荒野の少年イサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

荒野の少年イサム』(こうやのしょうねんイサム)は、原作:山川惣治・作画:川崎のぼるによる日本漫画作品およびそれを原作としたテレビアニメ。『週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上において1971年38号から1974年2号まで連載された。

山川惣治が『おもしろブック』(同)に連載していた「荒野の少年」(1952年)を原作としている。

※ 本項では原作の表記に基づき、「アメリカ先住民」を当時一般的だった「インディアン」と記載している。

概要[編集]

日本発の西部劇。アニメ版は日本最初のテレビアニメによる西部劇でもある。日本人とアメリカインディアンの間に生まれた少年が主人公である。「人種差別」や「武器は使う者によって神の道具にも悪魔の道具にもなる」など、様々なテーマが根底に流れている。

川崎のぼるは劇画的表現を駆使した迫力ある作画に付け加え、「ビッグ・ストーン」や「ジョーカー・ジュニア」といったオリジナルキャラクターを生み出し、作品により重厚さを与えている。アニメ版は途中からオリジナルのエピソードが増え、かつ残酷なシーンを抑えた演出がなされた。主人公のイサムも原作では青年へと成長して行くが、アニメ版ではある程度の段階で成長が止められている。

人種間問題は漫画では頻出する。黒人ガンマンのビッグ・ストーンが奴隷商人から黒人奴隷を解放するが、直後に奴隷たちを商人が虐殺、怒ったビッグ・ストーンの銃に彼が撃ち抜かれて果てるエピソードは代表的なものである。

漫画には、インディアン関連の挿話もまた多い。主人公イサム自身がインディアン女性の息子という設定であるほか、インディアンの保安官も登場、超人的な銃の腕前や馬の乗りこなしを披露し、さらには凶悪犯をやすやすと倒す活躍を見せた。イサム、ウインゲート一家、そしてビッグ・ストーンら人種が入り乱れる小屋を包囲し襲撃するインディアンの集団に対し、人々が恩讐を越えて協力し立ち向かう物語もあり、高慢なレイシストだった白人娘の変容などにメッセージ性は著しい。

サクラメントエル・パソなどの日本人にはなじみの薄い実在の地方都市が舞台となり、漫画ではワイアット・アープドク・ホリデイなどの有名な実在のガンマンが登場する。

数多くのジャンプキャラを演じてきた神谷明が初めてジャンプ漫画を原作にしたアニメの主人公を演じた作品でもある。

あらすじ[編集]

西部開拓時代アメリカに、1人の日本人がやってきた。彼の名は渡勝之進。だが勉学のために渡米した勝之進は志半ばで所持金が尽き、やむを得ず砂金取りとして働き始める。そこでインディアンの娘サクラと出会った勝之進は彼女と結婚し、1人の男の子をもうけた。「イサム」と命名された男の子とサクラを連れ、やがて日本への帰途に就く勝之進。だがサクラは日本への旅路の途中で息絶え、勝之進はならず者に追われイサムとはぐれてしまう。赤ん坊のイサムは、ロバに乗せられたままロッテン・キャンプという砂金の収集場に流れ着き、そこで働く出稼ぎの人たちによって我が子のように育てられ、幼少時代を過ごした。しかしあるときロッテン・キャンプは大嵐により壊滅的な打撃を受け、イサムも洪水で流されてしまう。どうにか命を取り留め、気を失いながらも川辺に流れ着いたイサムだったが、そこへ通りがかったのはウインゲートという親子3人からなる強盗団だった。

ウインゲート一家に拾われたイサムはアウトローとして厳しく育てられ、天才的なガンマンとして成長していた。ある日、イサムはウインゲートに人を殺すように命じられるが、心優しいイサムにはどうしても撃てなかった。イサムは銃を捨てることを決意する。ある日、イサムは小さな孤児院を見つける。しかしそこへ流れ着いたならず者たちは、孤児院の子供たちに暴力を振るい出す。彼らの蛮行を見かねたイサムの銃がついに火を噴いた。孤児院の人々は救われたが、イサムは人を殺したことに自分を責める。そんな彼を「拳銃は使う人の心次第で神の道具にも悪魔の道具にもなる」と諭す孤児院の先生。その言葉を聞いたイサムは正義のために拳銃を使うことを誓う。だがお尋ね者であるとはいえ、ウインゲートには育ててもらった恩がある。イサムの心に渦巻く葛藤はまだ完全には晴れていなかった。

イサムはビッグ・ストーンというお尋ね者の黒人ガンマンから、父である勝之進のことを聞く。だがイサムは、その後たまたま出会った勝之進を父と知らずに一夜を過ごしながら柔道を習い、そのまま行き違いになってもいた。また、ビッグ・ストーンはウインゲートたちに母親を殺され、仇をとるために旅をしていたが、イサムがウインゲートの手下であることを知り、イサムを追う。

ある日、ビッグ・ストーンはウインゲートたちを追い詰めるが、とどめを刺す前に逃げられてしまう。その後、ゴーストタウンでウインゲートの看病をするイサムの前に、再びビッグ・ストーンが現れ、イサムと一騎打ちとなるが相撃ちになる。一方、医者の手術により一命を取り留めたウインゲートであったが、彼らは再び悪事を企み、計画を聞いてしまった医者を口封じのために致命傷を与え、弱りきっていたビッグ・ストーンを奴隷商人に売り払う。エル・パソの町の銀行を襲撃するウィンゲートたちだったが、医者が死に際にウィンゲートの企みを保安官に告げていたために失敗し、イサムは捕縛されてしまう。牢屋の中で町の住民から激しい憎悪を向けられ、さらにウィンゲートがこれまでに行った数多の悪事を保安官から聞かされたイサムは、ウィンゲートと縁を切ることを決意する。その後、3か月の禁固刑を受けた後に釈放されたイサムは再出発を誓い、西部をさまよう勝之進の足跡を辿りながら様々な試練を乗り越えていく。その旅路の果てには、ウィンゲート一家との対決が待ち受けていた。

登場人物[編集]

渡 イサム
声 - 神谷明
日本人の父とインディアンの母から生まれた少年。ロッテン・キャンプの男たちに拾われ、太陽の子「サン・ボーイ」として幼少時代を過ごした。だが大嵐の晩に洪水で流されてしまい、川の下流で気絶していたところをウインゲートたちに拾われる。その後、西部のアウトローとして生き抜くため必要な射撃と乗馬を厳しく叩き込まれるが、悪事を働くウインゲートたちから次第に心が離れてゆく。エル・パソの町で保安官に捕縛されたことをきっかけにウィンゲート一家と手を切り、父である勝之進を探して西部を放浪する。コルト・SAAを愛用するが、場合によってはウィンチェスターライフルも使用する。また父と気づかずに出会った勝之進から柔術を学んだため、素手での格闘も得意。
ウインゲート
声 - 加藤修
西部で恐れられている、強盗団一家の長であり父。イサムを息子以上に可愛がっており、やがては自分の子分として悪事を働かせようとしている。子供でも容赦なく撃つ冷酷さを持つ一方で、正義感が強く心優しいイサムを密かに羨んでいる。
レットー
声 - 家弓家正
ウインゲートの長男。腕利きのガンマンで、空中に投げ上げた2枚のコインを1発の銃弾で撃ち抜くほどの腕前を誇る。極めて冷徹な男でイサムには常に厳しい。
ネッド
声 - 村越伊知郎
ウインゲートの次男。乗馬技術と馬の扱いに長けているが短気な性格で、行動にも詰めが甘いところがある。イサムに甘い父にいつも不満を抱いている。
ビッグ・ストーン
声 - 小林清志
黒人の男で早撃ちの一匹狼ガンマン。もとは奴隷として母子ともども白人の屋敷で働いていた。あるとき屋敷にウインゲート一家が押し入り、その際に母親が主人の身代わりとして差し出され、射殺された。その怒りから自分の手で主人を撃ち殺して出奔。お尋ね者として追われながら西部をさまよい、怨敵であるウインゲート一家を追い続けている。白人への憎悪を隠さないが、黒人や同じ有色人種のイサムにはやさしく、かつて、勝之進と赤ん坊だったイサムをウインゲートたちから救ったこともある。
渡 勝之進
声 - 島宇志夫
イサムの父。勉学のために渡米して来た明治時代の日本人。柔道の使い手でもある。落馬のショックで記憶を失い、唯一残る記憶である、息子のイサムを探すために西部をさまよう。
ナレーター - 桑原毅

単行本[編集]

発行は全て集英社。

以上3バージョンは全て絶版につき入手は困難。

2013年9月から12月にかけて、週刊少年ジャンプ45周年記念として全5巻の復刻版コミックスが月1ペースで発刊された。

アニメ版[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「荒野の少年イサム」
作詞 - 東京ムービー企画部 / 作曲・編曲 - 渡辺岳夫 / 歌 - ボーカル・ショップ
エンディングテーマ - 「オー・サンボーイ」
作詞 - 東京ムービー企画部 / 作曲・編曲 - 北原じゅん / 歌 - チャーリー・チェイ(レコード - タイガーレコード)

※現在入手可能なオムニバスCDでは、マスターテープが残されていないため、モノラルバージョンのみが収録された(オリジナル盤はステレオである)。特にEDはTVサイズしか残されていない。

各話リスト[編集]

放映日 サブタイトル 脚本 コンテ ディレクター 作画監督
1 1973年
4月4日
燃えろ! サンボーイ 鈴木よしたけ 波多正美 御厨恭輔 香西隆男
村田耕一
2 4月11日 仕組まれた決闘 山崎晴哉 河内日出夫
荒木伸吾
3 4月18日 殺人鬼! パブロ一家 伊東恒久 岡部英二 小泉謙三
木村圭市郎
4 4月25日 イサムよ銃をとれ 井上知士 黒田昌郎 村田耕一
香西隆男
5 5月2日 火をふけ! 正義 金子裕 吉川惣司 小泉謙三
河内日出夫
6 5月9日 ビッグストーン登場 山崎晴哉 波多正美 木村圭市郎
河内日出夫
荒木伸吾
7 5月16日 日本の武士勝之進 伊東恒久 みくりや恭輔 村田耕一
8 5月23日 オーッ! サンボーイ 井上知士 今沢哲男   香西隆男
9 5月30日 恐怖の誕生日 金子裕 黒田昌郎 小泉謙三
10 6月6日 名馬サンダー・ボルド 山崎晴哉 吉川惣司 河内日出夫
11 6月13日 父と子の一本背負い! 伊東恒久 みくりや恭輔 木村圭市郎
12 6月20日 無法者への第一歩 鈴木よしたけ 新田義方 村田耕一
13 6月27日 驚異! ビックストーンの告白 井上知士 今沢哲男 香西隆男
14 7月4日 地獄のゴーストタウン 金子裕 みくりや恭輔 小泉謙三
15 7月11日 真夜中の決闘 山崎晴哉 高畑勲 河内日出夫
16 7月18日 生か死か? 弾丸は一発 伊東恒久 新田義方 村田耕一
17 7月25日 輝け! 正義のイサム 井上知士 吉川惣司 木村圭市郎
18 8月1日 死神を倒せ! 山崎晴哉 高畑勲 河内日出夫
荒木伸吾
19 8月8日 試練! カウボーイ修業 伊東恒久 今沢哲男 香西隆男
20 8月15日 黒いハリケーン一味 井上知士 吉川惣司 小泉謙三
21 8月22日 敵か? 謎のインディアン 山崎晴哉 新田義方 小泉謙三
荒木伸吾
22 8月29日 凶悪! サソリ兄弟 鈴木よしたけ みくりや恭輔 村田耕一
23 9月5日 グリーンシティの大決闘 山崎晴哉 吉川惣司 木村圭市郎
24 9月12日 ふたつの顔の悪魔を倒せ 伊東恒久 今沢哲男 香西隆男
25 9月19日 ドクロのペンダント 井上知士 新田義方 小泉謙三
荒木伸吾
26 9月26日 さらばモリソン牧場 鈴木よしたけ 吉川惣司 村田耕一
27 10月3日 対決! イサム対ビリィ・ザ・キッド 山崎晴哉 みくりや恭輔 村田耕一
荒木伸吾
28 10月10日 無法のゴールドキャニオン 井上知士 小泉謙三 小泉謙三
29 10月17日 火をふけ! ゴールドキャニオン 山崎晴哉 今沢哲男 香西隆男
30 10月24日 悪鬼! ドーソン一家を撃て! 松崎行雄 みくりや恭輔 村田耕一
31 10月31日 総攻撃! 黒い天使団 山崎晴哉 新田義方 荒木伸吾
32 11月7日 壮烈! グリーン砦の攻防 伊東恒久 吉川惣司 小泉謙三
33 11月14日 風狂! 的はずれの拳銃 井上知士 今沢哲男 香西隆男
34 11月21日 美少女! 死の追跡 山崎晴哉 新田義方 村田耕一
35 11月28日 七年目の復しゅう 鈴木よしたけ みくりや恭輔 荒木伸吾
36 12月5日 怒れ! インディアン 山崎晴哉 小泉謙三 小泉謙三
37 12月12日 荒野にひびけ! 愛の鐘 井上知士 今沢哲男 香西隆男
38 12月19日 よみがえれ! 汚れなき瞳 伊東恒久 吉川惣司 村田耕一
39 12月26日 はばたけ翼! 西部の空を 中村真 荒木伸吾
40 1974年
1月2日
追撃! 真犯人は誰だ 徳丸正夫 みくりや恭輔 小泉謙三
41 1月9日 謎のゴーストタウン 井上知士 今沢哲男 香西隆男
42 1月16日 輝け! 保安官バッジ 吉川惣司 村田耕一
43 1月23日 決断! 正義の反逆児 山崎晴哉 みくりや恭輔 荒木伸吾
44 1月30日 負けるなちびっこガンマン 中村真 小泉謙三
45 2月6日 のっとられた蒸気船 徳丸正夫 今沢哲男 香西隆男
46 2月13日 誕生! 西部一の女保安官 伊東恒久 上窪健之 村田耕一
47 2月20日 熱砂!! 幌馬車はゆく 井上知士 石黒昇 山口泰弘
48 2月27日 無法! 国境の町 徳丸正夫 中村真 荒木伸吾
49 3月6日 父か? 謎の東洋人 伊東恒久 みくりや恭輔 小泉謙三
50 3月13日 勝之進! 正義の木刀 今沢哲男 香西隆男
51 3月20日 急げ! 父はレッド・リバー 松崎行雄 石黒昇 村田耕一
52 3月27日 再会! 父よ・我が子よ!! 山崎晴哉 小泉謙三
御厨恭輔
荒木伸吾
山口泰弘
フジテレビ 水曜19:00 - 19:30枠
前番組 番組名 次番組
赤胴鈴之助
(1972年4月5日 - 1973年3月28日)
荒野の少年イサム
(1973年4月4日 - 1974年3月27日)
小さなバイキングビッケ
(1974年4月3日 - 1975年9月24日)

外部リンク[編集]

#単行本の節に記載した復刻版特設サイト。期間限定でマンガ作品の一部が約300ページ分無料で閲覧可能。