魔女っ娘つくねちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魔女っ娘つくねちゃん
ジャンル ギャグ魔法少女ブラックユーモア
漫画:魔女っ娘つくねちゃん
作者 まがりひろあき
出版社 講談社
掲載誌 ヤングマガジンアッパーズ
レーベル アッパーズKC
発表号 2003年8号 - 2004年21号
巻数 全2巻
漫画:魔女っ娘つくねちゃん+
魔女っ娘つくねちゃんWEB
魔女っ娘つくねちゃんWEB出張版(ぜろ)
魔女っ娘つくねちゃんswf
作者 まがりひろあき
出版社 講談社
掲載誌 月刊少年シリウス
レーベル シリウスKC
発表号 2005年8月号 - 2006年5月号 (+)
2006年10月号 - 2008年11月号(出張版)
発表期間 2006年7月 - 2008年10月 (WEB)
2008年11月 - (swf)
巻数 全1巻 (+)
全1巻(かおす)
全1巻(よせあつめ)
OVA
監督 桜井弘明
キャラクターデザイン 音地正行
アニメーション制作 XEBEC
製作 キングレコード
発表期間 2005年8月24日 - 2006年1月25日
話数 全6話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

魔女っ娘つくねちゃん』(まじょっこつくねちゃん)は、まがりひろあき作のギャグ漫画。魔女っ娘のつくねちゃんが困っている人を魔法で救ってあげる、という魔法少女物お約束の構図をとる格好をしつつ、内容はブラックジョークがメインの邪道魔法少女シリーズに通ずるギャグ漫画である。ほのぼのとした雰囲気の中、やたらと死人が出る。ストーリー展開の都合に合わせて突然事件を起こしたり、無理やりキャラクターを登場させたり死なせたりするという、敢えて不自然で強引な筋書きが特徴的。基本的には一話完結式。

沿革[編集]

ヤングマガジンアッパーズ』の2003年8号から休刊号となる2004年21号まで連載。

その後2005年発売のOVAのプロモーションとして[1]月刊少年シリウス』の2005年8月号から2006年5月号にて『魔女っ娘つくねちゃん+』を連載。

2006年7月から2008年10月にかけて、『少年シリウス』のオフィシャルサイト上でウェブコミック魔女っ娘つくねちゃんWEB』を連載(毎月第2金曜更新)。奇数回は通常の漫画、偶数回はFLASH漫画であった。これと並行して、『少年シリウス』の2006年10月号から2008年11月号にて、短編『魔女っ娘つくねちゃんWEB出張版』(途中から『魔女っ娘つくねちゃんぜろ』と改題し、つくねちゃんの幼少時を描く)を連載。代原扱いではあったが、ほぼ毎号掲載された。2008年12月には、『WEB』や『出張版』の掲載話を収録した『魔女っ娘つくねちゃんかおす』(講談社、シリウスKC)を発売。これに伴い、『WEB』の奇数回の公開は終了した。

2007年には、絶版となった『魔女っ娘つくねちゃん』1・2巻の中から31話分を抜粋して収録した単行本『魔女っ娘つくねちゃん よせあつめ』(講談社、KCDX)を発売。メインキャラクター初登場の話は収録されているが、OVAの方が出来のいい話は収録されていない[2]

2008年11月からは、引き続き同サイト上でFLASH漫画『魔女っ娘つくねちゃんswf(ふらっしゅ)』を連載している(毎月第2金曜更新)。

主な登場人物[編集]

『魔女っ娘つくねちゃん』から登場する人物[編集]

つくね
超一流の魔女。郊外に一人暮らししている。パトロールが日課。困っている人を魔法で救ってあげるのが仕事だが、ブラックな解決法をとったりブラックな結果になったりもする。明るい性格でみんなに慕われている。名前の由来は焼き鳥つくね[3]
ププリン
つくねの使い魔。第一話でつくねちゃんに焼き殺されて死亡。
市長
つくねの友人。大人気ないおじさん。よく職務を放棄してつくねの家に遊びに来る。よくひどい目に遭う典型的なやられ役。作者によれば元ネタは『ファイナルファイト』のマイク・ハガー[4]
かなこ
市長の姪。両親の仕事が忙しいのでよく市長に預けられる。魔法使いに憧れている。
ココロ
つくねの妹。魔力が不安定で、くしゃみをするとランダムで魔法を発動してしまう。名前の由来は焼き鳥のココロ[3]
シオレッタ・フラワーズ
お金持ちの息女の魔法使い。魔法学校に在籍するが、現在休学中。世界中の魔女を倒して回っていたが、つくねに敗れる。つくねをライバル視している。執事の柴田を従える。
服部先輩乃助
聖クマサン魔法学院の3年生。成績優秀、容姿端麗の生徒会長。シオレッタの先輩にあたる。
ナブール
悪の魔女。魔力を悪用して犯罪行為を繰り広げる。結局いつもつくねにやられる。
ドクターチョロ松
さすらいの天才科学者。神がかり的に良いタイミングで現れ、都合の良い発明を一コマでやってのけたり、都合良く発明品を既に手元に持っていたりする。

『魔女っ娘つくねちゃん+』から登場する人物[編集]

マジカール
魔法使いのおじいさん。神田らに魔法を教えるはずが、いきなり交通事故に遭い入院してしまう。
神田
『魔女っ娘つくねちゃん+』の主人公の少年。うみねこ第3魔法学校の出来の悪い生徒で、マジカールが入院したためつくねに弟子入りした。しかし肝心の魔法はまともに教わっていない。
小泉
神田の幼なじみでクラスメイトの少女。強気な性格。神田に好意を抱いている。
中島
神田のクラスメイトの少年。どこか飄々としている。
せせり
つくねの姉。顔は似ていないが、性格はよく似ている。名前の由来は焼き鳥のせせり[3]
アルフレド
せせりに従順な使い魔。無表情。天然ボケで残酷。
山田さん
つくねちゃん家の近所だったばかりによくひどい目に遭う。
マッド吉田
街を破壊しに来る悪のマッドサイエンティスト

『魔女っ娘つくねちゃんWEB』の登場人物[編集]

『魔女っ娘つくねちゃんWEB』では、『魔女っ娘つくねちゃん』と『魔女っ娘つくねちゃん+』の両方の登場人物が登場する。

OVA[編集]

2005年8月から2006年1月にかけて全6巻がキングレコード(スターチャイルドレーベル)より発売。各巻の収録時間は10分強と一般的なOVAに比べると短いが、価格も抑えられている。第1巻にはオープニング&エンディングマキシシングルが、第6巻にはオリジナルサンドトラックが付属。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

各話スタッフ[編集]

巻数 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 発売日
#1 桜井弘明 畑中雅彦 音地正行 2005年8月24日
#2 大地丙太郎 長濱博史 2005年9月22日
#3 山川吉樹 畑中雅彦 2005年10月26日
#4 音地正行 2005年11月23日
#5 金子伸吾 2005年12月21日
#6 桜井弘明
大地丙太郎
畑中雅彦
長濱博史
2006年1月25日

主題歌[編集]

オープニングテーマ「つくねちゃんのFlying Machine」
歌・作詞 - 桃井はるこ / 作曲 - 長瀬五郎 / 編曲 - instant cytron
エンディングテーマ「Luminary」
歌・作詞 - 桃井はるこ / 作曲 - 片岡知子 / 編曲 - instant cytron

単行本一覧[編集]

魔女っ娘つくねちゃん
  • 魔女っ娘つくねちゃん 1巻 ISBN 4-06-346236-6 (アッパーズKC、2004年2月9日発行)
  • 魔女っ娘つくねちゃん 2巻 ISBN 4-06-346272-2 (アッパーズKC、2004年12月9日発行)
  • 魔女っ娘つくねちゃん よせあつめ ISBN 978-4-06-372374-8 (KCDX、2007年10月23日発行〈同日発売[5]〉)
魔女っ娘つくねちゃん+
  • 魔女っ娘つくねちゃん+ ISBN 4-06-373020-4 (シリウスKC、2006年3月23日発行〈同日発売[6]〉)
魔女っ娘つくねちゃんWEB
  • 魔女っ娘つくねちゃんかおす ISBN 978-4-06-373149-1 (シリウスKC、2008年12月22日発行〈同日発売[7]〉)

脚注[編集]

  1. ^ 『魔女っ娘つくねちゃん+』163頁。
  2. ^ 『魔女っ娘つくねちゃん よせあつめ』4頁。
  3. ^ a b c イッツフェイクだ! 過去ログ2005年1月
  4. ^ イッツフェイクだ! 過去ログ2007年3月
  5. ^ |魔女っ娘つくねちゃん よせあつめ|作品紹介|講談社コミックプラス”. 講談社. 2012年10月4日閲覧。
  6. ^ |魔女っ娘つくねちゃん+|作品紹介|講談社コミックプラス”. 講談社. 2012年10月4日閲覧。
  7. ^ |魔女っ娘つくねちゃん かおす|作品紹介|講談社コミックプラス”. 講談社. 2012年10月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]