パストラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パストラール英語:pastorale)またはパストラーレドイツ語:Pastorale)とは、牧歌的な性格を持った何某かの音楽を指し、次の二つに大別できる。

  • 羊飼いの音楽を模した、器楽曲あるいは声楽曲。
  • 16世紀の田園劇。

バロック音楽においてパストラールとは、イタリアのピッフェラーリによる伝統的なクリスマス音楽を連想させる、バスのドローンに合わせて奏でられる牧歌的な旋律をいう。このようなパストラールは通常6/8拍子か12/8拍子を採る。有名なパストラールに、コレッリの《クリスマス協奏曲》作品6-8、ヴィヴァルディの《四季》より「春」の終楽章、ヘンデルの《メサイア》のピッファロ楽章、バッハのオルガン曲《パストレッラ》BWV.590より第1楽章といった例がある。アレッサンドロ・スカルラッティのクリスマス・オラトリオには、パストラール楽章が含まれており、息子のドメニコ・スカルラッティはパストラール様式のソナタをいくつか遺した。

なお、早くも16世紀において、ビクトリアモテット《おゝ、大いなる神秘(ラテン語:O magnum Mysterium)》の後半部分(「アレルヤ」を連呼する箇所)でパストラールを用いている。

関連項目[編集]