クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
映画 クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス
監督 増井壮一
脚本 こぐれ京
出演者 矢島晶子
音楽 荒川敏行多田彰文松尾早人、井内啓二
主題歌 渡り廊下走り隊7『少年よ 嘘をつけ!』
撮影 梅田俊之
編集 村井秀明
製作会社 シンエイ動画
テレビ朝日
ADK
双葉社
配給 東宝
公開 2012年4月14日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦
次作 クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!
テンプレートを表示

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ!オラとうちゅうのプリンセス)は、2012年4月14日公開の『クレヨンしんちゃん』劇場映画シリーズ第20作目(映画化20周年記念作品)。キャッチコピーは『さよなら、ひまわり』『おバカ、ときどき、兄 宇宙も揺るがす、5才の決断!!』。

概要[編集]

監督は前作同様増井壮一が担当。上映時間111分(シリーズ最長)。 

第5作目以来、野原家の長女・ひまわりをメインとした作品である。また劇場版シリーズで初めて「宇宙」が舞台になった作品でもある。

又、ひまわりをお世話するヒマワリ星の“イケメンDEイクメン軍団”にココリコ土田晃之藤井隆の4名がゲスト声優として参加する。また、アナウンサーの羽鳥慎一がヒマワリ星のアナウンサーとして参加する。

本作以降からよしながみどり役は降板した高田由美に代わり、2代目を就任した寺田はるひが演じている。

全国330スクリーンで公開され、2012年4月14、15日の初日2日間で興収1億9,531万5,600円、動員17万4,672人となり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった[1]。 最終興業成績は第7作目以来の10億円割れとなった。

しんのすけが宇宙の空間ゲートに入った時に見た夢に、過去19作品に登場したヒロイン達が友情出演している。また、ひろしの夢には「赤ちゃんの名前が決まったゾ」[2]のリメイクされた紙飛行機対決の回想シーンが挿入され、ひまわりが嫁に行くまでの未来のひろし(『超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』とは異なる姿)が登場する。

今作は劇場版史上唯一悪役が登場しない映画である。

ストーリー[編集]

ある日のこと、しんのすけはプリンのことでひまわりと喧嘩をしてしまう。みさえに叱られたしんのすけは思わず、「お兄ちゃんなんてやめてやる! オラ、妹なんかいらない! ひまわりなんかいらないゾ!」と吐き捨て、家を飛び出してしまった。

するとしんのすけの目の前に突然、謎の2人組がやってくる。妹を預かると話す彼らは、ひまわりを渡すことに同意する契約書をしんのすけに渡し、しんのすけがそこにサインをすると、野原一家は上空にいたUFOに連れ去られてしまう。しんのすけたちは、地球の兄弟星“ヒマワリ星”に到着し、そこで宇宙の平和のために、ひまわりがこの星の姫にならなければいけないと知らされ……。

ゲストキャラクター[編集]

キャラクターの名前はすべて太陽系の惑星からとられている。
サンデー・ゴロネスキー
ヒマワリ星・大王。禿頭で目つきが悪いなど見るからに悪人顔が特徴。ごろ寝とダンスが大好き。しんのすけからは「ゴロちゃん」と呼ばれている。名前は太陽(SUN)から。
ウラナスビン
 ヒマワリ星・うっかり大臣。ナスのような下膨れの顔と体型が特徴。地球にひまわりを探しにきた。名前は天王星(URANUS)から。
ゲッツ
地球担当。地球に単身赴任をしてひまわりを探しつつもうひとつの任務を行っていた。単身赴任のためか非常に疲れきった表情が特徴。名前はから。
マズマズ・イケーメン
ヒマワリ星・イケメン大臣。名前の通りのまずまずのイケメンで、イケメンの選抜には厳しい目を持つ。名前は火星(MARS)から。
ボインダ・ド・ヨーデス
ヒマワリ星・おねむり大臣。名前の通りの巨乳の持ち主で、数々の赤ちゃんをその胸で眠らせてきた。名前は土星から。
まーきゅん
ヒマワリ星・おつまみ大臣。目元だけを隠したサングラスと髭が特徴。迷惑なやつは星からつまみだす。名前は水星(MARCURY)から。
キンキン・ケロンパー
ヒマワリ星・おしゃべり大臣。逆立った髪が特徴で、ホットなニュースをみんなに知らせる。名前は金星から(愛川欽也うつみ宮土理夫妻の愛称にも掛かっている)。
モックン
ヒマワリ星・お運び大臣。パーマがかかった巨漢であり、なんでも運んでくれる。名前は木星から(元シブがき隊本木雅弘ともかかっている)。

用語[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 臼井儀人(らくだ社)
  • 脚本 - こぐれ京
  • 作画監督 - 原勝徳、大森孝敏、針金屋英郎
  • 美術監督 - 高橋佐知、渡辺美穂
  • キャラクターデザイン - 原勝徳、末吉裕一郎
  • 色彩設計 - 野中幸子
  • 撮影監督 - 梅田俊之
  • ねんどアニメ - 石田卓也
  • 音楽 - 荒川敏行多田彰文松尾早人、井内啓二
  • 音響監督 - 大熊昭
  • 編集 - 村井秀明
  • チーフプロデューサー - 和田泰、杉山登、鶴崎りか、箕浦克史
  • 監督 - 増井壮一
  • 絵コンテ - 増井壮一、高橋渉、誌村宏明、横山広行
  • 作画監督補 - 間々田益男
  • 演出 - 増井壮一、高橋渉
  • 脚本協力 - 中弘子
  • 動画検査 - 小原健二
  • 動画 - MarBean Animation、スタジオりぶらディオメディアOH!プロダクション夢弦館ベガエンタテイメント日本アニメーション、アニメスポット、スタジオ・たくらんけ、ラジカルパーティー2、AI、ORANGE
  • 仕上 - ライトフット、オフィス フウ、トレース・スタジオM、Wish、ベガエンタテイメント
  • 背景 - スタジオ・ユニアトリエローク 07
  • コンポジット撮影 - アニメフィルム
  • 特殊効果 - 佐藤香織(アニメフィルム)
  • CGI - つつみのりゆき
  • 撮影協力 - ライトフット
  • 音響制作 - AUDIO PLANNING U
  • 音響監督助手 - 浦上靖之
  • 音響制作デスク - 穂積千愛
  • 録音スタジオ - APU MEGURO STUDIO
  • ミキサー - 内山敬章
  • アシスタント・ミキサー - 小沼則義
  • 音響効果 - Fizz Sound Creation、松田昭彦、鷲尾健太郎、風間結花
  • 音楽制作 - イマジン 齋藤裕二、マサル
  • レコーディングエンジニア - 中村充時
  • 音楽協力 - テレビ朝日ミュージック
  • ドルビーフィルム・コンサルタント - 河東努、森幹生、コンチネンタルファーイースト(株)
  • デジタル光学録音 - 西尾曻
  • 連載 - 双葉社月刊まんがタウン
  • オープニングねんどクルー - 志賀剛、石田らどん、折無蓮、松本智子、小粗かもの
  • 協力 - 宮島忠
  • 編集 - 岡安プロモーション、藤本理子
  • 撮影データ管理 - 柏原健二
  • 現像 - 東京現像所
  • HD編集 - 山本洋平、金沢佳明
  • フィルムレコーディング - 増田悦史
  • テクニカルアドバイザー - 井出義雄
  • ラボ・コーディネート - 内藤彩乃
  • ラボ・マネージメント - 井上純一、近藤桂司
  • 宣伝プロデューサー - 江上智彦
  • 宣伝 - 槙田美香、西川由香里、篠原由樹夫、鈴木聡子
  • クレヨンしんちゃん委員会 - 北井敦朗、小嶋慶也、牧元宗弘、沼田真明、小川邦恵、天野賢、杉山由紀子、田中千尋、高橋由美
  • 制作進行 - 國安真一、廣川浩二、伊藤貴徳、須藤悟史
  • 制作デスク - 山崎智史、永田雄一
  • アシスタントプロデューサー - 馬渕吉喜、中世古裕美
  • プロデューサー - 吉田有希、本井健吾、鈴木健介
  • 制作 - クレヨンしんちゃん委員会(シンエイ動画テレビ朝日ADK双葉社

原画[編集]

末吉裕一郎 高倉佳彦 林静香 大塚正実 松本昌子 松山正彦
和泉絹子 鈴木大司 重本雅博 松下浩美 狩野正志 板岡錦
辻繁人 小川麻衣 堤舞 曽々木安恵 三本めぐみ 西村理恵
高木晴美 小澤円 清水奈津子 神山裕子 佐藤哲也 小佐古吉重
粉川剛 都丸保 原夕佳 吉岡綾乃 柚山麻美 佐藤憲子
茂木琢次 長谷川哲也 前田一雪 原田節子 松田博美 小澤早依子
入江康智 長島崇 澤田裕美 八木郁乃 大橋幸子 今野葉
松井理和子 千葉ゆみ 桝田浩史 鎌田晋平 西村貴世 岸野美智
甲田正行 小池沙央里
原勝徳 大森孝敏 針金屋英郎

主題歌[編集]

映像ソフト[編集]

  • 2012年11月22日発売。アニメクレヨンしんちゃんでは初めてのBD(初回限定版・通常版)・DVD同時発売。

テレビ放送[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『名探偵コナン』初週6億超えのヒットスタート!強敵『バトルシップ』『しんちゃん』抑えナンバー1!シネマトゥデイ 2012年4月17日
  2. ^ 1996年10月18日放送。脚本を担当した中弘子は、本作で脚本協力としてクレジットされている。

外部リンク[編集]