ISBN 4-04-712301-3
  3. 2002年12月 ISBN 4-04-712314-5
『ちっちゃな雪使いシュガー シュガーのちっちゃな宝石箱』
出版社:角川書店(角川コミックスドラゴンJr.)
コミックアンソロジー。

小説[編集]

『ちっちゃな雪使いシュガー』
著:大河内一楼 / 原作:蒼はるか / 出版:富士見書房(富士見ファンタジア文庫)

その他の関連書籍[編集]

『ちっちゃな雪使いシュガー きらめきブック』
出版社:角川書店
原画・設定資料集。
ロマンアルバム
出版社:徳間書店

脚注[編集]

  1. ^ この放送形態は後のTBS製作深夜アニメでも受け継がれている(サイドカットは2009年9月まで行われた)。
  2. ^ エンドクレジットでは「ローテンブルグ」表記。
  3. ^ 大久保智康 (2001年11月22日). “第五回 やまだやすのり”. 大久保智康のシュガー(秘)用語集. TBSテレビ. 2011年4月11日閲覧。なお、日本語版ではシュガー役の川上とも子が演じている。
  4. ^ 大久保智康 (2002年3月1日). “第十七回 ピアノ”. 大久保智康のシュガー(秘)用語集. TBSテレビ. 2011年4月11日閲覧。
  5. ^ Winkがカバーしたバージョンのカバーで、いわゆる孫カバーである。
  6. ^ これは当初シュガー役の声優に山本麻里安が予定されていたことの名残である。放送開始直前にシュガー役の配役は変更されたが、すでに収録されていたエンディング曲についてはそのまま使用されたため、このような状態となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 火曜深夜アニメ枠
前番組 番組名 次番組
(新設枠)
ちっちゃな雪使いシュガー