東方の三博士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東方の三博士の来訪

東方の三博士(とうほうのさんはかせ)とは、新約聖書に登場し、イエスの誕生時にやってきてこれを拝んだとされる人物。東方の三賢者(とうほうのさんけんじゃ)または東方の三賢人(とうほうのさんけんじん)という表記も多い。

概要[編集]

マタイによる福音書』2:1-13に博士たちについて記されているが、「占星術の学者たちが東の方から来た」としか書かれておらず、人数は明記されていない。彼らはヘロデ大王に「ユダヤ人の王としてお生まれになったかた」について尋ね、ベツレヘムへたどりつく。彼らはイエスを見て拝み、乳香没薬黄金を贈り物としてささげた(この贈り物の数から「三人」とするのが定着した)。ヘロデ大王は幼子を見つけたら、自分に知らせるようにと彼らに頼むが、彼らは夢のお告げを聞いてヘロデ大王のもとを避けて帰った。

「博士」あるいは「賢者」と訳される言葉「マーゴイ[1]の原義は天文学者であったようである。三博士の名は、西洋では7世紀から次のような名が当てられている。メルキオール(黄金。王権の象徴、青年の姿の賢者)、バルタザール(乳香。神性の象徴、壮年の姿の賢者)、カスパール(没薬。将来の受難である死の象徴、老人の姿の賢者)[2]シリアのキリスト教会では、ラルヴァンダード、ホルミスダス、グシュナサフ[3]が対応しており、ペルシア起源を強くほのめかしているが(例:ホルミスダス=アフラ・マズダー)、真偽は定かではない[4]アルメニア正教会ではカグファ、バダダハリダ、バダディルマ[5]エチオピア正教会ではホル、カルスダン、バサナテル[6]が対応する。

キリスト教圏でクリスマスの季節になると飾られる馬小屋の模型(プレゼピオ)にはよく贈り物を携えた三博士の人形が飾られている。また、東方の三博士がイエスに会った日が公現節の起源とされる。

ドイツケルン大聖堂には、三博士のものとされる遺骨を納めた黄金の棺が安置されている。

脚注[編集]

  1. ^ ギリシア語: μάγοιマギ
  2. ^ ラテン文字表記:Melchior、Balthasar、Casper
  3. ^ アラビア語ラテン文字転記:LarvandadHormisdasGushnasaph
  4. ^ wikipedia 英語版情報
  5. ^ アルメニア語ラテン文字転記:KagphaBadadakharidaBadadilma
  6. ^ アムハラ語ラテン文字転記:HorKarsudanBasanater

関連項目[編集]

外部リンク[編集]