クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
映画 クレヨンしんちゃん
ガチンコ!
逆襲のロボとーちゃん
監督 高橋渉
脚本 中島かずき
原作 臼井儀人
出演者 矢島晶子
ならはしみき
藤原啓治
こおろぎさとみ
音楽 荒川敏行
宮崎慎二
主題歌 きゃりーぱみゅぱみゅファミリーパーティー
撮影 梅田俊之
編集 村井秀明
製作会社 シンエイ動画
テレビ朝日
ADK
双葉社
配給 東宝
公開 日本の旗 2014年4月19日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 18.2億円
前作 クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!
次作 クレヨンしんちゃん オラの引越し物語サボテン大襲撃
テンプレートを表示

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』(クレヨンしんちゃん ガチンコ!ぎゃくしゅうのロボとーちゃん)は、2014年4月19日に公開された『クレヨンしんちゃん』劇場映画シリーズ第22作目。

キャッチコピーは『ロボ、でも父ちゃん。』、『親父力(オヤヂカラ)、全開 !』、『しんちゃん映画史上、最もアツイオヤジの戦い。全国のお父さん、そして家族が涙する !』。

概要[編集]

ストーリー案[編集]

シリーズとしては初めて野原しんのすけの父・ひろしをメインとしたストーリー。謎の組織によってロボットに改造されたひろしを軸に野原一家の活躍を描く。ひろしがロボットになるというアイディアは監督の高橋渉が考えたものである[1]。今作はロボットを題材にしていると言う事で「パシフィック・リム」や「ターミネーター」などロボットに関する看板や小道具が多く出てきている。

スタッフ[編集]

監督は前作の橋本昌和からバトンタッチ。アニメ『クレヨンしんちゃん』に制作進行時代から長きに渡り携わって参加してきた高橋渉が本作で当映画シリーズの初監督を担当する。脚本は臼井儀人の担当編集の経験を持ち、『天元突破グレンラガン』や『仮面ライダーフォーゼ』などを手がけた中島かずきが受け持つ。中島は2007年から2010年まで『映画クレヨンしんちゃん』のチーフプロデューサーも務めていた。

今作の音楽には宮崎慎二が手がけており、宮崎がクレヨンしんちゃん映画に参加するのは『嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』(2004年)以来10年ぶりである。演出面ではテレビシリーズに2003年まで参加していた池端たかしが劇場作品としては初登板した。シリーズとしては11年ぶりの参加となり、本作では絵コンテと演出を担当している。また、湯浅政明が2年連続で参加しており、作画のみならず絵コンテとしても参加している。湯浅が絵コンテを担当するのは『ヘンダーランドの大冒険』(1996年)以来17年ぶりである。作画面でのキャラクターデザインには番組当初から作画監督として参加し、劇場版でも多くの原画を担当してきた大塚正実が初登板。その為、去年まで原勝徳と共同でキャラクターデザインを担当していた末吉裕一郎のデザインタッチとは多少異なる。カンタムロボデザインには1993年に放送された劇中作「超電導カンタム・ロボ」でキャラクターデザインを担当した高倉佳彦が担当している。また、本作は園長先生及びナレーションを演じてきた納谷六朗が公開から7ヶ月後の11月17日に死去したため、彼が出演する映画としては最後の作品となった。

ゲスト声優[編集]

2014年2月19日にはゲスト声優として武井咲コロッケの参加が決定した。武井は本作でアニメ声優初挑戦、コロッケは同劇場版シリーズ史上初となる2年連続のゲスト出演となった。また、ゲスト声優扱いではないが俳優の大和田伸也が黒幕・鉄拳寺堂勝役で出演しているほか、テレビ朝日系列の各三局(テレビ朝日・ABC・メ〜テレ)のアナウンサーが本人役で参加する。アコギデス役の立木文彦は今作品の予告ナレーションも担当している。

主題歌[編集]

2014年3月5日には主題歌にきゃりーぱみゅぱみゅが起用されることが発表された。放送当時にTVシリーズのオープニングテーマを受け持っていた一般アーティストが劇場版主題歌を担当するのは2012年公開の『嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』以来2年ぶりとなる。

楽曲は「家族の絆」がテーマという映画の世界観に合わせ、サウンドプロデューサーの中田ヤスタカが書き下ろしたというどこかセンチメンタルで温かみのあるポップスに仕上がっている[2]。また、同年4月16日に発売の9枚目シングル『ファミリーパーティー』では、クレヨンしんちゃん風にデザインされたきゃりーぱみゅぱみゅのイラストが描かれている。

関連企画・その他[編集]

公開に先駆け、『まんがタウン』2013年10月号から2014年12月号まで本作を基にしたコミック版(脚本:中島かずき/作画:相庭健太)が連載された。ただし映画版と比較して異なる点がいくつか存在する[注 1]

テレビシリーズの2014年1月31日2月7日放送分では本作の劇中に起こったという設定のショートストーリーが放送された。

公開前日の4月18日にお台場シネマメディアージュで映画の公開を記念としたオールナイト上映、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ ドキッ!オトナだらけの映画大会2014』を開催。2014年映画とファンからの投票で決められた『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(2001年)と『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』(2002年)の二本を上映。

ひろしにスポットが当てられた本作にあわせ、書籍では『野原ひろしの名言 「クレヨンしんちゃん」に学ぶ幸せの作り方』(双葉社)、DVDでは『クレヨンしんちゃん きっとベスト☆凝縮! 野原ひろし』(バンダイビジュアル)が発売された。

今回はカンタム・ロボが、『伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』(2005年)以来9年ぶりに登場した作品であり、それを記念としてスーパーロボット超合金のカンタムロボがバンダイから発売された。

2014年6月14日には上海国際映画祭に本作が出品され、衡山電影院で行われた舞台挨拶には監督の高橋渉が登壇した。[3]なおこの映画祭には同年公開の『ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』も出品している。

興行成績[編集]

全国329スクリーンで公開され、2014年4月19、20日の2日間の動員29万4,599人、興収3億3,893万200円をあげ、観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[4]。これは興行収入13.0億円という好成績を上げた「バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」(2013年)の興行対比150.4%にも及ぶ。公開3週目には興行収入10億円を突破した。更に、公開30日目には興行収入15億5404万5700円を記録し、「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」(2001年)の15億円、「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」(2007年)の15.5億円を超え歴代3位にランクインした。さらに公開73日間での累計で観客動員数151万2418人、興行収入17億9074万円を記録し[5]、最終興行収入は18億2000万円だった[6]

この回の興行成績は、ロボットもの人気の根強さと裾野の広さが裏付けられるものとなった。また、ぴあの調査による初日満足度ランキングでは満足度92.3を獲得し第2位となっている[7]

あらすじ[編集]

ギックリ腰を痛めたひろしは突如現れた謎の美女に連れられ、マッサージも兼ねてエステの「無料体験」を受けることに。

エステを終えて家に着いたひろしだったが、そこで自分の体がロボットになっていることに気づき、ビックリ! ロボットになった自分を前に警戒心むき出しのみさえに対し大喜びのしんのすけ。

そんな中ひろしは、自分の体がロボットになった原因があのエステサロンであったことに気づく。それは、邪険に扱われる日本の弱い父親達の復権を企てる『父ゆれ同盟』の恐るべき陰謀だった。

「家族は、オレが守る!!」

崩壊寸前のカスカベを前にロボットになったひろし=ロボとーちゃんが、しんのすけと共に立ち上がる。

本作のキャラクター[編集]

ロボひろし(ロボとーちゃん)
野原ひろしが父ゆれ同盟が設立した怪しげなエステサロンでロボットに改造された姿。ボディの配色は象牙色。顔はひろしそのものであり、トレードマークのひげも忠実に再現されているほか、胸部には乳首を思わせるかのようなスイッチが2つついている。燃料は油[注 2]で尻の部分に給油口がついており、そこから注入が可能。
実は改造されたのではなく、ひろしの記憶と意識を移植したロボットで、当の本人はドデカシティの地下工場にある保管室のカプセルに封印されていた。記憶のバックアップとして生かされていた生身のひろしと一度は対立したり、父ゆれ同盟の策略で記憶を消されたりした。巨大五木ロボットとの決戦後、ひろしと最後の腕相撲を行い機能停止した。
ガンコロボひろし
父ゆれ同盟が開発したガイゼル髭のようなパーツを装着したことで「頑固オヤジ回路」が作動、厳格な性格に豹変したロボひろし。圧倒的な威圧感と提唱で父親達を扇動し、父親を邪険に扱う母親や子ども達を退け、父ゆれ同盟のリーダーを務めていくが、かすかべ防衛隊の活躍で髭を外され、「頑固オヤジ回路」と共に機能停止する。
紺色であった細い管は赤色に変色し、顔には2本の赤い筋が入っている。胸部の乳首のスイッチが変形した2本の竹刀を武器として振るう。また、竹刀で叩かれると接触部分から青色の電撃が走る。
漫画版ではガイゼル髭のようなパーツにスーツではなく、ちょび髭のようなパーツで着流しを着ており、まさにガンコ親父そのものな姿になっている。

父ゆれ同盟[編集]

家庭での立場が弱くなってしまった日本の父親達の復権を目論む組織。ドデカシティの地下工場を基地に備える。デモ活動の際は胸部を左右に突き出すような動きをする[注 3]。シンボルマークは怒りマーク。ガンコロボひろしによって扇動された父親達は、公園や女性専用車両の乗っ取り、レディースデーを親父デーに改称、晩酌のビールや小遣い値上げの要求などによって活動し、しんのすけによって機能停止したロボひろしに代わる鉄拳寺の扇動の元で、遂には市庁舎を占拠した。 名前は「よ、勇気(うき)で立ち上が」の略。

鉄拳寺 堂勝(てっけんじ どうかつ)
父ゆれ同盟の総裁で本作の黒幕。父親の威厳が失われた現代の状況を憂いて組織を結成した。ひし形の輪郭と金歯が特徴。
その正体は人間型のロボットで、黒岩が遠隔操縦していた。口の中には建物を破壊するほどのレーザービームがあり、ロボひろしとの戦闘後に改良されたものと思われる。
漫画版では身に纏うスーツのような造型で黒岩が中に入っていた。
頑馬 博士(がんま はかせ)
ひろしをロボットに改造した父ゆれ同盟の天才科学者でロボット工学の世界的権威だが、何らかの理由で学界を追放されてしまったらしい。片目が髪で隠れている。いつも笑っているが気が弱く、声も小さい。
苗字の由来は、γ(ガンマ)から。
小女鹿 蘭々(おめが らんらん)
父ゆれ同盟の紅一点。ひろしをエステティックサロンに誘った。口元にホクロがあり、巨乳で美人。右手の爪が非常に長く、武器にしている。
みさえ達に襲いかかったとき、耳につけているエメラルドグリーンの宝石付きのピアスを見たひまわりに邪魔された直後に段々原によって手錠をかけられた[注 4]。エンディングではハリウッドデビューしたと思われる描写がある。
苗字の由来は、Ω(オメガ)から。

下春日部警察署[編集]

黒岩 仁太郎(くろいわ じんたろう)
下春日部警察署の署長。ちょっぴりキザなイケメンで、上げ底の靴を履いている。また、自分が大好きなナルシストでいつも鏡の前でのチェックを欠かせない。段々原にマイカーを壊されてしまう。
実は彼が今回の事件の黒幕であり、鉄拳寺を影で遠隔操縦していた。また自身も妻と娘の家庭を持つ父親だが、家では自分の誕生日そっちのけで先に食事を済まされたり、自分の衣類と一緒に洗濯したことを非難されるなど冷遇かつ邪険に扱われており、これが「父ゆれ同盟」結成とロボひろしを巡る事件の引き金となった。下春日部警察署に転勤してからは1人暮らししていると思われる[注 5]。物語の終盤で正体を現し、巨大五木ロボットでしんのすけ達を襲うが返り討ちにされ、段々原によって逮捕された。エンディングでは頑馬とともに刑務所で五木ひろしのモノマネを披露している。漫画版では、自分に対するこれまでの行いを後悔して面会に赴いた妻子達とガラス越しでの再会を果たし、涙を見せている。
段々原 照代(だんだんばら てるよ)
下春日部警察署に配属された婦人警官だが、かなりのトラブルメーカー。刑事になることを夢見ている。よく黒岩に名前を間違われる[注 6]。探すことが得意だが、人間ではなく動物専門である(作中では「今年でもう3匹も見つけた」と語っていた)。

その他[編集]

薄田 修
ひろしが公園へ立ち寄った際に出会った中年男性。喫煙者で眼鏡をかけている。
当初、家では家族から除け者扱いされ、母親達に対して何も言い返せない気弱な性格だったが、ガンコロボひろしに触発され、父親達の中で最初に母親達に対して強く言い返し、父ゆれ同盟ではガンコロボひろしの腹心の立場を得た。事件後、他の父親達と共に母親達と仲直りし、家族とのわだかまりも解けた模様。
山田ジョン青年
映画『カンタムロボ』[注 7]の主人公であり、カンタムJr.の相棒。今作では29歳になっている。
漫画版では少年のままで年を取っていない。
カンタムJr.
映画『カンタムロボ』[注 7]に登場する亡き両親のカンタムロボとシーラの息子。今作では17歳になっており、相棒であるジョンに「さん」ではなく、父親同様に「君」付けで呼んでいる。
アコギデス
映画『カンタムロボ』[注 7]に登場する黒幕。
黒岩の妻と娘
一家の主を常に見下しており、冷遇している。事件後に黒岩と和解したかどうかは不明。
漫画版では自分たちが事件の発端であったことを深く反省しており、黒岩へのこれまでの行いを悔やむように面会に赴き、和解への兆しを見せていた。野原一家を初めとした家族が事件を通じて笑顔を取り戻したのに対し、黒岩一家は悲痛な表情を浮かべていた。

登場する地名・兵器等[編集]

巨大五木ロボット
頑馬が開発した、父ゆれ同盟最後にして最強の秘密兵器ロボット。外見は五木ひろしに似ており、を使った攻撃を得意とする。
漫画版では鉄拳寺そのものを巨大化させたようなデザインのロボットになっており、予備電源がランニングマシンになっている[注 8]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 臼井儀人(らくだ社)
  • 脚本 - 中島かずき
  • 作画監督 - 原勝徳、大森孝敏、針金屋英郎 / 藤森雅也[11]
  • 美術監督 - 高橋佐知、沖吉真由美
  • キャラクターデザイン - 原勝徳、大塚正実
  • 色彩設計 - 野中幸子
  • 撮影監督 - 梅田俊之
  • ねんどアニメ - 石田卓也
  • 音楽 - 荒川敏行宮崎慎二[12]
  • 音響監督 - 大熊昭
  • 編集 - 村井秀明
  • チーフプロデューサー - 和田泰、赤津一彦、鶴崎りか、箕浦克史
  • 監督 - 高橋渉
  • 絵コンテ - 高橋渉、湯浅政明池端たかし、猫賀大介
  • 演出 - 池端たかし
  • 制作協力 - 亜細亜堂
  • 巨大ひろしロボバトル - サイエンスSARU
  • 巨大ひろしロボバトル設定デザイン - 湯浅政明
  • カンタムロボデザイン - 高倉佳彦
  • 動画検査 - 小原健二
  • 動画 - Marbean Animation、スタジオりぶら夢弦館XEBECzwei亜細亜堂中村プロダクション、アニメTOROTORO、ディオメディアOH!プロダクション
  • 仕上げ - ライトフット、トレース・スタジオM、オフィス フウ、Wish、亜細亜堂
  • 背景 - スタジオ・ユニアトリエローク 07、NARA Animation背景部、GACHI PRODUCTION
  • コンポジット撮影 - アニメフィルム
  • 特殊効果 - 佐藤香織(アニメフィルム)
  • CGI - つつみのりゆき
  • 撮影協力 - ライトフット
  • 音響制作 - AUDIO PLANNING U
  • 録音スタジオ - APU MEGURO STUDIO
  • ミキサー - 田口信孝
  • アシスタント・ミキサー - 村越直
  • 音響制作デスク - 穂積千愛
  • 音響効果 - Fizz Sound Creation 庄司雅弘、松田昭彦
  • 音楽制作 - イマジン 齋藤裕二、マサル
  • レコーディングエンジニア - 中村充時
  • 音楽協力 - テレビ朝日ミュージック
  • 連載 - 双葉社月刊まんがタウン
  • オープニングねんどクルー - 石田らどん、松本智子、折無蓮、八中六郎、志賀剛(撮影協力)、宮島忠(撮影協力)
  • 編集スタジオ - 岡安プロモーション
  • 編集助手 - 藤本理子
  • 撮影データ管理 - 柏原健二
  • 現像 - 東京現像所
  • HD編集 - 金沢佳明、山本洋平
  • DCRマスタリング - 千木良保宣、脇坂美緒
  • タイミング - 湯澤祐一
  • ラボ・コーディネート - 丸山裕子
  • ラボ・マネージメント - 井上純一、近藤桂司、酒見弘人
  • 宣伝プロデューサー - 江上智彦、帯田義伸
  • 宣伝チーム - 布施哲郎、近藤渉、槙田美香、浅原聡子、加藤悦子
  • クレヨンしんちゃん委員会 - 天野賢、北井敦朗、山川順一 / 小野仁、水谷誠也、神田エミイ亜希子 / 高木智悌、小川邦恵、佐藤稔弘 / 大矢篤志 / 杉山由紀子、山田千尋、高橋由美
  • 制作事務 - 平山友紀
  • 制作進行 - 國安真一、伊藤貴徳、宇佐美裕世、新垣貴大
  • 制作デスク - 永田雄一、山崎智史
  • プロデューサー - 吉田有希、岸本隆宏、松久智治、鈴木健介
  • 制作 - シンエイ動画テレビ朝日ADK双葉社

原画[編集]

高倉佳彦 末吉裕一郎 林静香 大塚正実 三原三千夫 堤舞
和泉絹子 関本渡 松山正彦 石上ひろ美 重本雅博 安田周平
鈴木大司 角張仁美 辻繁人 矢吹英子 小林麻衣子 ソンユヒョ
クリストフ・フェレラ 大森英敏 下田正太郎 葛西さおり 比呂枝 小菅幸惠
千葉ゆみ 民谷香菜 加来哲郎
原勝徳 大森孝敏 針金屋英郎
柳田義明 関根昌之 西岡夕樹 山田みちしろ 遠藤江美子 宮本雄岐
中村裕之 滝沢潤 中本和樹
第二原画
岩永大蔵 曽々木安恵 仲川明希 長島崇 神戸佑太
ライデンフィルム大阪スタジオ
弓納持幸子 遠藤江美子 山田照美 設楽直美 矢田梓
ピコピコバトルCG
株式会社インティ・クリエイツ 曾津卓也 鈴木雅也 河内厚典
巨大ひろしロボバトル作画
湯浅政明 Abel Gongora Juan Manuel Lagune Eunyong Choi
撮影
Thcumas Hudson

主題歌[編集]

映像ソフト化[編集]

2014年11月7日バンダイビジュアルからBDとDVDでリリース[13]

本作品のTVCMにはひろしを演じる声優・藤原啓治が顔出しで出演する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 映画版では川口の台詞のみ登場した部長や映画版には登場しないミッチーとヨシリン、カンタム・ロボとシーラ・ロボが登場するなど。
  2. ^ 灯油や食用(オリーブオイル等)など種類は問わない。
  3. ^ 漫画版では、両腕を胸部の前で交差する動きになっている。
  4. ^ この時周辺にいた男性陣は全員、その光景に一時釘付けになっていた。
  5. ^ 妻に転勤を伝えた際、「単身赴任するのか」と返され「1人で頑張って」とも言われている。
  6. ^ 「三段原」、「でんでん原」、「段々々原」など。
  7. ^ a b c 『カンタムロボ』の続編が描かれるのは、映画『雲黒斎の野望』以来19年振りとなる。
  8. ^ 頑馬曰く「地球に優しい世界征服ロボのコンセプトで造った」。

出典[編集]

  1. ^ 【クレヨンしんちゃん】脚本家、中島かずきに聞いた父「野原ひろし」がいま、男として熱い理由 ウレぴあ総研 2014年4月19日
  2. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、「クレヨンしんちゃん」で映画主題歌初挑戦 映画.com 2014年3月7日
  3. ^ 2014上海・日本映画週間 ニュース
  4. ^ 壬生智裕 (2014年4月22日). “『名探偵コナン』が初登場1位!『アナ』とのハイレベルな接戦に勝利!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. 2014年4月23日閲覧。
  5. ^ テレ朝社長定例記者会見” (2014年7月3日). 2014年7月3日閲覧。
  6. ^ 東宝株式会社 2014年上半期作品別興行収入(10億以上)” (2014年7月23日). 2014年8月27日閲覧。
  7. ^ 映画『コナン』『しんちゃん』観客の満足度は?”. チケットぴあ (2014年4月21日). 2014年4月21日閲覧。
  8. ^ クレヨンしんちゃん劇場版 神代知衣 公式ブログ 2014年3月17日
  9. ^ a b 『クレヨンしんちゃん』最新作で人気声優・遊佐浩二がナルシスト役! シネマトゥディ 2014年4月19日
  10. ^ 大和田伸也、念願の『クレヨンしんちゃん』出演 父親の思い代弁 オリコン 2014年4月19日
  11. ^ 亜細亜堂からの制作協力より
  12. ^ Now on Air 株式会社イマジン 2014年4月16日
  13. ^ 「映画クレヨンしんちゃん」最新作がBD/DVD発売 興収17.8億円、シリーズ歴代3位の大ヒット作アニメ!アニメ! 2014年7月7日

外部リンク[編集]