ハヌカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古い形のハヌッキーヤー。エルサレム1900年頃に出土。元来ハヌッキーヤーは燭台ではなくオイルランプである

ハヌカー英語: Chanukkah, Hanukah, Hanukkah, ヘブライ語: חנוכהChanukkâh, イディッシュ語 chaniko, chanike ; ハニカともいう)とはユダヤ教年中行事の一つで、マカバイ戦争紀元前168年 - 紀元前141年)時のエルサレム神殿の奪回を記念する。アンティオコス4世エピファネスと異教徒によって汚された神殿の清めの祭りである。キスレーウ(ユダヤ暦の第9月)の25日から8日間祝う。宮清めの祭り、奉献の祭り(Feast of Dedication)、の祭り(Festival of Lights)とも呼ばれる。

ハヌカーはキリスト教クリスマスとほぼ同じ時期に祝われるが、この二つの祭日は起源も性格も異なる。近年はクリスマスプレゼントのようにハヌカーの期間中毎日子供に「ハヌカー・プレゼント」を与える家庭や、クリスマスツリーに似た「ハヌカー・ブッシュ」と呼ばれる常緑樹を飾る家庭もあるが、これらは伝統的なユダヤ教の習慣ではないため好ましくないと考えるユダヤ教徒も多い。ハヌカーの日にはドレイドルと呼ばれる木製の独楽がユダヤ教の伝統に則り子供達へ与えられる。また、イスラエル北部のハイファにおいては、ユダヤ教のハヌカーとキリスト教クリスマスイスラム教ラマダーンを同時に祝う世俗的なフェスティヴァルが実施される。

名称[編集]

ハヌカーは、ヘブライ語で「ささげる」という意味の動詞「חנך」(ハナク)に由来する。ふたたび神殿に捧げものができるようになったためにこの名がある。

この語は様々な神聖的な解釈がされてきた。たとえば、「ハヌー」(彼らは休んだ)で切って、のこりの2文字のカフとヘーをそれぞれ数字の「20」と「5」とみなし、「(キスレーウの月の)25日に彼らは休んだ」と解釈するものがある。ゲマトリアなどを参照。

ハヌカーの歌[編集]

クリスマス・ソングキャロルの代わりに、ハヌカー・ソングが存在する。

マーオーズ・ツール[編集]

8枝のメノーラーハヌッキーヤー)に一日一つずつ点灯した後、マーオーズ・ツール ma‘oz tzur (『砦の岩よ』)という、13世紀ドイツに起源を持つ賛歌を歌う。

ハヌカーの遊び[編集]

ドレイドル

ドレイドル[編集]

ドレイドルまたはドライデル(Dreidel)は四面に反時計回りに נ(ヌン)、ג(ギーメル)、ה(ヘー)、ש(シン)の文字が描かれている木製のコマである。チップ(コイン形のチョコレートなど)を用意し、コマをまわしてシンが出たらチップをポットに置く、ギーメルが出たらポットのすべてのチップを獲得する、ヘーが出たらポットのチップを半分取る、ヌンが出たら何もしない。

4つの文字は実際にはイディッシュ語の「nisht(ドイツ語: nichts 何もない)、gants(ganz 全部)、halb(halb 半分)、shtel(einstellen 置く)」の頭文字であるが、しばしばヘブライ語の「נס גדול היה שם ネス・ガドール・ハヤ・シャム、そこで偉大な奇跡が起こった」の頭文字と解釈されている。このため、イスラエルのドレイドルでは「שם」(そこで)の頭文字のシンを「פה」(ここで)の頭文字のペーに変えたものが売っている。

食べ物[編集]

スフガーニーヤー

神殿の清めの儀式に用いるメノーラーを灯すための一日分の聖油が八日間燃え続けたという奇跡にちなみ、ハヌカーの間は油を使った料理が必ず作られる。また、イスラエルではハヌカーがオリーブの収穫の後に来るので、絞り立てのオリーブ油が豊富に手に入るという事実もこれと関係している。

アシュケナジム系家庭ではラトケスブリンツを食べる。多くのセファルディム系、アシュケナジム系、イスラエル人の家庭ではビムエロスビヌエロbimuelosスフガーニーヤー sufganiyahジャム入りドーナツ)などの揚げ菓子を食べる。

グレゴリオ暦との対照表[編集]

外部リンク[編集]