ウルトラスーパーピクチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ
ULTRA SUPER PICTURES
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
167-0043
東京都杉並区上荻1-2-1
インテグラルタワー17階
設立 2011年8月8日
業種 情報・通信業
事業内容 映像コンテンツ受託、コンテンツ開発制作、ライセンス管理
代表者 代表取締役社長 松浦裕暁
資本金 2億1,000万円
主要株主 株式会社グッドスマイルカンパニー
有限会社マックスファクトリー
株式会社ブシロード
株式会社ニトロプラス
株式会社ピクシブ
主要子会社 株式会社サンジゲン
株式会社Ordet
株式会社トリガー
株式会社ライデンフィルム
外部リンク http://uspi.jp/
テンプレートを表示

株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ(ULTRA SUPER PICTURES)は、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本企業

概要[編集]

3Dアニメーションの制作を手がけるサンジゲンと2Dアニメーションの制作を手がけるOrdetトリガーライデンフィルムの4社を統括する持株会社で、2011年8月にグッドスマイルカンパニーマックスファクトリーブシロードニトロプラスピクシブの5社共同出資で設立された[1]

設立のきっかけとして、社長の松浦裕暁は、2011年春頃、『ブラック★ロックシューター』の制作を手がけようとしていたOrdetが大阪を基盤にしたスタジオであるため東京で仕事をすることに不安を感じていたこと、同作の製作・出資に関わっているグッドスマイルカンパニー社長の安藝貴範も様々なアニメ作品に出資する中で思惑があったこと、松浦自身が経営するサンジゲンもこれからの仕事について考えることがあったという。

そうした中で安藝から冗談で「Ordetと合併してみては」と言われた時に、「そのアイデアはそんなにハズレてはいないのでは」と思い、CGと手描きの作画とでうまくやっていく必要がある中で自前で作画チームを作ったりするのは違う、外の会社と組むのはそれぞれの思想があるが、Ordetではアリなのではないか、と感じたという。『ブラック★ロックシューター』の製作を行っていく中で構想が膨らんでいき、そうした流れで設立となった、と語っている[2]

沿革[編集]

  • 2006年3月3日 - 株式会社サンジゲン設立
  • 2007年8月10日 - 株式会社Ordet設立
  • 2011年8月8日 - 株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ設立、サンジゲンとOrdetが傘下に入る
  • 2011年8月22日 - 株式会社トリガー設立
  • 2012年2月 - 有限会社バーナムスタジオと共同で株式会社ライデンフィルムを設立

傘下企業[編集]

作品クレジット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ グッスマら5社が共同でアニメスタジオ「ウルトラスーパーピクチャーズ」を設立!,アキバ総研,2011年10月27日
  2. ^ USP松浦裕暁代表インタビュー「BLACK★ROCK SHOOTER 今から始まるウルトラースーパーピクチャーズの物語」

外部リンク[編集]