クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶジャングル
監督 原恵一
脚本 原恵一
原作 臼井儀人
出演者 矢島晶子
ならはしみき
藤原啓治
こおろぎさとみ
音楽 荒川敏行
宮崎慎二
主題歌 とべとべおねいさん
さよならありがとう
撮影 梅田俊之
編集 岡安肇
製作会社 シンエイ動画
ASATSU
テレビ朝日
配給 東宝
公開 2000年4月22日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 約11億円
前作 クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦
次作 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
テンプレートを表示

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶジャングル)は、2000年4月22日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第8作目。キャッチコピーは『野生のおバカが目をさます!』。

上映時間は88分。興行収入は約11億円。

概要[編集]

劇場映画シリーズの興行収入は第一作から下降傾向にあったがこの作品で持ち上がり、縁起をかついで以降、17作目21作目を除く全てのタイトルに「嵐を(伝説を)呼ぶ」のフレーズが付けられるようになった。

興行収入が減り続けていたため、「しんのすけが主人公としてメインで活躍する作品を作る」という方向で制作されたことが、監督の原恵一[1]やプロデューサーの茂木仁史[2]によって証言されている。そのため、本作はしんのすけとひまわりが中心のストーリーとなっている。また、前作に引き続き春日部市民が多数登場し、酢乙女あい、黒磯等本作で映画初登場となるキャラクターも存在する。

第1作『アクション仮面VSハイグレ魔王』とはアクション仮面の位置づけが異なっており、第1作が「パラレルワールドのヒーロー」という描写だったのに対し、本作では「俳優が演じる特撮キャラクター」という現実的な描写になっている。

あらすじ[編集]

しんのすけや幼稚園の子供たちも夢中になっている『アクション仮面』の映画最新作「南海ミレニアムウォーズ」が公開される。アクション仮面の敗北を示唆する予告にしんのすけはどぎまぎし、野原一家・風間と風間のママ・ネネとネネのママ・マサオとマサオのママ・ボーちゃん(いつも通り親は不在)は、映画の完成を記念した豪華客船ツアーに参加し、船の旅を満喫する。一方、いつもの春日部は、しんのすけ達がいなくて一部はのんびりしたり、少し寂しかったりする人達もいたのであった。

そして夜。待ちに待った船上試写会が始まった。だが、その試写会の途中で上映が突然ストップ。謎のサル軍団が現れてツアーに参加している全ての大人達とアクション仮面役の郷剛太郎を南の島へ拉致し、子供達だけがとり残されてしまった。

しんのすけ・風間・ネネ・マサオ・ボーちゃんの5人から成る"かすかべ防衛隊"は、大人達を助けに行こうと、豪華客船に置いてあったジェットスキーを暴走させ、南の島へと上陸。さらに、ひまわりとシロも彼らを追って船を飛び出す。

その島を支配していたのは、サルたちを率いるパラダイスキング。彼は自らの野望のため、大人達を奴隷にし、子供たちを洗脳するためにアクション仮面を打ち倒そうとしていた。

かすかべ防衛隊は、冒険の途中にバナナを食べて休憩をしていたが、そこにサル軍団が現れた。かすかべ防衛隊は攻撃を仕掛けたり、逃げたりするが、しんのすけとひまわりを除く全員とシロが捕まってしまい、連れ去られてしまった。果たして、しんのすけとひまわりの兄妹は大人たちとアクション仮面とかすかべ防衛隊を助けることができるのだろうか?

登場人物[編集]

パラダイスキング
ジャングルに被われ多数のシロテテナガザルが棲んでいる無人島(フィリピンもしくはカロリン諸島近海)の支配者。年齢は40代半ば。
一応日本人で、かつて日本を離れてのんびり暮らそうとして無人島に到達したが、島にいたサルに襲われる。しかし襲い来るサル達との戦いに勝利し、サル達の“王”として自らの王国を築いた。身体にはその際受けた傷が幾つもあり、座礁し廃船となった大型貨物船を改造して居城にしている。同船内の廊下の壁には「サルを支配するためのソロモン王の眼」が描かれている。
サルのできる事には限界がある事から、人間の奴隷を欲してサル達に豪華客船を襲撃させ、子供を洗脳するためアクション仮面と対決する。サル達に生身で勝利した戦闘力は超人の域に達しており、野生の中で鍛えたルール無用の戦法でアクション仮面を圧倒する。
しかし、従えていた猿達はしんのすけによって逃がされてしまい、最後は『地獄の黙示録』のごとくヘリコプターに乗って「ワルキューレの騎行」を鼻歌で唄いながらしんのすけ達が乗る船に爆弾を投げつけるが、アクション仮面としんのすけによりダイナマイトをアフロに入れられ混乱した隙を突かれ、ケツだけアタックをくらい気絶したところを捕らえられた。
紫色のアフロヘアと独特のファッションがトレードマーク。ヘビースモーカーでもあり、一度に煙草を3本も吸っている描写がある。
パラダイスキングが手懐けたシロテナガザル。当時、島に着いたばかりのパラダイスキングに対して攻撃的であったが、しばらく経った頃に敗北したのか忠実になっていた。集団で掛かるため、キレたみさえでも敵わない程強いが、しんのすけのケツだけ歩きの奇妙な動きには弱く、大人たちも加勢して一斉に行ったケツだけ歩きに圧倒されて逃げ出してしまう。その後、パラダイスキングとアクション仮面の対決の際にしんのすけの「悪いことをしてはいけない」の一言でパラダイスキングの下を離れて去っていった。エンディングでは、後日しんのすけが落とした片方の靴を拾い喜んでいる描写がある。大泣きするひまわりを襲わずそのまま去っていくなど紳士的な一面も併せ持つ。
最強怪人
劇中劇の映画でアクション仮面と戦った怪人。アクションビームに耐える肉体とアクションビームを上回る威力の光線を手から放ちアクション仮面を圧倒したが・・・。

キャスト[編集]

  • 最強怪人 - 立木文彦 ※ED表示なし。

その他[編集]

  • TVアニメの12番目のエンディングテーマ『全体的に大好きです。』の一枚絵に過去の映画で登場したキャラクターたちが描かれており、その中にパラダイスキングもいて、相変わらずの衣装で路上に座って弾き語りしている。
  • 劇中劇『映画アクション仮面・南海ミレニアムウォーズ』は、SML映画社によって制作、配給されているが、その屋号とロゴマークは前々作『クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』に登場した秘密組織SMLのものと同じである。
  • 小林幸子がアニメ映画の主題歌を歌うのは『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』で歌った「風といっしょに」以来、およそ2年ぶり2度目である。

スタッフ[編集]

原画[編集]

末吉裕一郎 湯浅政明 大塚正実 佐藤雅弘 大森孝敏
針金屋英郎 松山正彦 古川尚哉 鈴木大司 釘宮洋
荒川真嗣 清水洋 安藤真裕 吉田忠勝 星野守
米田光良 高倉佳彦、和泉絹子 林隆文 大久保修
石井智美 篠原真紀子 梅芝五朗 橋本英樹 古山匠
David Johnson 寺戸千尋 吉田明代 金子志津枝 若松孝思
原勝徳 堤規至 間々田益男

主題歌[編集]

VHS・DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 浜野保樹・原恵一編『アニメーション監督 原恵一』晶文社、2005年、p.50
  2. ^ 『アニメーション監督 原恵一』p.181 - 182

外部リンク[編集]