アルルの女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルルの女』(アルルのおんな、L'Arlésienne)は、ドーデ戯曲。その上演のためビゼー1872年に全27曲の付随音楽を作曲しており、ここから編まれた2つの組曲が広く知られている。以下、このビゼーの音楽を中心に説明する。

あらすじ[編集]

南フランス豪農の息子フレデリは、アルルの闘牛場で見かけた女性に心を奪われてしまった。フレデリにはヴィヴェットという許嫁がいるが、彼女の献身的な愛もフレデリを正気に戻すことはできない。日に日に衰えていく息子を見て、フレデリの母はアルルの女との結婚を許そうとする。それを伝え聞いたヴィヴェットがフレデリの幸せのためならと、身を退くことをフレデリの母に伝える。ヴィヴェットの真心を知ったフレデリは、アルルの女を忘れてヴィヴェットと結婚することを決意する。2人の結婚式の夜、牧童頭のミティフィオが現れて、今夜アルルの女と駆け落ちすることを伝える。物陰からそれを聞いたフレデリは嫉妬に狂い、祝いの踊りファランドールがにぎやかに踊られる中、機織り小屋の階上から身をおどらせて自ら命を絶つ。

劇附随音楽[編集]

作曲期間が短く、また契約の関係で極めて小編成のオーケストラしか使えなかったため、作曲には大変苦労したという話が伝わっている。初演の評価は芳しくなかった。6年後に再演された時は大好評のうちに迎えられたが、その時すでにビゼーはこの世の人ではなかった。

楽器編成[編集]

フルート2、オーボエコーラングレ)1、クラリネット1、ファゴット1、アルト・サクソフォーン1、ナチュラルホルン1、ヴァルヴ・ホルン1、ティンパニプロヴァンス太鼓ピアノハルモニウム弦五部(第1ヴァイオリン4、第2ヴァイオリン3、ヴィオラ1、チェロ5、コントラバス2)、合唱

組曲[編集]

一般に知られているのは、演奏会用に劇付随音楽から数曲を選んだ組曲である。

第1組曲[編集]

第1組曲はビゼー自身が初演後すぐに組曲としたものである。

第1曲「前奏曲
劇音楽No.1 序曲から。3部構成。第1部の主旋律は、プロヴァンス民謡「3人の王の行列」に基づく。第2部のアルト・サクソフォーンによる旋律は、フレデリの弟の知的障害を表す動機によっている。第3部は、フレデリの恋の悩みを表している。
第2曲「メヌエット
劇音楽No.17 間奏曲から。
第3曲「アダージェット
劇音楽No.19 メロドラマの中間部から。
第4曲「カリヨン
劇音楽No.18 導入曲および No.19 メロドラマ前後部から。

第2組曲[編集]

第2組曲は、ビゼーの死後、友人エルネスト・ギローの手により完成された。ギローは管弦楽法に長けており、「アルルの女」以外の楽曲も加えて編曲した。

第1曲「パストラール
劇音楽No.7 導入曲および合唱から。
第2曲「間奏曲
劇音楽No.15 導入曲から。中間部のアルト・サクソフォーンによる敬虔な旋律は、『神の子羊』という歌曲としても歌われた。
第3曲「メヌエット
アルルの女といえば、この曲と連想されるほど有名な曲であるが、実はビゼーの歌劇『美しきパースの娘』の曲をギローが転用、編曲したものである。[1]フルートハープによる美しい旋律が展開される。
第4曲「ファランドール
劇音楽No.21 ファランドールから。プロヴァンス民謡「3人の王の行列」に基づく旋律とファランドールが組み合わされ、熱狂的なクライマックスを築き上げる。「ファランドール」の軽快な旋律は、民謡「馬のダンス」に基づく。

楽器編成[編集]

通常の二管編成(ただしサクソフォーンが加わる)に拡大され、金管楽器が大幅に追加されている。またハルモニウムは省かれ、ハープが追加されている。

フルート2(第2では持ち替えでピッコロ1)、オーボエ2(持ち替えでコーラングレ1)、クラリネット2、ファゴット2、アルト・サクソフォーン1、ホルン4(第2組曲の間奏曲では3・4番ホルンにヴァルヴ付きが指定されている)、コルネット2、トランペット2(省略可。ただしその場合、第1・第2組曲の2つのメヌエットにおけるトランペット・パートはコルネットで代用すること)、トロンボーン3、ティンパニ、スネアドラム(第1のみ)、シンバル、バスドラム、プロヴァンス太鼓(以上第2のみ)、ハープまたはピアノ、弦五部(第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス:それぞれ通常の人数)

備考[編集]

  • 本来は悲劇的な終末をむかえる戯曲であるにもかかわらず、組曲においては第1組曲とともに明るい曲調で曲を終えている。そのため、組曲がこの戯曲の展開を示すものではないことから、独立した管弦楽曲として捉える方が自然である。
  • 第1組曲、第2組曲とも、サクソフォーンをオーケストラで用いた楽曲としてはごく早い時期のもので、一般に知られる曲では最も古い。

外部リンク[編集]