クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!
監督 ムトウユージ
脚本 やすみ哲夫
原作 臼井儀人
製作 プロデューサー
和田泰
吉田有希
西口なおみ
すぎやまあつお
増尾徹
音楽 若草恵
荒川敏行
丸尾稔
撮影 梅田俊之
編集 岡安肇
製作会社 シンエイ動画
ASATSU
テレビ朝日
配給 東宝
公開 2007年4月21日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 15.5億円
前作 クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
次作 クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者
テンプレートを表示

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ うたう けつだけばくだん)は、2007年4月21日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ15作目(映画化15周年記念作品)。上映時間は102分。興行収入は約15.5億円。キャッチコピーは『シロが爆発10秒前!』。

概要[編集]

双葉社がシリーズで初めて出資・製作に参加。本作は今までの映画シリーズで、初めてシロがメインとなるストーリーで、また初めて第3勢力が登場する。

「歌う」と銘打たれているように、各シーンで歌が挿入されるミュージカル風の作品となっている。サブタイトルが前二作の『伝説を呼ぶ〜』から、再び『嵐を呼ぶ〜』となった。また、上映時間がはじめて3ケタ台になった。

今回のオープニングでは、『ユルユルでDE-O!』に公開当時のAKB48のメンバーが参加しており、そのうち折井あゆみ大島麻衣は本編にゲスト出演している。この映画バージョンの『ユルユルでDE-O!』は公開前後にテレビシリーズのオープニングとしても使用された。

この年から、テレビシリーズで劇場版と連動したスペシャル版が公開前後に放送されるようになった。しかし、この年の劇場版とスペシャル版はストーリーの直接の関係はない(シロがメインという点が共通)。

興行収入は15.5億円と『ブリブリ王国の秘宝』以来の歴代第3位という成績を収めた(しばらくはこの記録を抜かされることは無かったが、2014年、『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』に塗り替えられた)。

その他[編集]

しんのすけとシロがUNTIから逃亡する場面で、前作(『伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』)の題名の一部である『アミーゴ』と書かれた看板が登場している。

時雨院とひろしがロケットを発射させる装置を巡って対決する場面でひろしが包帯を投げて装置を奪おうとする描写があるが、この時のひろしの包帯を投げる動作は時雨院の声を演じる京本政樹がかつて演じていた『必殺シリーズ』の組紐屋の竜の殺し技のモノマネになっている。

あらすじ[編集]

地球から遠く離れた宇宙(地球が属する銀河の外)を航行していた『ケツだけ星人』達の宇宙船。その宇宙船の近くに突如巨大天体が現れる。避けることが出来ないと知ったケツだけ星人達は巨大隕石に向けて次々と円盤型の特殊爆弾を放ち、その大爆発によって巨大隕石を粉々に吹き飛ばした。 しかし、爆弾の一つは巨大隕石の岩が崩れて外れてしまったために爆発せず、そのまま地球(沖縄)に向けて飛んで行った。

しんのすけ達野原一家は、ひろしの勤続15年のごほうびで沖縄旅行を楽しんでいた。しんのすけシロは浜辺で遊んでいる最中、不思議な形の円盤を発見する。それを投げて遊ぼうとしたしんのすけだったが、円盤は突如動き出してしんのすけのお尻へむかう。危険を察知したシロがしんのすけを突き飛ばすと、円盤はオムツのような形になり、シロのお尻にはまってしまった。

円盤の正体は、爆発せずに地球に落ちていったケツだけ星人の特殊爆弾だった。その存在をいち早く察知した宇宙監視センター・「Unidentified Nature Team Inspection(通称:UNTI(ウンツィ)[1])」は爆弾を回収するために動き出し、爆弾の所持者となった野原一家の情報を収集する。数日後、UNTIの隊員は爆弾を回収するために沖縄から帰る途中の野原一家を追跡するが、そこへ同じく特殊爆弾の存在を知って爆弾を手に入れようとする美人女性テロ集団・通称「ひなげし歌劇団」が現れてUNTIを妨害。ひなげし歌劇団の団長・お駒夫人はしんのすけにシロを渡すよう詰め寄るが、結局逃げられてしまう。

そんな中、家に帰って来た野原一家の面々は、待っていたUNTIの長官・時雨院時常からシロのお尻についた物体が地球を丸ごと破壊してしまうほどの強力な爆弾である事を聞かされる。爆弾をシロから分離する事は不可能と知ったUNTIは、シロもろとも爆弾をロケットに乗せ宇宙に打ち上げて処理する……つまり、地球を救う為にシロを犠牲にすることを決定。ひろしとみさえは戸惑うが、しんのすけだけはこの要請を断固拒否、シロを連れて家を飛び出した。

65億8462万1764人の人間VS一人と一匹……全人類に、しんのすけとシロはたった一人と一匹で挑むこととなるのだった。

登場人物[編集]

お駒夫人
ひなげし歌劇団の団長。名前は「お蝶夫人」のパロディ。シロのお尻にくっついたケツだけ星人の爆弾を『黒い太陽』と呼び、それを利用してテロを起こそうとたくらみ、その目的のためにシロを狙う。ただし爆弾が欲しいだけであって、シロの命は別にどうなってもよいと考えている。
実はかなりの厚化粧で、本当の顔はまるで別人のような顔である。冒頭でシロを奪おうとした際、しんのすけに化粧のノリによる肌年齢から実年齢(38歳)をずばり当てられてしまった。その後UNTIの基地に乗り込み爆弾を奪おうとしたが、シロ・しんのすけ諸共ロケットに閉じ込められてしまう。ロケットの中ではしんのすけと漫才のような掛け合いを繰り広げる。何とか脱出できたものの、その際に化粧がはがれて素顔になってしまった。彼女の素顔を目の当たりにした部下たちは、最初はお駒夫人だと気付かなかった。
金波、銀波
お駒の側近で、仮面を付けた不気味な二人組。空中浮遊や洗脳のような技を使う。お駒夫人を操っているようにすら見えるが、結局最後までその正体はわからない謎めいたキャラクターであった。しかしお駒夫人の脱出現場には登場しているため人間ではある模様。
うらら、くらら、さらら
ひなげし歌劇団所属の三人娘。赤い衣装の少女がうらら、緑の衣装の少女がくらら、黄色の衣装の少女がさらら。両側にサイドカーがついたバイクに乗って野原一家を追跡する。衣装についている背中の羽根は巨大なブーメランになっている。
たんぽぽ
UNTIに潜入していたひなげし歌劇団のスパイ。終盤ひなげし歌劇団がUNTIの基地に潜入した際に正体を現した。
ゴリラ、カバ
時雨院の側近。名前の通りゴリラのような容姿の男性とカバのような容姿の男性で、本名はそれぞれゴリラが「丸越カツヒコ」、カバが「蒲田みゆき」。地球のためにしんのすけやシロを犠牲にすることには納得できず、自ら進んで野原一家を自宅へ送り届けるなど、性根は優しい模様。
時雨院時常
UNTI(ウンツィ)の長官。U.N.T.I.内ではキャップ時雨院と呼ばれている。死海文書の計画を遂行する碇ゲンドウのパロディキャラクターで、計画通りに事を遂行するためならどんな犠牲もいとわない[2]男。
計画の邪魔をする者は許さず、無計画に生きる人間を激しく嫌う。ひろしとみさえがまるで敵わぬほど体術にも長けている。
シロのお尻にくっついたケツだけ星人の爆弾が地球を破壊するほどの威力を秘めている事を知り、安全のために爆弾を宇宙に射出する計画を立てるが、爆弾とシロとを分離できないことが判るとシロを爆弾ごとロケットに乗せて宇宙へ飛ばしてしまおうとする。そのために野原家からシロを引き取ろうとするが、しんのすけが拒否したため強奪に切り替えシロを手に入れる。
結局野原一家の活躍によって予定外のことが色々と発生したものの、計画の最重要ポイントである爆弾の処理のみは成功した。が、その後ひろしと争っていた際に下剤が入ってしまったシャンパンを気付かずに飲んだためにラストで衆人環視の中で脱糞してしまうという思わぬ醜態を晒す羽目になった。

登場する兵器等[編集]

  • 軽装甲機動車 - U.N.T.I.が野原一家宅を包囲するのに使用。
  • コルト・ガバメント - U.N.T.I.隊員の装備。捕獲が困難な場合、これを使ってシロを射殺することもやむなしと命じられていた。結局はシロがおとなしく捕まったため、使われる事は無かった。
  • U.N.T.I.隊員のノートパソコン - MacBook ProのAppleマークをU.N.T.I.マークに変えただけ。
  • 時雨院時常の車 - メルセデス・ベンツ SLRマクラーレンのベンツマークを☆に変えただけ。なぜか4人乗り。
  • ケツだけ爆弾 - ケツだけ星人が作った、星をも破壊してしまうほどの威力の爆弾。本来はUFOの進路上に出現した小惑星を破壊する為の物。起爆コードと起爆停止コード、及び分離コードは存在しているが、作中では誰一人気付かず、偶然かかった近くの音楽(TVCM、携帯電話の着信音など)に反応していた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

原画[編集]

末吉裕一郎 林静香 和泉絹子 松下佳弘 伊藤伸高 湯浅政明
大城勝 大塚正実 松山正彦 佐々木政勝 茂木琢次 山口保則
長谷川哲也 三浦貴弘 松田博美 松浦仁美 佳本悦子 松下浩美
高倉佳彦 角張仁美 西村貴世 霜山朋久 重本雅博 植村淳
赤田信人 長丘アルミ 沓名健一 大隅孝晴 西山努 深野敏彦
平川哲生 柳田幸平 松井理和子 加来哲郎 飯野利明 大武正枝
橋本とよ子 吉田正幸 北山修一 泰洋美 甲斐泰之 山地万
石井智美 ふくだのりゆき 嘉村弘之 吉岡敏幸 兼高里圭 井上香織
原勝徳 大森孝敏 針金屋英郎 間々田益男

主題歌[編集]

  • エンディングテーマ - 「Cry Baby
    • 作詞 - Naoki Takada/作曲 - Naoki Takada & Shintaro "Growth" Izutsu/編曲 - Shintaro "Growth" Izutsu
    • 歌 - SEAMOBMG JAPAN

テレビ放送[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 但し,「UNTI」という文字列は英語式の発音では通常「アンティ」と発音されることが多く,この「ウンツィ」という発音が「うんち」を連想させるための発音であることは明白である。また,同組織のドイツ語直訳名である「Unidentifizierte Naturteaminspektion」についても「ウンティ」発音である。ちなみに,「ウンツィ」発音はUNZIという文字列をドイツ語・イタリア語風に発音したときの発音である。
  2. ^ 他人はおろか自分自身でさえ例外でなく、ひろしの足の臭いを嗅がされても降参しなかった。

外部リンク[編集]