虎の尾を踏む男達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
虎の尾を踏む男達
ポスター
監督 黒澤明
脚本 黒澤明
製作 伊藤基彦
出演者 大河内伝次郎
藤田進
音楽 服部正
撮影 伊藤武夫
編集 後藤敏男
公開 日本の旗 1952年4月24日
上映時間 59分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

虎の尾を踏む男達』(とらのおをふむおとこたち、英題:The Men Who Tread on the Tiger's Tail)は、1945年東宝により製作された日本映画。白黒。一般に「長い」という印象のある黒澤映画だが、上映時間59分は黒澤映画の最短記録である。

概要[編集]

安宅」と歌舞伎勧進帳[1]を題材に作った、黒澤明初の時代劇。内容は二作品とほぼ変わらないが、オリジナルとして義経一行の道案内をする小うるさい強力(荷運びの下男)が狂言回しとして登場する。このキャラクターに、当時人気絶頂だったコメディアン榎本健一(エノケン)を起用、大河内傳次郎の重々しい演技が象徴する義経一行の悲壮感の中にあって落語調の滑稽味を加えて退屈させない仕上がりになっている。また、能の地謡にあたる部分を洋楽のコーラス風にアレンジしており、ミュージカルとしてもパロディーとしても十分鑑賞に耐えうる作品となっている。

制作事情[編集]

企画時は太平洋戦争末期にあたり、軍部の検閲フィルムなどの消耗品の統制も厳しくなっていた。はじめ桶狭間の戦いをモチーフにした『どっこいこの槍』に取り掛かっていたが、多くの馬を用いるため立ち消えとなり、それでは、「映像・内容ともに簡単な(シーンが3つしか無い)この作品から撮ろう」という理由から本作の撮影が開始された。撮影所の裏山で撮影された。

撮影中に終戦となったため、クランクアップの頃は進駐軍軍人が撮影現場を見物に訪れる事があり、記念撮影をしたがる彼らのために撮影が滞る事も度々であった。

なお、撮影を見物に来ていた軍人の中には映画監督のジョン・フォードもおり、後年フォードと会った際に本人からその事を教えられた黒澤は大いに驚いたと言う。

しかし戦後も形式的には残っていた日本の検閲官がこの作品に対し、「日本の古典的芸能である歌舞伎の『勧進帳』の改悪であり、それを愚弄するものだ」「とにかくこの作品はくだらんよ」と言いがかりをつけ、黒澤は激怒し、「くだらん奴が、くだらんという事は、くだらんものではない証拠で、つまらん奴がつまらんという事は、大変面白いという事でしょう」と反論した。そのため検閲官は撮影中の日本映画の報告書からこの作品を削除し、「未報告の非合法作品」として封じられたが、それより3年後、GHQの映画部門の担当官が、その映画を面白がり、上映禁止を解除した[2]。上映がGHQ指令により遅れたという説があるが、本作の初上映はサンフランシスコ講和条約締結効力発生の1952年4月28日より4日早い1952年4月24日である。

製作が大戦末期であることを考慮すると、義経一行が関所を抜ける時の「虎の尾を踏み毒蛇の口を逃るる心地」という謡は、これから通り抜けねばならない「敗戦」という難関を目前に控えた黒澤らの緊張感の表現と見られなくもない。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 義経一行を逃す富樫の扱いなどは歌舞伎の勧進帳を下敷きにしてある。
  2. ^ 黒澤明『蝦蟇の油』(1984年岩波書店)p300-304

関連項目[編集]

外部リンク[編集]