こげどんぼ*

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こげどんぼ*
生誕 2月27日
日本の旗 日本  
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
活動期間 1998年 -
ジャンル 少女漫画少年漫画
代表作 デ・ジ・キャラット
ぴたテン
かみちゃまかりんシリーズ
公式サイト *Koge2 House* 本人HP
テンプレートを表示

こげどんぼ*[1]2月27日 - )は、日本漫画家イラストレーター。女性。旧ペンネームコゲどんぼ、別ペンネームとして小春こころ(こはるの こころ)がある。東京都出身。魚座、血液型A型

2012年(平成24年)現在も会社員と漫画家とイラストレーターを兼業し続ける器用な人物である。一時期は漫画編集者の仕事もしていた。

夫・太郎(仮)は陸上自衛隊所属の幹部自衛官佐官)である。現在は夫の転勤の関係で京都府在住である[2]

デ・ジ・キャラット』の生みの親として有名で、『ぴたテン』『かみちゃまかりん』などのオリジナル作品がアニメ化されている。鳥山明のファンであり、風変わりなペンネームは鳥山の飼っていた猫「コゲ」に由来している。

作風[編集]

『デ・ジ・キャラット』のイメージから男性オタク向けと思われることが多かったが、現在は中学生を中心とした女子のファンが目立ち、読者の年齢層はかなり広くなっている。

基本的に可愛らしく華やかな絵柄で、一見明るいキャラクターを描くが、底に暗さや毒を含んだ作風に特色がある。作品は『デ・ジ・キャラット』『ヨキ、コト、キク。』に代表される、毒の効いた短編ギャグと、『ぴたテン』『かみちゃまかりん』『亡き少女の為のパヴァーヌ』に代表される、いわゆる鬱展開と呼ばれる中長編作品の、大きく分けて2パターンの傾向に分けられる。

歴女を自称する程の日本史好きで、和風のモチーフを好む。特に明治大正昭和初期を舞台にしたり、日本近代史の要素をストーリーに取り込んだ作品が目立つ。

略歴[編集]

  • 1990年(平成2年) - 高校在学中は『ファンロード』誌の常連投稿者で、投稿ハガキの掲載数は受験を控え休筆宣言をするまでの2年間で100枚以上であった。
  • 1996年(平成8年) - 大学在学中『コミックぽっけ』に『花丸忍法帳』を初投稿、佳作受賞。後に同作品で1996年学研コミック大賞を受賞(「苔山とんぼ」名義)この頃、家庭用ゲームのキャラクターデザインの依頼があったようだが企画が流れてる。
  • 1997年(平成9年) - 進研ゼミや『電撃コミックガオ!』でイラストや漫画を掲載。この時の仕事が後の『ぴたテン』につながると思われる。
  • 1998年(平成10年) - ゲーマーズの月刊情報誌『フロムゲーマーズ』の4コマ漫画のキャラからスタートした『デ・ジ・キャラット』により、現在の人気を確立。
  • 2008年(平成20年)4月15日 - ペンネームをひらがなにし「*」マークを付けた、「こげどんぼ*」に改名すると発表[1]。その後は新ペンネームで作品を発表している。
  • 2011年(平成23年) 1月29日 - 『月刊コミックブレイド』3月号の目次コメントにて、結婚することを発表。同日ブログでも言及した。
  • 2014年(平成26年)1月14日 - この日発売の『ヨメさんは萌え漫画家』第3巻の夫の後書きコメントで妊娠していた事を公表、本人もTwitterにて妊娠8ヶ月目である事を公表した[3]
  • 2014年(平成26年)3月9日- 無痛分娩で無事に女児(第一子)を出産。

人物[編集]

  • 実家はクリーニング業。漫画家・イラストレーターの道は、親に殴られる、画材を捨てられる、家を閉め出されるなど猛烈に反対されたが、それをも押し切ったという強い意志の持ち主。会社員として働きつつも、プロになってから一度も原稿を落としていない。
  • 同じくブロッコリーで仕事をしていたかなんは中学時代同級生で同じ部活だった。
  • 大学では獣医学を専攻し合気道サークルに所属していた。
  • 趣味はオセロ・旅行など多数。芸事にも手を出しており、宝生流を習い発表会などにも出ている。また過去にピアノ、現在はヴァイオリンも習っている。
  • 自他共に認めるかなりのオタクで、周囲から白い目で見られていたこともあるという。同人作家時代は全年齢向けギャグを中心に執筆。題材は『同級生2』『To Heart』といった美少女ゲームの他に、『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』『ガーディアンヒーローズ』などの多少マニアックなものも扱い、特にそういった同人界のマイナージャンルには熱が入っていた。カブトボーガーとしても名を知られている。
  • ブロッコリーの木谷高明(会長・当時)はイベントや講演会の席上しばしば、「自分が同人誌即売会に参加していた彼女を発掘したのだ」・「ブロッコリー社内で自分の次に給料をもらっているのはコゲどんぼである」という旨の発言をしていた。本人はこれについて、「『デ・ジ・キャラット』は萌え要素を組み合わせて作ったものが、たまたま時流にのって当たってしまっただけで、自分はまだまだ駆け出しの絵描き漫画家」という旨の謙虚なコメントをしている。また、「『ぴたテン』はブロッコリーやメディアワークスの理解と後押しが無ければ世に出ていなかった」というコメントもしている。
  • ギャラクシーエンジェル』のミルフィーユ・桜葉蘭花・フランボワーズフォルテ・シュトーレンムーンエンジェル隊制服の色設定は彼女が手がけたものである。またミント・ブラマンシュヴァニラ・Hは彼女が設定したものを元に、2キャラ間でカラーを入れ替え採用された。
  • 『ぴたテン』においてヒロイン・美紗を演じた声優田村ゆかりとは、誕生日・血液型が同じである。
  • FC2ブログに趣味で共有テンプレートを提供しニコニコ動画に名前を隠さず、初音ミクのパロディで『かみちゃまかりん』の九条和音を元にした和音ミクのイラスト製作工程動画やオリジナルキャラのどきどき☆ぶろがーたまタンのプロモ映像などを投稿している。
    • たまタンのボーカルは声優の斎藤桃子。元々は宮川武のフィギュア用のオリジナルキャラで、『かみちゃまかりん』のキャラ錦織みちるの未来の一人娘。本名は錦織 珠恵[4]
    • なかよし』(講談社)にて2009年3月号から2010年5月号にかけて『どきどき!たまタン』が連載された。
  • 月刊コミックブレイド』(マッグガーデン)にて2008年9月号から連載されている『亡き少女の為のパヴァーヌ』では、連載前の予告段階においてキャラクターを公表し、異例の連載前人気投票を実施した。
  • レーシックが原因の円錐角膜を患い、原稿作業が困難になったため2009年に眼の手術を受ける。その際も減ページはあれど、どの連載も落とさなかった。
  • 自身のブログ等で近代日本史の持論や時事問題を熱っぽく語る事も多い。
  • 2011年8月から無料ウェブコミック誌EDEN』(マッグガーデン)にて自らの結婚エピソードを綴ったコミックエッセイ『ヨメさんは萌え漫画家』の連載を開始、その中で配偶者が自衛官であることを公表している。
  • AKB48の大ファンでもあり、自身のtwitterではAKBについて呟く事も多い。ちなみにメンバーの中では前田敦子渡辺麻友が特にお気に入りである。

作品リスト[編集]

デ・ジ・キャラット[編集]

漫画[編集]

苔山とんぼ名義[編集]

小春こころ名義[編集]

画集[編集]

  • デ・ジ・キャラット画集(ブロッコリー)
    • CHOCOLA
    • CHOCOLA2000
    • CHOCOLA2001
    • CHOCOLA2002
    • CHOCOLA2003
    • CHOCOLA 2004
  • コゲどんぼ画集 CHOCOLA SELECTION(ブロッコリー) ISBN 486176176X
  • コゲどんぼ画集 ぴたテン(メディアワークス)ISBN 4840225427
  • ぴたテンポストカード画集(メディアワークス)ISBN 4840220816

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

挿絵[編集]

アシスタント[編集]

同人活動[編集]

  • こげこげはうす』という同人サークルを主宰している。プロの漫画家・イラストレーターの仕事が多忙になり、2002年夏のコミックマーケット63(当時の表記:『こげこげHOUSE』)で書店卸しを除いていったん休止したが、後の2004年冬のコミックマーケット67で同人活動を再開、翌2005年冬のコミックマーケット69に委託販売の形で参加している。2006年夏のコミックマーケット70でサークル名を現表記に改称、71ではギャルゲー(デ・ジ・キャラット)から、創作少女にカテゴリーを戻して現在に至る。かつてはコミックレヴォリューション、コミティアなどにも参加していた。東日本大震災の被災者を支援する為に他の漫画家と共同で東日本大震災チャリティ同人誌「pray for Japan」で執筆する。[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]