クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレヨンしんちゃん
伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
監督 ムトウユージ
脚本 もとひら了
原作 臼井儀人
製作 プロデューサー
和田泰
西口なおみ
すぎやまあつお
音楽 若草恵
荒川敏行
丸尾稔
撮影 梅田俊之
編集 岡安肇
製作会社 シンエイ動画
ASATSU
テレビ朝日
配給 東宝
公開 2006年4月15日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 14億円
前作 クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃
次作 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!
テンプレートを表示

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』(クレヨンしんちゃん でんせつをよぶ おどれ!アミーゴ!)は、2006年4月15日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ14作目。上映時間は96分。興行収入は約14億円。キャッチコピーは『踊るおバカに見るおバカ“世界サンバ化計画”進行中』。

概要[編集]

本物の人間がコンニャクローン技術で作られたクローン人間に襲われて姿を消したり、クローン人間が所々でダンサーや怪物に変身するなど、従来のクレヨンしんちゃんの映画にはないホラーでショッキングでサスペンスな描写が続くが、終盤はギャグで締められる。本作の舞台はしんのすけたちが住んでいる春日部のみで、広範囲にわたって展開されている例年の劇場版作品と比較すると規模が小さい。しかし、ジャッキーが「最初に事件が起こったのはアメリカ・カリフォルニア州のサンタモナカ。次はメキシコ、カナダ…春日部シティは6番目の町」と発言しているので、事件のスケールとしては世界的なものである。サンタモナカで起きた最初の事件(サンバカーニバル)はニュースで中継され、物語の序盤で野原一家がそのニュースを見るシーンがある。この時、中継映像のニュースキャスターの後ろにジャッキーがチラリと映っている。

僧侶になり、アニメ業界からしばらく離れていたもとひら了が脚本を手がけた。なお、もとひらが『クレヨンしんちゃん』の映画の脚本を手がけるのは、第1作目の『アクション仮面vsハイグレ魔王』以来13年ぶりのことである。

作中に「ツンデレ」という言葉がでてくるなど、劇場版ならではの監督の趣味要素が見られる。監督自身が溺愛しているという風間くんの出番も特に多く描写されている。今作では、しんのすけたちがいつも着用している私服姿の描写が少なく、幼稚園のスモックで行動するのが、非常に多く描写されている。 また今作の特徴の一つとして、他の劇場版ではほとんど登場を見せない、地上波アニメ版の脇役を務めるキャラの活躍が多めに描かれるという異例の展開が見られる。

劇中に登場する組織「SRI」は、1968年に製作された特撮ドラマ「怪奇大作戦」を始め、幾つかの円谷作品に登場する架空の組織のパロディ。ただしこちらは、科学捜査研究所(Science Research Institute)の略称。「ジャクリーン・フィーニー」の名は、本作がジャック・フィニイの小説「盗まれた街(The Body Snatchers)」にヒントを得ていることを示している。

本作品ではまつざか先生(ばら組担任、まつざか梅)の「自分を犠牲にし、園児(しんのすけ、風間、ネネ、マサオ、ボーちゃんの5人)を守る」という勇敢なシーンが描かれた。前述どおり、脇を固めるキャラの活躍頻度が高めな今作であるが、まつざか先生が劇場版でこういった活躍を見せるのは初めてのことである(もっとも彼女は元々、根は園児想いの義理人情に厚い性格である)。

あらすじ[編集]

よしなが先生、まつざか先生、上尾先生の三人は居酒屋で話をしていた。まつざか先生は幼稚園のお遊戯会の出し物としてサンバを踊ろうと提案するが、他の二人は難色を示す。やがて三人は解散してそれぞれの家路に着いたが、人気のない夜道を一人歩いていたよしなが先生は途中で何者かにつけられていると感じ走り出す。そして踏切を渡ったところで、自分そっくりの人間に襲われてしまう。

ある朝、しんのすけはいつものように幼稚園のお迎えバスを待たせていた。すると、バスからやけにノリの良いよしなが先生が。しんのすけは不思議に思いながらもバスに乗り、幼稚園に向かう。幼稚園の休み時間、マサオは「あいちゃんの様子がおかしい」と語る。確かにあいは、いつもは無関心なはずのマサオに対しやけに優しかった。マサオが「本物そっくりだけど、本物じゃない」と力説すると、ボーちゃんは「そっくりなニセモノが出没し、本物の人間はいつのまにか姿を消してしまう」という“カスカベ都市伝説”を雄弁に語り一同を怖がらせた。

数日後、野原一家は大型スーパーマーケットに出かける。迷子になったしんのすけは、みさえとひまわりが2組いるという奇妙な光景に遭遇する。しんのすけはもう一人のみさえにお菓子をたくさん買ってあげると言われ捕まりそうになるが、「ツンデレ」と書かれたジャージを着た女性に助けられる。しんのすけが本物のひろしとみさえの元に戻ると、二人も「もう一人の自分に見られているような気がする」と思い始めていた。

そしてその気のせいはついに現実のものとなる。幼稚園で前々から様子のおかしかったよしなが先生と園長先生が、お遊戯会の出し物でサンバを踊ろうと言いだし、曲が流れた途端に踊り出した。どうやらこれはニセモノの習性らしく、あいや黒磯、他の園児達も踊っている。自分たち以外の先生や園児が全員ニセモノに成り代わられていた事を知ったまつざか先生、上尾先生、かすかべ防衛隊は危機を察知し幼稚園から逃げ出そうとするが、上尾先生はニセモノの黒磯の誘惑に負けて捕まってしまい、まつざか先生はしんのすけたちを逃がすために囮になり捕まってしまう。
その頃、ひろしも会社で同僚の川口がニセモノに成り代わられていることに気付いていた。帰宅時、ひろしはニセモノの川口に捕らえられそうになり、必死の思いで逃げ出したが、家に着くともう一人のひろしがしんのすけと入浴していた。二人のひろしはどちらが本物か証明するために戦いを繰り広げ、最終的に股間の痛さの感じ方で決着がつきニセモノであることを知られたニセモノのひろしは逃げ出す。一安心するひろしだったが、突然シロがしんのすけを睨みつけ、目の前で「チンチンカイカイ」をしてみせる。だがいつもと違ってしんのすけはそれに反応しない。何とひろしのニセモノと風呂に入っていたしんのすけもニセモノだったのだ。ニセモノのしんのすけは正体を見破られるとそのまま家を飛び出してしまう。

その頃、本物のしんのすけとかすかべ防衛隊のメンバーは公園に集まっていたが、現状を断固として信じない風間は帰宅。他の隊員も、親たちの様子がおかしければ公園に戻ってくると約束して解散する。そして、風間は自宅でニセモノのママに捕まってしまう。

野原家はニセモノの川口に再び見つかり、家に篭城しようと決意するも、ニセモノのひろしに阻止されてしまう。敵に囲まれて絶体絶命になったそのとき、1台の車が野原宅に突っ込んでくる。車には本物のしんのすけと、以前しんのすけを助けたジャージの女性が乗っていた。女性は SRI(Sambano Rhythm Iine:「サンバのリズムいいネェ~」の略)という組織の特捜員で、名前を「ジャクリーン・フィーニー」・通称「ジャッキー」という。ひろしたちは車に乗り込み、公園でニセモノの風間と彼が連れてきた謎の人物達に捕まりそうになっていたネネ、マサオ、ボーちゃんを間一髪で助け出した。

しかしその後、ジャッキーの分析で野原一家とネネ・マサオ・ボーちゃんを除く春日部の住人は既に全員ニセモノに成り代わられていたことが判明する。更にニセモノたちは虎視眈々としんのすけやジャッキーが乗ったSRIの車を狙っていた。そこで一同は春日部を脱出して隣町に逃げ込もうと考えかすかべ山の山道を通って脱出を図るが、その途中でヨシリンやミッチーたちのニセモノに襲われ、ついに捕まってしまう。近くの小屋に連行されたしんのすけ達は、その中がコンニャク工場であり、ここで生産されているコンニャクこそがニセモノの正体だったことを知る。ニセモノの正体はバイオテクノロジーの権威アミーゴスズキが作り出した「コンニャクローン」という技術によって生み出されたコンニャクを素材とするクローン人間で、この工場で大量のニセモノが生産され、行方不明になっていた本物の人々はアミーゴスズキが放ったコンニャクローン達に捕まっていたのだった。

果たして、アミーゴスズキがニセモノを作り出す目的とは、ニセモノがサンバを踊る理由とは何なのか。そしてアミーゴスズキとは一体何者なのか。

登場人物[編集]

ジャクリーン・フィーニー(ジャッキー)
アミーゴスズキを追う謎の美女。SRIという組織の一員で、コンニャクローン達から野原一家を何度も救う。ツンデレと書かれたジャージを着用している。ちなみに性格もツンデレに近い。キャラクターデザインのモデルは本作の主題歌を歌う倖田來未。エンディングでは他のSRIのメンバーと共に壊した野原家を直した。
アミーガスズキ
コンニャクローンの開発者。サンバダンサーの格好をした女性で、マスクで顔を隠している。「世界サンバ化計画」なる計画を進めており、コンニャクローン達を世界中に解き放って本物の人々と次々にすり替わらせていた。その素顔はジャッキーに酷似している。
チコ
アミーガスズキの側近。アフロが特徴の男(しかし、本編ではマスクを着用しているため、彼のアフロが見られるのはDVDのキャラクター設定資料のみ)。終盤のジャッキーとアミーガスズキのサンバ対決の最中、独断でジャッキーを狙撃。結果的に敗因を作ることになった。
アミーゴスズキ
アミーガスズキの正体。実はジャッキーに酷似した女性の姿はコンニャクで作った偽物の体で、真の姿はパンツのみを身に着け腹に毛で「ギャラン道」と書いた過痩身の男性である。
その正体はジャッキーの父親で、サンバの美容・健康効果を求めるうちに今回の事件を引き起こした。ジャッキーとのサンバ対決に敗れた後、正体を現し娘と和解した。

登場する兵器等[編集]

コルト・ガバメント
ジャッキーの自動拳銃
H&K MP5SD
ジャッキーの短機関銃。 H&K MP5自体は他のSRI隊員や過去の劇場版クレヨンしんちゃんの登場人物も使っているが、彼女のものはサプレッサードラムマガジンを付けているので印象が違う。マガジンを交換することで、コンニャクローン溶解用の特殊水鉄砲としても通常の短機関銃としても使える。
H&K MP5
SRI隊員の装備。マガジンを交換することで、コンニャクローン溶解用の特殊水鉄砲としても通常の短機関銃としても使える。
Uzi
チコの短機関銃
フォルクスワーゲン・タイプ2 T1マイクロバス
ジャッキーが捜査に使用しているレトロな車で、SRIの備品。外観は市販車と変わらないが、内部は特殊車両に改造されており、コンピュータやセンサー類が多数搭載されている。データベースの閲覧やメールの送受信に使うコンピュータのデスクトップのGUIMac OS Xのものになっている。また、フロント中央のフォルクスワーゲンのマークはSRIのロゴに変更されている。
コンニャクローン
バイオテクノロジーによってアミーゴスズキが生み出したクローンである。普通のコンニャクを人型に切り、それを謎の液体に浸すと奇声を上げながら自ら動くようになり、それに特別な味噌をつけてプレス機で押しつぶすと、特定の人物とそっくりになる。
見た目は本物と全く見分けが付かないが、「本物と違って明るくノリの良い性格になる」「音楽を聴くと踊り出す」等の違いがある。体組織が非常に柔らかく打撃などではまったくダメージを与えられないが、あまりに強い打撃を喰らうと身体が変な方向に曲がってしまう。
「尻小玉」を抜かれるかアミーゴスズキが指を鳴らすと空中へ打ちあがって花火のように爆発する他、特殊な液体をかけられると瞬時に熔解してしまう。ちなみにコンニャクローンが踊ると、元になった人物も無理矢理踊らされる。アミーゴスズキの秘密基地内では連れ去られた人物全員が踊らされていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

原画[編集]

高倉佳彦 林静香 和泉絹子 牧原亮太郎 末吉裕一郎
大塚正実 増田敏彦 松山正彦 茂木琢次 山口保則
長谷川哲也 赤田信人 植村淳 大城勝 山口明子
加来哲郎 大杉宣弘 松下浩美 石井智美 平川哲生
吉田正幸 高橋晶 奥野浩行 橋本英樹 原田節子
松本昌子 吉田徹 亜加木博秋 霜山朋久 小島彰
重本雅博 西澤千恵 辻理恵子 松田博美 角張仁美
樋口善法 鈴木勤 谷口淳一郎 中原清隆 金子志津枝
原勝徳 大森孝敏 針金屋英郎 間々田益男

主題歌[編集]

DVD[編集]

テレビ放送[編集]

  • 2007年4月13日にテレビ朝日系列で、ディレクターズカット版を放送。本編の1/3が省略された。
  • また、本作からエンディングカットでテレビ放送される。

その他[編集]

関連項目[編集]

主人公の周囲の人物が外見だけ複製された別の生物に取って代わられ、地域コミュニティが丸ごと乗っ取られかけるという古典的SFテーマを扱った作品。

外部リンク[編集]