ローストチキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローストチキン
ローストチキン
自家製ローストチキン。
別名 鶏の丸焼き
地域 北米・ヨーロッパ
主な材料 鶏肉
ポテトを添えたローストチキン

ローストチキン: roast chicken)は、ニワトリを丸ごと焼いた料理。肉料理のひとつ。

オーブンやグリルで焼いたもの、に刺して焙り焼きにしたもの、専用の焼き機(ロースター)で焼いたものなど調理法としてはさまざまである。またダッチオーブン野外料理用の厚手の鉄鍋)を使って蒸し焼きにする方法もある。丸焼きであるため旨味が逃げにくく、皮の焼けた香味も加わる。

オーブンで焼く場合には、中抜きした鶏に食塩コショウニンニクローズマリーなどを擦り込んで下味をつけ、内部に野菜類や小さく切ったパンなどで作ったファルス(英語ではスタッフィングまたはドレッシングという)を詰めた後に脚をタコ糸などで縫って形を整え、あらかじめ表面に油を塗っておく。オーブンの天板に鶏肉とともにタマネギニンジンなどの野菜類をのせ、水分と香味を補いながら、均一な焼き色がつくように焼き上げる。焼いている途中に、鶏の表面や比較的火が通りやすい胸肉が乾燥しないように、何度か天板にたまった肉汁と脂をかけてやる(「アロゼ: arroser)」または「ベイスティング英語版: Basting)」)のがコツである。

代表的なクリスマス料理のひとつであるが、北米では食卓の人数が多い場合は鶏よりも大きな七面鳥のローストが好まれる。またヨーロッパでは、ガチョウのローストも好まれる。

ローストチキンを食卓に出すときに、足先の肉の薄い部分にマンシェット(ペーパーフリルやアルミホイル)を巻くことがある[1]。これは「骨付き肉を持った際に手を汚さないために巻く」といわれるが、もとは「骨の断面が見えてしまうと見た目が良くない」として、断面を隠すために巻かれたのが始まりとされる。

最近では、フライドチキンを高カロリーゆえに敬遠する消費者のために、一部のファストフード店で小分けしたローストチキンを供するサービスが散見されるようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 社団法人全国調理師養成施設協会編『改訂調理用語辞典 カラー版』 1999年、1145頁

参考文献[編集]

  • 牧野哲大 (2006年10月5日). 『きょうの料理』ローストチキン. 日本放送協会. 
  • 牧野哲大「ローストチキン」、『NHKきょうの料理』第50巻第7号、日本放送出版協会、2006年10月。

関連項目[編集]