グレムリン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレムリン
Gremlins
監督 ジョー・ダンテ
脚本 クリス・コロンバス
製作 マイケル・フィネル
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
フランク・マーシャル
キャスリーン・ケネディ
出演者 ザック・ギャリガン
フィービー・ケイツ
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ジョン・ホラ
編集 ティナ・ハーシュ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年6月8日
日本の旗 1984年12月8日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000
興行収入 $153,000,000 アメリカ合衆国の旗
次作 グレムリン2 新・種・誕・生
テンプレートを表示

グレムリン』(Gremlins)は、クリスマスに贈られた珍しいペットの飼育方法にまつわる騒動を描いたSFブラック・コメディ。1984年アメリカ映画、ジョー・ダンテ監督作品。 1990年同監督により本作の続編である『グレムリン2 新・種・誕・生』が制作された。

ストーリー[編集]

発明家のランダル・ペルツァーは、セールスのために訪れた都会で息子のクリスマスプレゼントを選ぼうとチャイナタウンの骨董店のドアを開く。埃っぽい店の中を物色して歩くが、珍し物好きの彼は簡単に満足しない。そんな中で布で覆われた籠から聞こえてくる歌が興を惹く。中を覗いてその生き物がすっかり気に入り値段を聞くが、店主は「モグワイは売り物ではない」と断る。しかし、店主の孫がランダルを店の外へ連れ出し、家庭が貧窮していることを理由に逆にモグワイを買って欲しいと告げる。そして、ランダルはモグワイを連れて家路につく。

冬の季節を迎えているキングトン・フェールズでは豊かではないが互いに思いやりの心を持った妻のリンと、素直に育った息子のビリーが一緒に祝おうと待っていた。父の帰りを喜ぶビリーはモグワイを見せられて有頂天になるが、小僧がまじめに話した三つの約束を守って育てることを教えられる。素直で愛らしい仕草を見せる利口なペットのモグワイにギズモと名づける。しかし、偶然の重なりからビリーの約束は一つずつ破られ、その度に田舎町で不思議な事件が起こる。とうとうその原因がギズモから分裂した悪戯好きで残酷なグレムリン(小鬼)の群れによるものと分かった時には、街はグレムリンの暴走でパニックが起きていた。ビリーとギズモ、それにビリーの恋人ケイトはストライプ率いるグレムリン軍団を相手に奮闘。町のいたるところで惨状を見せながら平穏がやっと戻ったキングトンにあのチャイナタウンの老人が訪れ、ランダルとビリーに約束とはどういうものか分かったでしょうと語りかける。再び引き取られていくギズモの心にも、ビリーの心にも確かな友情が残っていた。老人は語る「いつか君たちもモグワイを飼う資格がくる」と。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版 フジテレビ版
ビリー・ペルツァー ザック・ギャリガン 関俊彦
ケイト・ベリンジャー フィービー・ケイツ 玉川紗己子 岡本麻弥
ランダル・ペルツァー ホイト・アクストン 富田耕生
リン フランシス・リー・マッケイン 池田昌子 此島愛子
ルビー・ディーグル ポリー・ホリデイ 京田尚子 高橋和枝
ピート コリー・フェルドマン 小宮和枝 坂本千夏 渕崎有里子
ミスター・ウィング ケイ・ルーク 石井敏郎 藤本譲
ジェラルド ジャッジ・ラインホルド 島田敏 堀内賢雄 立木文彦
ムレイ・ファッターマン ディック・ミラー 西川幾雄 八奈見乗児
シーラ・ファッターマン ジャッキー・ジョセフ 羽村京子 寺内よりえ
モロー先生 ジョン・C・ベッカー 秋元羊介
ハリス ベリンダ・バラスキ さとうあい
ロイ・ハンソン先生 グリン・ターマン 江原正士 中尾隆聖
コーベン頭取 エドワード・アンドリュース 吉水慶 藤本譲 今西正男
保安官 スコット・ブラディ 村松康雄 加藤精三
ブレット ジョナサン・バンクス 小野健一
ギズモ(モグワイ)(声) ホーウィー・マンデル 滝沢久美子
ストライプ(声) フランク・ウェルカー[1]
グレムリン(声) フレッド・ニューマン
マーク・ドドソン
マイケル・ウィンスロー
ピーター・カレン
ボブ・バーガー
マイケル・シーハン

その他声の出演

テレビ朝日版 初回放送:1992年12月27日 テレビ朝日日曜洋画劇場
フジテレビ版 初回放送:1988年4月2日 フジテレビゴールデン洋画劇場

モグワイ[編集]

ノベライズされた際に追加された設定によれば、何世紀も前、宇宙の遥か彼方にある、科学が高度に発達した惑星で、モグターメンという科学者が、どんな気候や条件にも適応し、かつ繁殖可能な、性格温和で知的な生物“モグワイ”を作り出した。モグターメンは試しにその内の1匹(ギズモ)を地球に送り込み、そのモグワイが着いてしまった所が台湾。そこで中国人の老人に拾われて飼われるようになった。モグワイが持っていた下記の欠点は博士も予想していなかったというが、それではなぜ骨董屋の主人がこの欠点を知っていたかは不明である。

手足の指は4本だが、手先は器用。調整されていたギズモとは違い、増殖したモグワイは皆個体差が激しいが、リーダーの「ストライプ」を筆頭にいたずら好きということは共通している(ギズモを除く)。

3つのルール[編集]

モグワイの飼育の際には以下の3点に気をつけなければならない。

光に当ててはいけない。
光が苦手なので、できるだけ暗い場所で飼うこと。特に太陽光には弱く、長い間当たると死んでしまう。
水をかけたり、濡らしてはいけない。
水がかかると細胞分裂を起こし、急激に繁殖する。水に浸したり飲ませるのも同様。増殖したモグワイの個体差は大きく、元の個体の影響は判然としない。
モグワイ時は背中が痙攣を起こして、幾つもの毛玉が飛び出し、それが徐々に大きくなって新しい個体になる。グレムリン時は同じく痙攣を起こし、背中からコモリガエルのように小さな個体が這い出してそれが大きくなる。
真夜中(12時過ぎ)に食べ物を与えてはいけない。
最も重要なルールである。ほとんどのモグワイは悪くても悪戯好きか人間にちょっかいを出す程度で比較的安全であり、小さな哺乳類を思わせる外見を持つが、これを破ると繭を介して変態を行い、見た目も性格も凶暴悪辣な「グレムリン」に豹変してしまう。なお、12時過ぎからいつまで食べさせてはいけないか(どのような時間もしくはタイミングで食べさせて良いか)は明らかにされていない。

グレムリン[編集]

モグワイが変態した姿。身長70cm程度に巨大化している。頭部を除き体毛が無くなった代わりに全身が爬虫類を思わせる皮膚に包まれ、鋭い牙と爪を持つ。変態前に比べて一部を除き知能は低下し、より本能のままに行動する。

数十匹にまで増殖したが、ビリーとケイトの策略により映画館での爆発に巻き込まれ、リーダー的存在のストライプを除いて全滅した。

ギズモ[編集]

ギズモ(Gizmo)とは、買ってきたモグワイに飼い主のビリーの父がつけた名前(「新製品」という意味)である。

身長10インチ(約25cm)、体重1.5kg。知能はかなり高く、僅かながら人間の言葉を話せ、歌がうまい。性格は臆病でおとなしいが、恐怖を乗り越えて危機に立ち向かう勇気を持つ。

ちなみに、ギズモは12時を過ぎてからは食べ物を口にしようとしなかった事から、その結果を知っていたと思われる。(水を浴びて増殖した兄弟達を見てがっかりする描写もある)

ストライプ率いるグレムリンの騒乱の後、元の持ち主である骨董屋の主人に引き取られ、一緒に帰っていった。

ストライプ[編集]

水をかけられたギズモから分裂した5匹のモグワイの内の一匹。リーダー格であり事件の黒幕でもある。頭頂部から背中にかけて白線を持つことからこう呼ばれる。触ろうとすると噛みつこうとするなど獰猛な性格だが、高い知能も併せ持つ。

グレムリンに変態後はスポーツセンターのプールに潜って仲間を増殖させ、人々を恐怖に陥れた。仲間たちが次々と倒される中、ただ一匹だけ生き残り、ビリーを追い詰めていく。最後は噴水にためてあった水に飛び込み再び増殖を図るも、ギズモの機転によって窓から差し込む日光を浴びせられ、溶けて死んでしまった。

備考[編集]

映画公開当時は、日米経済摩擦が問題になっており、変身後のグレムリンは「集団で自分たちに危害を加える日本人」をイメージした、という説が噂された。これはグレムリンがチャイナタウン由来のものであることなどから想起されたものであると思われるが、物語のラストで老人はルールや自然との調和を重視しない(欧米)人を批判し「責任のない社会は希望のない社会。責任とは大事が起きるのを見越して賢明な行ないをする事。コトが起きた後でそうするのは経験であり反省だ」と述べている。

ジョージ・ガイプによるノベライズ版(訳:浅倉久志)によると、グレムリンは外宇宙より飛来した存在=宇宙人であるという設定であり、ギズモは劇中での凶暴なグレムリンのような悪意への衝動を理性によって抑え込んでいるという描写がある。

タイトルバックを中心とした広場の映像は、翌年公開のバック・トゥ・ザ・フューチャーと同じユニバーサルスタジオのセットである。本作では時計台の針を使う等のアクションがなかったため意識されないが、後に発売されたDVD版スタッフ・キャストの解説によると、同スタジオで「夜が舞台の別の映画」も撮影中だったと語られている。別の映画が何であるか明言はされていないが「柱を立てて暗くしていたので柱が映らない様にするのに苦労した」ともあるので撮影は同セットを使用した同時期の映画だった事が窺える。そしてワーナー・ブラザーズ(グレムリン)、ユニバーサル・スタジオ(バック・トゥ・ザ・フューチャー)と、配給元が違う両作品に製作総指揮としてスティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャルが名を連ねている。 また予算は1984年で1100万ドルと当時にしては低予算だと同じく語られているが、撮影所と分かるような作り物っぽさを強調した撮影方法となっているのは、同撮影所を使用した往年の名作をパロディ化したかったとも語られている。

リブート[編集]

現在は本作のリブート企画が始動した[2]。プロデューサーも決定したらしい。

脚注[編集]

  1. ^ Filmography E - F - G”. The Frank Welker Homepage(フランク・ウェルカー公式サイト). 2012年8月22日閲覧。
  2. ^ 『グレムリン』のリブート企画がついに始動!

外部リンク[編集]