神田武幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神田 武幸(かんだ たけゆき、1943年8月11日 - 1996年7月27日)は福島県出身のアニメーション監督。

経歴[編集]

虫プロダクションに入社し、『W3』などのテレビアニメの制作進行を経て、サンライズ作品の多くに各話演出として参加。1983年1984年には代表作である『銀河漂流バイファム』の監督を務めた。その他では『ザ☆ウルトラマン』、『太陽の牙ダグラム』(高橋良輔と共同)、『超力ロボ ガラット』、『機甲戦記ドラグナー』、『機甲猟兵メロウリンク』、『紺碧の艦隊』(1994年-1996年)などといったテレビアニメ・OVAで監督を担当。

その後OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の総監督を務めている最中、1996年に52歳で急逝した。大変な酒好きで、循環器系は折から不調のままであったと言われている。

作品歴[編集]