ミンスパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミンスパイ

ミンスパイ (mince pie) は、ドライフルーツから作った「ミンスミート」を詰めたパイである。 クリスマスに食べる菓子として知られ、径数センチの独特の形で作られることが多い。ミンスミート (mincemeat) とは元来は、ミンス(みじん切り)にした、つまりひき肉のことで、ミンチの語源でもある。しかししだいに、ドライフルーツを主体としたものに変化した。

東方の三博士イエス・キリストの誕生を祝うために捧げた没薬が、ミンスパイの起源と言われる[1]。かつては果実や肉に香辛料と甘みを加えたものをパイ生地やビスケット生地で包んでゆりかごをかたどり、上面部に切り口を入れてイエスを表す小さな像を入れて焼き上げていた。この工程には、ゆりかごの中に神の子を置き、その誕生を祝っていた意味合いがあった[1]

清教徒革命の際には偶像崇拝にあたるとしてミンスパイの製造が禁止されるが、間もなく禁止令は解ける。やがて、中に詰める具から肉が消える[1]。また、イギリスが世界各地に植民地を持っていた時代になると、各地から様々な果実やナッツがイギリスに入り、ミンスパイの具として使用されるようになった[1]

現在は、リンゴブドウ干しぶどう)、柑橘類などが使われる。これらをみじん切りにし、ブランデー砂糖、ケンネ脂(スエット)、香辛料などを加え、煮込んだのち数日間寝かせる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 吉田『映画の中のお菓子たち』、pp.80-82

参考文献[編集]

  • 吉田菊次郎編著『映画の中のお菓子たち』(時事通信社, 2010年11月)

関連項目[編集]