ギンバイカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギンバイカ
Starr 070621-7466 Myrtus communis.jpg
ギンバイカ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フトモモ目 Myrtales
: フトモモ科 Myrtaceae
: ギンバイカ属 Myrtus
: ギンバイカ M. communis
学名
Myrtus communis L.
和名
ギンバイカ(銀梅花)
英名
common myrtle

ギンバイカ(銀梅花、銀盃花、学名:Myrtus communis)は、フトモモ科単型の属ギンバイカ属の常緑低木。地中海沿岸原産。英語でマートル)myrtle) , ドイツ語ではミルテ(Myrte)。属名からミルトスとも呼ぶ。結婚式などの飾りによく使われるので「祝いの木」ともいう。

別名:、ギンコウバイ、ギンコウボク、イワイノキ

特徴[編集]

夏に白い5弁の花をつけ、雄蕊が多く目立つ。果実は液果で、晩秋に黒紫色に熟し食べられる。

葉は揉むとユーカリに似た強い芳香を放つことから、「マートル」という名でハーブとしても流通している事もある。

主に流通している品種は、葉に白い覆輪がある斑入り品種のバリエガタ、枝葉の細かいヒメギンバイカ(姫銀梅花)など。

利用[編集]

サルデーニャコルシカ島では、果実や葉を用いてミルト(Mirto)というリキュールを作る。

文化[編集]

古代ギリシアでは豊穣の女神デーメーテールと愛と美と性の女神アプロディーテーに捧げる花とされた。古代ローマでは愛と美の女神ウェヌスに捧げる花とされ、結婚式に用いられる他、ウェヌスを祀るウェネラリア祭では女性たちがギンバイカの花冠を頭に被って公共浴場で入浴した。その後も結婚式などの祝い事に使われ、愛や不死、純潔を象徴するともされて花嫁のブーケに使われる。

ユダヤ教ではハダス(ヘブライ語:הדס)と呼び、「仮庵の祭り」で新年初めての降雨を祈願する儀式に用いる四種の植物の1つとされる。ユダヤ教の神秘学カバラでは男性原理を表すとされ、新床に入る花婿にギンバイカの枝を与えることがあった。生命の樹の第六のセフィラであるティファレトや、エデンの園とその香りの象徴ともされる。

関連項目[編集]