湯浅政明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

湯浅 政明(ゆあさ まさあき、1965年3月16日 - )は、日本のアニメーション監督脚本家デザイナーアニメーター福岡県出身。1990年代を代表するアニメーター。

監督作『マインド・ゲーム』は毎日映画コンクール大藤賞、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞、モントリオール・ファンタジア国際映画祭で4つの賞を総なめにした。『四畳半神話大系』でもテレビ作品初の文化庁メディア芸術祭大賞を受賞した。

経歴[編集]

九州産業大学芸術学部美術科を卒業後、亜細亜堂に参加。『ちびまる子ちゃん』などの作画・設定デザイン・絵コンテを手掛けたのちフリーランスとなる。

Production I.Gでいくつか作品に関わり、シンエイ動画の『クレヨンしんちゃん』に作画監督設定デザイン・原画絵コンテなどの役職で参加。その傍らで様々な作品に参加する。再びIGにも戻って演出を担当、J.C.STAFFで『ねこぢる草』を作った後、STUDIO 4℃製作のアニメーション映画『マインド・ゲーム』で映画作品初監督。

その後、マッドハウスに場所を移し、『ケモノヅメ』『カイバ』とオリジナルテレビシリーズを2本手がけた。近年は、森見登美彦原作の『四畳半神話大系』の監督・脚本を務めている。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フォトカノ劇中アニメ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]