本郷みつる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本郷 みつる(ほんごう みつる、1959年10月12日 - )は、東京都出身、新潟育ちのアニメーション演出者。本名の本郷満をはじめ、ほんごうみつる郷 満潮乱太渋谷ポチ名義での活動もある。

代表作に『クレヨンしんちゃん』『チンプイ』など。

略歴[編集]

1979年にアニメーション専門学校へ入学し、1981年亜細亜堂へ入社。当初から演出志望だったが、アニメーターとして動画でキャリアをスタートさせる。

主に東京ムービー新社スタジオぴえろの作品の演出を手がけた。しかし、亜細亜堂の同期の望月智充が早くからアニメ雑誌で特集を組まれて注目を集めたのに対して、本郷は評価されず、次第に情熱を失う中で、1987年になるとついに『陽あたり良好!』で演出から降板させられる事態となる。その本郷が頭角を現わしたのが、同年に参加した『エスパー魔美』から始まるシンエイ動画の一連の作品である。チーフディレクターの原恵一に刺激を受け、シンエイ動画の現場で同世代のスタッフの中で活力を取り戻す。1989年には『エスパー魔美』の後番組『チンプイ』でチーフディレクターに就任した。オリジナルビデオアニメSpirit of Wonder チャイナさんの憂鬱』の監督を持って一区切りをつけ、1991年に亜細亜堂を退社。

1992年2月に亜細亜堂出身の西村博之じゃんぐるじむ出身の高倉佳彦の2人のアニメーターとともに、フリー集団、めがてんスタジオを結成し、引き続きシンエイ動画で『クレヨンしんちゃん』を監督して大ヒットさせた。1996年9月に『クレヨンしんちゃん』から降板した後はProduction I.Gオー・エル・エムを拠点とし、『シャーマニックプリンセス』、『星方武侠アウトロースター』、『キョロちゃん』、『カスミン』、『IGPX』など幅広いジャンルの作品に携わる。

「アクション仮面の唄」「キョロちゃんえかきうた」などの作詞も手掛ける。

1996年の降板以降、『クレヨンしんちゃん』には関与していなかったが、2008年4月19日公開の映画『ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者』で、約12年ぶりに同作に携わることになった。

尚、『クレヨンしんちゃん』では、新しい家族・ひまわりを追加すると言うテコ入れに反発して同作を降板したと噂されていたが、全くのデマである。

人物像[編集]

児童文学SFを愛好。本人は表に出る事は余り好まないと思われがちだが、これはあくまで先輩演出家の思想(「アニメ関係者が雑誌で目立つのは不愉快」という考え方)を本郷自身がマネしているだけで、元から顔出しNGというわけではない。単に写真を公開せず(写真を公開しないのは本人が写真を撮られるのが苦手というのもある)、似顔絵を公開するスタイルがいつの間にか定着し、それを本人が変えていないだけである。本人によれば「ネットを探しても自分が死ぬまで(自分の顔写真の)画像が見つからない方が面白い」とのこと。近年は、講師を務める学校のホームページに顔写真が掲載してあるなど、顔出しの機会も増えている。

また、佐藤順一は仲がよくライバル心を抱いている。絵コンテで参加する時に使用される「潮乱太」は本来、佐藤のコンテをストーカーする意味で設定されたものだと語っている(「佐藤(砂糖)」に対して「潮(塩)」、「順」に対して「乱」)」、「一」に対して「太(多)」)。

参加作品[編集]

テレビアニメ/OVA[編集]

監督作品[編集]

演出作品[編集]

アニメ映画作品[編集]

ゲーム作品[編集]

外部リンク[編集]