グリューワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァン・ショー
グリューワイン

グリューワイン(独: Glühweinグリューヴァインとも)は、ワイン香辛料などを温めて作るホット・カクテルの一種。一般的には赤ワインで作られるが、白ワイン由来のものも存在する。11月中旬から開かれる各地のクリスマス・マーケットでたのしむことが出来る。日本ではホットワインとも呼ばれるが、これは和製英語である(正しくはモルドワイン: Mulled wine)。フランスではヴァン・ショー: vin chaud(熱いワイン)と呼ばれる。

このような温めたアルコールを総称してグロッグとも呼ばれるが、フランスではヴァン・ショーに対してグロッグと言う呼び方はせず、ラム酒など他のアルコールに対して用いられる言葉である。北欧諸国ではこのグリューワインそのものがグロッグまたはグレッグ(: Gløgg: Gløgg)と呼ばれる。

赤ワインにオレンジピールシナモンクローブなどの香辛料、砂糖シロップを加えて火にかけ温める。

カフェでは蒸気を使って瞬時に暖めて供される。こうすることによってアルコールが飛ばずにすむ。これはエスプレッソ・マシーンの一機能として付属しており、カフェ・オ・レを作る時にミルクを温めて泡立てる機能と共通である。

ドイツなどではグリューワイン用のミックススパイスも市販されている。また最近、日本でも1リットル入りのグリューワインやスパイスが輸入、販売されている。

ドイツやフランスを初めとするヨーロッパクリスマスにはかかせない飲み物とされる。なお、沸騰させなくても若干アルコール分は飛ぶので、それを補うためラム酒などの蒸留酒を入れて飲むこともある。蒸留酒入りの場合は Glühwein mit Schuss グリューヴァイン・ミット・シュースと呼ばれ、(蒸留酒を) 一振り加えたグリューワインの意味である。

アルザスなど白ワインの産地では白ワインを用いたヴァン・ショー・ブランvin chaud blancもあり、この場合はシナモンは加えず好みで砂糖やレモンの薄切りなどを加える。特定地域でのクリスマス期にのみ見られる名物である。

材料の一例[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]