楽勝!ハイパードール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「楽勝!ハイパー♥ドール」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

楽勝!ハイパー♥ドール』(らくしょう!ハイパードール)は、伊藤伸平による日本漫画作品。1994年から1997年にかけて『月刊少年キャプテン』(徳間書店)に連載。1995年にはOVA化などメディア展開が図られたが、掲載誌休刊により中断、コミックスにより完結した。さらに続編「楽勝!ハイパー♥ドールHG」が、2002年から2003年にかけて、雑誌『トラウママンガマガジン』(インフォレスト、3号で休刊)に発表されたが休刊により中断。庵野秀明に背中をおされて[1]2006年夏のコミックマーケットにおいて『楽勝!ハイパー♥ドール6』が発表された。「トラマガ」の再録と続編を収録しており、以後の夏コミにおいて続編が発表された。

ストーリー[編集]

地球文明の維持を目的として銀河中央から地球に派遣されたハイパードールの2人、ドール・ミュウとドール・マイカ。二人は、普段は城南市の高校に通う文月美憂水無月舞佳として、マンションの一室に暮らしている。

悪の組織カオスに改造された怪人[2]が現れると、2人は衛星軌道にあるコンバーターからのエネルギーを受け、ハイパードールに変身する。ずさんな作戦[3]のため、必ず街は破壊され、ケガ人、死者が続出、警察消防自衛隊が出動する騒ぎになる。

2人に興味を持ったため、「正体をバラすと首ねっこひっこ抜く」と脅され、2人に付き纏われる男子高校生・赤井英夫と、その幼馴染の間祥子達との交流に、城南市警の藤堂警部内閣情報調査室からクラス担任に派遣された小暮静江も加わり、作者特有の冷めた目線から時にシリアス、時にユーモラスなストーリーが展開していく。

カオスは元ナチスの戦争犯罪人、ザイクリットとその一味であり、トラックス社の春日専務は地球環境保護を目的に、カオスに資金と施設を提供していることが明らかとなっていき、ストーリーはトラックス社そのものへの攻撃へと移っていく。

登場人物[編集]

声優はOVAの出演者)

ドール・ミュウ=文月美憂(ふみつき みゆ)
声 - 飯塚雅弓
ショートヘア、がさつ。赤井に好意を抱く。
ドール・マイカ=水無月舞佳(みなづき まいか)
声 - 野上ゆかな
ロングヘア、冷静。ダイエット失敗に悩む。
赤井英夫(あかい ひでお)
声 - 真殿光昭
好奇心が強い、酒屋の息子。カナヅチ。
間祥子(あいだ しょうこ)
声 - 白鳥由里
メガネっ子。幼なじみの赤井が好きで、美憂にライバル意識を持つ。
藤堂警部(とうどうけいぶ)
声 - 山口健
長身、背広に開襟シャツ。飄々としているが、責任感が強い。
ザイクリット(クルト・ミュラー)
声 - 加藤精三
元親衛隊少佐。戦後ユダヤ人になりすまし、カオスを組織。トラックス社の技術顧問。
小暮静江(こぐれ しずえ)
未婚、銃器の扱いが上手い。同作者による漫画作品『東京爆発娘』にも登場。

書誌情報[編集]

  • 少年キャプテンコミックス スペシャル『楽勝!ハイパー♥ドール』(全5巻、1995年-1997年発行)
  • トラウママンガブックス『楽勝!ハイパー♥ドールHG』(全2巻、2002年発行)
  • 同人誌『楽勝!ハイパー♥ドール』6~6.5(ハッピー興行新社、2006年2011年発行)

アニメ[編集]

1995年に全2巻のOVAとして製作された。それぞれの巻におまけの映像として実写短編が収録されている。これはアクションと特撮を駆使した短編映像作品となっており、アニメの声優も顔出しで出演している。ハイパードールのコスチュームは原作のハイレグレオタードより露出度が高く装飾の多いビキニスーツとなっている(原作漫画でアニメ版のコスチュームを着用して恥ずかしがるシーンがある)。実写パートのコスチュームは原作とアニメ版をミックスしたようなハイレグレオタードになっており、変身後のミュウとマイカのアクションは女性スタントマンがそれぞれ担当している。

スタッフ
主題歌
3曲ともに、編曲は藤原いくろうが担当。
オープニングテーマ「戦え!楽勝!ハイパードール」
歌:野上ゆかな飯塚雅弓、作詞:枯堂夏子、作曲:飛澤宏元
第1巻エンディングテーマ「モンスター
歌:野上ゆかな&飯塚雅弓、作詞:阿久悠、作曲:都倉俊一
第2巻エンディング・テーマ「ハートのエースが出てこない
歌:野上ゆかな・飯塚雅弓・白鳥由里、作詞:竜真知子、作曲:森田公一
サブタイトル
  • ACT.1 地球が地球が大ピンチ![4](第1巻)
  • ACT.2 地には平和を人には愛を!!(第2巻)



実写パート スタッフ
出演
  • ミュウ:飯塚雅弓、梛野素子(変身後)
  • マイカ:野上ゆかな、田邊智恵(変身後)
  • 祥子:白鳥由里
  • 司令の声:沢りつお(声の出演)
  • 入沢宏彰
  • 青木早苗
  • 中崎一嘉



映像ソフト・関連商品
ビデオ・DVD
OVAが全2巻で1995年に発売。第1巻が1995年9月25日に、第2巻が2ヵ月後の11月25日に発売されている。1998年10月23日には、ビデオ全2巻を1巻に収録したDVDが発売された。販売元はパイオニアLDC
CD
いずれもパイオニアLDCから発売。
『楽勝!ハイパードール イメージアルバム』
1995年3月10日発売。OVA主題歌3曲とBGMを収録。
『楽勝!ハイパードール 音楽篇』
1995年10月25日発売。OVAの楽曲とドラマパートが交互に展開される構成。OVA主題歌3曲とドラマ「文化祭ってば大騒ぎ」前・中・後編を収録。
小説
『楽勝!ハイパードール』
著者は飯野文彦。徳間AM文庫として、1995年12月20日に徳間書店より出版された。完全オリジナルストーリー。

補足[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『楽勝!ハイパー♥ドール6』あとがきによる。
  2. ^ 正式にはヴェア・○○と呼ばれ、○○には元になった動物のドイツ語訳が入るが、カオスの関係者以外からは○○マンと称される(例ヴェア・クレーエ/カラスマン)。
  3. ^ ハイパードールの任務は地球文明の維持なので、地球人個人の生命・財産は考慮されない。
  4. ^ このサブタイトルは、1973年に放送された特撮テレビ番組ファイヤーマン』の主題歌のサビ部分の歌詞を引用したとされる[要出典]