仮庵の祭り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

仮庵の祭り(かりいおのまつり、ヘブライ語: סוכות‎、英語: Sukkot)は、一般に太陽暦10月頃に行われるユダヤ教の祭りである。

概説[編集]

仮庵の祭りは、過越祭(ペサハ)と七週の祭り(シャブオット)とともにユダヤ教三大祭の一つ。仮庵祭(かりいおさい)、スコット(Sukkot)ともいう。Sukkot とはヘブライ語で「仮庵」のこと。ユダヤ人の祖先がエジプト脱出のとき荒野で天幕に住んだことを記念し、祭りの際は仮設の家(仮庵)を建てて住んだことにちなむ。

旧約聖書レビ記」23章34節以下に規定がある。聖書では、祭りの際にイスラエルの地のユダヤ教徒の成人男性には、エルサレム神殿へ巡礼することが要求されている。ユダヤ暦ティシュリ月15日から7日間行われたが、後代に8日間に拡大した。祭りがもっとも盛大に行われるのは最終日である。ディアスポラではこの祭りは「律法の祭り(Śimchath Torah)」と複合して9日間になった。

レビ記には、祭りは7日間であり 8日目に集会を開いて犠牲を捧げる、とある。初日と8日目は安息日にあたり、仕事をすることは禁じられる。(安息日を除いた中間日は、ホル・ハ・モエド (Chol haMoed) と呼ばれる。) 秋の収穫祭の側面ももつ。パレスチナ地方では秋は果物の収穫期であり、「レビ記」23章39節ではティシュリ月15日は「農作物を収穫するとき」といわれる。

レビ記によれば、「初日に、……木の実(Etrog)、ナツメヤシ(Dattelbaum, Teytlboym)の葉(Lulav)、茂った木の枝、カワヤナギ(Weidenbaum)の枝を採ってきて、……喜び祝う」。初日から7日間、みな仮庵に住む。また毎日「焼き尽くす捧げ物」が献じられる。神殿破壊以後は犠牲は行われていない。

捕囚期後、イエスの時代には、祭りの期間中、毎日エルサレム神殿へ市内のシロアムの池から黄金の器で水を汲んで運び、朝晩二回行われる犠牲の際、供え物とともに祭壇に水を注ぐ行事が行われた。『ヨハネによる福音書』7章37節から38節で言及される「私を信じる者のうちから、生きた水が……流れ出る」は、この行事を背景とした記述である。

現代のイスラエルにおいてもスコットの期間中はいたるところで仮庵が設置されている。

日程[編集]

  • 2003年 - 10月11日から
  • 2004年 - 9月30日から
  • 2005年 - 10月18日から
  • 2006年 - 10月7日から
  • 2007年 - 9月27日から
  • 2008年 - 10月14日から
  • 2009年 - 10月3日ら
  • 2010年 - 9月23日から
  • 2011年 - 10月13日から
  • 2012年 - 10月1日から
  • 2013年 - 9月19日から
  • 2014年 - 10月9日から
  • 2015年 - 9月28日から

(正確には、上記日付の前日の日没から始まる。)