ディアスポラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パレスチナ・ディアスポラの花嫁部屋(国立民族学博物館・大阪府吹田市)

ディアスポラδιασπορά、英:Diaspora, diaspora、ヘブライ語: גלות‎)とは、(植物の種などの)「撒き散らされたもの」という意味のギリシャ語に由来する言葉で、元の国家や民族の居住地を離れて暮らす国民や民族の集団ないしコミュニティ、またはそのように離散すること自体を指す。難民とディアスポラの違いは、前者が元の居住地に帰還する可能性を含んでいるのに対し、後者は離散先での永住と定着を示唆している点にある。歴史的な由来から、英単語としては、民族等を指定せず大文字から単に Diaspora と書く場合は特にイスラエルパレスチナの外で離散して暮らすユダヤ人集団のことを指し、小文字から diaspora と書く場合は他の国民や民族を含めた一般の離散定住集団を意味する[1]

近年では、「アメリカ・メキシコ国境におけるチカーノ(下層移民)の分裂、黒い大西洋、海外の華人、そして欧米の大都市で居住・労働するインド亜大陸出身の知識人」[2] といった多様な文化的枠組みを記述する上でディアスポラという術語が用いられるようになって来た。

歴史的経緯[編集]

古代地中海世界の諸都市にはユダヤ人共同体が多く存在する。一般的に周辺住民によるイスラエル民族への弾圧によって成立したといわれることが多いが、実際には(特にヘレニズム期に)人間や物資が地中海世界を自由に往来する中で発達した。古代世界最大のユダヤ人コミュニティーはエジプトの大都市アレクサンドリアにあった。

多くの都市においてユダヤ人は自治組織(qehilla)を持ち、独自の宗教・文化を守って暮らしていた。古代以来、地中海世界でユダヤ人はギリシャ人と商業面で競合することが多く、迫害されることもあった。また、ローマ帝国においては、兵役に就かず唯一神以外礼拝しないユダヤ人は特異な存在と見なされることが多かった。

離散した彼らは、中世キリスト教世界において卑しいこととされた金銭の貯蓄、卑しい仕事とされた金貸し(銀行)業により生計を立てることとなった。こうした禁忌の罪は煉獄により浄化されると考えられた。

キリスト教との関係[編集]

初期キリスト教は各都市のディアスポラのシナゴーグを拠点としてローマ帝国内に広まっていった。初期キリスト教徒はユダヤ教の会堂において礼拝を行うことが一般的であり、当時におけるディアスポラの存在意義は大きい。

博物館[編集]

ユダヤ人のディアスポラの歴史をわかりやすく展示したディアスポラ博物館が、テルアビブ大学の構内に設置されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Diaspora, Merriam-Webster
  2. ^ ジョナサン・ボヤーリン、ダニエル・ボヤーリン『ディアスポラの力 – ユダヤ文化の今日性をめぐる試論』平凡社、2008年、p.17.

関連項目[編集]