アンデルセン物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンデルセン物語』(アンデルセンものがたり)は、1968年(昭和43年)3月19日公開の東映動画製作の長編アニメ映画。または、1971年(昭和46年)にフジテレビ系で放送された、虫プロダクション制作のテレビアニメ

劇場映画「アンデルセン物語」(1968年)[編集]

アンデルセン物語
監督 矢吹公郎(「演出」名義)
脚本 井上ひさし山元護久
原作 ハンス・クリスチャン・アンデルセン
製作 大川博
出演者 藤田淑子高島忠夫
音楽 宇野誠一郎
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗 1968年3月
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ひょっこりひょうたん島(劇場アニメ版)
次作 太陽の王子 ホルスの大冒険
テンプレートを表示

世界的童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの名言「私の一生は一編の童話であった」からヒントを得て、彼の自伝に童話のエピソードを絡ませてアニメ化した作品。これにミュージカルを添えている。

前作『ひょっこりひょうたん島』より引き続き、井上ひさし山元護久が脚本や挿入歌の作詞を手掛け、音楽は宇野誠一郎が担当している。演出は長編初の矢吹公郎。これら4名は、翌1969年に長編アニメの傑作『長靴をはいた猫』を手掛ける事となる。また井上・山元・宇野のトリオは、後述のテレビ版の主題歌や挿入歌も手掛ける。

なお本作はその後、『アンデルセン物語 マッチ売りの少女』と改題し、上映時間を短縮して、1975年12月20日公開の『東映まんがまつり』内でリバイバル上映している。

ストーリー[編集]

童話作家になるのが夢のハンス少年のもとに、眠りの精オーレおじさん(Ole)がやってくる。アンデルセン童話の有名な「マッチ売りの少女」や、「親指姫」、「赤い靴」などのエピソードを織り交ぜて、ミュージカル仕立てのストーリーは展開する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

1968年版
1975年版

テレビアニメ「アンデルセン物語」(1971年)[編集]

アンデルセン物語
ジャンル テレビアニメ
放送時間 日曜19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1971年1月3日 - 同年12月26日(52回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ虫プロダクション
演出 藤田一郎、ほか
原作 ハンス・クリスチャン・アンデルセン
脚本 田代淳二、ほか
出演者 増山江威子山田康雄
オープニング 「Mr.アンデルセン」
エンディング 「キャンティのうた」
「ズッコのうた」

特記事項:
カルピス一社提供
テンプレートを表示

1971年1月3日から同年12月26日にかけ、フジテレビ系の「カルピスまんが劇場」枠で全52話が放送された。1999年には、NHK衛星第2衛星アニメ劇場で、全52回が毎週月曜日の18時から再放送された。視聴者の描いたイラストや、同アニメをモチーフとした作品を紹介するコーナーもあった。

現在、版権管理を行っているのは瑞鷹の関連会社である、サンクリエート。

2000年代には全話が収録されたDVD-BOXが日本コロムビアから発売された。2005年には3期に分かれて発売され(1が5巻セットで2005年3月23日、2が4巻セットで2005年6月29日、3が5巻セットで2005年9月28日)、さらには2008年12月17日に14巻全てのComplete BOXが発売された。しかし、巻ごとに話数どおりの収録とちぐはぐな収録(たとえば1巻の中に第41・44・48・49話が入っている)とがある。

ストーリー(テレビアニメ)[編集]

魔法の国の妖精キャンティが魔法大学に入学するには、魔法カードを101枚集めなければならなかった。魔法カードは、 良い行いをひとつする度にどこからともなく現れるカードである。キャンティは相棒のズッコを伴ってアンデルセンのお話の世界に現れ、何か良いことをするチャンスを探しはじめる。はたしてキャンティとズッコは101枚のカードを集めることができるだろうか。

キャスト(テレビアニメ)[編集]

増山と山田は、その後「ルパン三世」シリーズでも共演している。特に、第2シリーズ以降は共に主要人物を演じた(第1シリーズにおける増山は、14話のゲスト出演) 。

スタッフ(テレビアニメ)[編集]

楽曲[編集]

主題歌[編集]

全曲とも、作詞 - 井上ひさし山元護久 / 作曲・編曲 - 宇野誠一郎

オープニングテーマ
「ミスター・アンデルセン」
歌 - 桜井妙子ヤング・フレッシュ
一部がShing02の「少年ナイフ」という曲にサンプリングされた。
エンディングテーマ
「キャンティのうた」
歌 - 増山江威子、ヤング・フレッシュ
第1・2・5・7話以降の奇数回と最終回(第52話)で使用。
映像は一貫して不変だったが、初期は歌詞テロップが無く、後に歌詞テロップが添えられた。
高橋洋子が2010年発売の「20th century Boys & Girls 〜20世紀少年少女〜」でカヴァーした。
「ズッコのうた」
歌 - 山田康雄、ヤング・フレッシュ
第3・4・6話以降の偶数回で使用。
映像は初期に使われた物と、「キャンティのうた」映像を流用した物の2種類有り、映像流用版は歌詞テロップの有るのと無いのがある。また歌詞テロップ付きバージョンでは、2番の歌詞「ずのうよくない」の部分が後に「きりょうよくない」に変えられた。

挿入歌・イメージソング[編集]

全曲とも、作詞・作曲・編曲 - 宇野誠一郎

  • 「ママの羽根の下」(歌 - 増山江威子)
  • 「みにくいアヒルの子」(歌 - 山田康雄)
  • 「空とぶカバン」(歌 - 堀江美都子)
  • 「ぜんぜん姫」(歌 - 増山江威子)
  • 「紙のバレリーナ」(歌 - 堀江美都子)
  • 「片足の兵隊」(歌 - ヤング・フレッシュ)
  • 「おやすみおやゆび姫」(歌 - ヤング・フレッシュ)
  • 「魔法使いのうた」(歌 - 堀絢子
  • 「ナイチンゲールのうた」(歌 - 平井道子
  • 「にせものほんもの」(歌 - 山田康雄)
  • 「クリスとエレン」(歌 - 堀江美都子、豊岡晋)
  • 「エントツと空」(歌 - 増山江威子)
  • 「可愛いいお姫ちゃん」(歌 - 堀絢子)
  • 「まちこがれるあなた」(歌 - 増山江威子)
  • 「カボカボおじさん」(歌 - 増山江威子)
  • 「ギャングが強盗するときのうた」(歌 - 辻村真人
  • 「マルコの子守唄」(歌 - 増山江威子)
  • 「びんぼうなおいらだけど」(歌 - 桜井妙子)
  • 「ルンペンとお父さん」(歌 - 堀江美都子)
  • 「ルンペンは幸せだというお話」(歌 - 辻村真人)
  • 「ボクの大事なパパ」(歌 - 堀絢子)
  • 「みんなで悪魔をやっつけた」(歌 - ヤング・フレッシュ)
  • 「ベットのお船」(歌 - 藤田淑子
  • 「いい子になったわたし」(歌 - 堀絢子)
  • 「王子様に恋をしてしまった」(歌 - 平井道子)
  • 「しゃべれないけどしあわせ」(歌 - 堀江美都子)
  • 「一人ぼっちのボク」(歌 - 堀江美都子)
  • 「不思議な少年」(歌 - 田の中勇
  • 「カサンドラの子守唄」(歌 - 増山江威子)
  • 「いとしのヘルガ」(歌 - 小原乃梨子
  • 「おしゃれの好きな王様」(歌 - 増山江威子)
  • 「はだかの王様」(歌 - 富田耕生、ヤング・フレッシュ)
  • 「うわー赤い靴が踊ったよ」(歌 - 堀江美都子)
  • 「きれいな赤い靴」(歌 - 増山江威子)
  • 「白い雪」(歌 - ヤング・フレッシュ)
  • 「マッチのようにあたたかいお母さん」(歌 - 増山江威子)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 演出
1 みにくいあひるの子(前編) 田代淳二 藤田一郎
2 みにくいあひるの子(後編)
3 イーダちゃんの花 伊東恒久 吉良敬三
4 鉛の兵隊 吉田喜昭 杉山卓
5 がんばれママ 加藤有芳 小杉信雄
6 空とぶカバン 山本護久 神田武幸
7 親指姫(ケロケロ花ムコさん) 藤川桂介 吉良敬三
8 親指姫(ぶんぶんコンテスト)
9 親指姫(モックラ花ムコさん) 上梨満雄
10 親指姫(スキスキ花の王子) 吉良敬三
11 ナイチンゲール(王様のお気に入り) 雪室俊一 水沢わたる
12 ナイチンゲール(涙でニッコリ)
13 じゃじゃ馬エレン(しあわせは青空に) 多地映一 杉山卓
14 じゃじゃ馬エレン(すてきなクリス)
15 絵のある広場 松岡清治 神田武幸
16 魔法の火うち箱(とびだした怪獣) 山崎忠昭 西谷克和
17 魔法の火うち箱(一番ステキな宝物)
18 ぼくの父さん世界一 吉田喜昭 吉良敬三
19 オレの影はどこにいる 松岡清治 上梨満雄
20 なかよしはいつまでも 多地映一 中村和子
21 沼の王の娘(呪われた親子) 山崎晴哉 中山等
22 沼の王の娘(ヘルガの秘密)
23 沼の王の娘(愛のかがやき)
24 ねむりの精オーレ 多地映一 小杉信雄
25 イエンスの冒険(謎のベアグル島) 加藤有芳 西谷克和
26 イエンスの冒険(たたかいの船出)
27 旅の道づれ(ふしぎな少年) 雪室俊一 杉山卓
28 旅の道づれ(動きだした人形)
29 旅の道づれ(友よ!さらば)
30 とっても信じられないこと 多地映一 神田武幸
31 人魚姫(あこがれの王子さま) 西川清之 上梨満雄
32 人魚姫(魔女とのちかい)
33 人魚姫(かなしいお別れ)
34 王子さまはブタの番人 伊東恒久 杉山卓
35 三つのクルミ(ちっちゃな約束) 田代淳二 神田武幸
36 三つのクルミ(めぐりあい)
37 裸の王様 鈴木良武 石黒昇
38 氷姫(ルーディは人気者) 伊東恒久
39 氷姫(フェローネのなやみ)
40 氷姫(かなしみのバベッティ)
41 小クラウス大クラウス 吉田喜昭 神田武幸
42 赤いくつ(旅のおんぼろ一座) 山崎忠昭 棚橋一徳
43 赤いくつ(花のコミックホール)
44 天使とみつばち 城健二 上梨満雄
45 野の白鳥(呪われたお城) 吉田喜昭 神田武幸
46 野の白鳥(イラクサのひみつ)
47 野の白鳥(がんばれエリサ)
48 二人の秘密 出崎哲 小林三男
49 プシケ 多地映一 崎枕
50 雪の女王(あくまの鏡) 鈴木良武 棚橋一徳
51 雪の女王(死の国のたたかい)
52 マッチ売りの少女 雪室俊一 杉山卓

「東映まんがまつり」版[編集]

第7話から第10話を編集した『アンデルセン物語 おやゆび姫』が、1971年7月18日公開の「東映まんがまつり」の番組の一つとして上映された。上映にあたっては、OP映像は不変だが、タイトルが『アンデルセン物語 おやゆび姫』となり、OPテーマ「ミスターアンデルセン」はTV版とは幾分違った歌い方となっている。

同時上映は、『アリババと40匹の盗賊』、『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』、『ゴーゴー仮面ライダー』、『魔法のマコちゃん』の4本。

その他[編集]

本作が終了した翌週の1972年1月2日は、前日の1月1日ザ・ドリフターズの『8時だョ!全員集合』(TBS系列)が編成される関係上、当時ドリフがレギュラー出演していた正月恒例特番『新春スターかくし芸大会』が19:00 - 21:26で編成されたため、『カルピスまんが劇場』は放送されず、新作『ムーミン』(第2作)は翌1月9日に開始となった。シリーズが休止になったのは、これが初のケースである。

『世界名作劇場』のオープニングキャッチ部分は、通常は静止画像を使うのだが、本作は「カルピスまんが劇場」のタイトルがズームアウトするという、独特の表現だった。後年の再放送ではこの部分はカットされるが、日本テレビの再放送枠『おーい!まんがだヨー』(関東ローカル)で再放送された際はBGM(作曲 - 宇野誠一郎)はカットされず、オープニングキャッチ画像部分を『おーい~』のタイトルカードに差し替えて放送した。

関連項目[編集]

フジテレビ カルピスまんが劇場
前番組 番組名 次番組
ムーミン
(第1作)
アンデルセン物語
ムーミン
(第2作)