ドラミちゃん ミニドラSOS!!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラミちゃん ミニドラSOS!!!』(ドラミちゃん ミニドラエスオーエス)は、ドラえもんの妹ドラミの活躍を描いたアニメ映画1989年3月11日公開。

ドラえもん のび太の日本誕生』の同時上映作品として製作された。ドラミの初主演映画であり、またミニドラの存在が一躍有名になった作品でもある。『ドラえもん』のレギュラーキャラクターの成長した姿や、彼らの子供たちの活躍が見られることも特徴。

この映画の主題歌として作られた『ハロー! ドラミちゃん』は、その後もドラミ映画各作品や、テレビシリーズにおいて登場時のテーマソングとして長年使用され続けることとなった。

原作は藤子・F・不二雄、監督は森脇真琴

配給収入、観客動員数、配給は『のび太の日本誕生』を参照。

物語[編集]

のび太がドラえもんに無断で未来デパートに注文した「ミニドラ」が、のび太の悪筆のせいで2011年の野比家に届けられてしまった。

ミニドラを追ってドラミが未来ののび太たちの元へやって来たが、ひょんなことからミニドラはのび太の息子ののびスケたちが手に入れていた。

ミニドラと共に冒険に出かけようとするのびスケ、スネ樹、ジャイチビのわんぱく3人組。何とかミニドラを取り戻そうとするドラミ。

近未来の世界を舞台に大騒ぎが繰り広げられる。

舞台[編集]

登場人物[編集]

ドラミ
声 - 横沢啓子(現・よこざわけい子
本作の主人公で、ドラえもんの妹。普段は2100年代でセワシと共に生活しているが、ミニドラの一件を聞きつけ、2011年の東京へとすっ飛んできた。「ミニドラは使い方をヘタすれば、大事故にもつながりかねない」と、のびスケらに返品を呼びかけ、奔走する。
ミニドラ
声 - 北川智絵
小学生時代ののび太が勝手に未来デパートから注文した赤いミニドラ。ドラえもんと同じでどら焼きが大好き。後に登場した際とは大きさが異なり、手の平サイズではなく、ドラえもんを一回り小さくした程度の大きさ。ひみつ道具を出させるたびにどら焼きを与える必要がある。
野比のびスケ
声 - 小原乃梨子
のび太と静香の一人息子。顔は父親ののび太そっくりで、眼鏡はかけていない。性格は父親と正反対で、非常に乱暴かつ腕白。
骨川スネ樹
声 - 肝付兼太
スネ夫の息子。顔も要領の良い性格も父親譲り。現代ののび太が「のび太のくせに」と呼ばれるように、のびスケに「スネ樹のくせに」と呼ばれる。
ジャイチビ
声 - たてかべ和也
本名、剛田ヤサシ。ジャイアンの息子。顔や体格は父親譲りだが、性格はまるで正反対で、気弱で心優しい性格。
ゆかり
声 - 麻見順子
ドラミを除く唯一の女子キャラクター。のちにのびスケと結婚する[2]
野比のび太
声 - 広森信吾
のびスケの父親であり、しずかの夫。
原作と異なり、容姿は青年時代からあまり変わっていない。のびスケにビー玉型の通信機を渡した。
野比静香
声 - 野村道子
旧姓は源。のびスケの母親であり、のび太の妻。髪型はポニーテール。のびスケに手を焼いている。
骨川スネ夫
声 - 肝付兼太
スネ樹の父親。シンガポールへ出張するなど多忙な会社社長。暮らしぶりは少年時代より裕福。
剛田武
声 - たてかべ和也
ジャイチビの父親。スーパーマーケット、「スーパージャイアンズ」[3]の経営者。のびスケに対しては息子を鍛えてくれている存在として認識し、目をかけている。容姿は殆ど変わらないがチョビ髭が生えている。
愛称は少年時代同様「ジャイアン」。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ハロー! ドラミちゃん」
作詞 - 吉元由美 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 山野さと子

その他[編集]

  • 大人ののび太、静香、スネ夫、ジャイアンが初めて登場している。
  • のび太の息子の名前の一般的な表記はカタカナの「ノビスケ」だが、本作では「のびスケ」としてクレジットされている。
  • 大人ののび太は、原作漫画などにときおり登場する姿はのび助に似ているが、本作ではデザインがかなり異なり、小学生時代同様に眼鏡をかけている。この大人のび太のデザインはレギュラーアニメでも同じで、後年に至るまで長らく使用されていたが、広森信吾が吹き替えたものは多くなく、映画ではこの作品のみで、他には「タイムワープリール」「タイムカプセル」「無人島はボクの島」などスペシャル版を中心としたごく限られた話で登場したのみであった。後年は小原乃梨子が少年時代の声をやや太めに演じただけとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 書籍「映画ドラミちゃんミニドラSOS!! (てんとう虫コミックスアニメ版)」目次に掲載の集合写真の日付が 2011.04.05 であることより
  2. ^ 書籍「映画アニメ ドラえもん のび太のドラビアンナイト・ドラミちゃん アララ♥少年山賊団!」に掲載の記事『野比家おもしろキャラ家系図』より
  3. ^ この作品を参考にしたかは不明だが、2012年に放送されたReBORN(『ドラえもん』を実写化したトヨタ自動車CM)「ラジコン運転」編において、小川直也演じる30歳のジャイアンが経営している店舗名も「スーパーマーケットジャイアンズ」である。

参考資料[編集]

  • ビデオ『ドラミちゃん ミニドラSOS!!! / チンプイ エリさま活動大写真』 東宝、1996年。