コーラングレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コーラングレ コーラングレ
別称:コール・アングレ、
イングリッシュホルン
各言語での名称
cor anglais,
english horn
Englisches Horn,
Englischhorn
cor anglais
corno inglese
英国管(簡体字)
英國管(繁体字)
分類
音域
実音記譜
コーラングレの音域(実音)
関連楽器

コーラングレコール・アングレ、cor anglais)またはイングリッシュホルン(english horn)はダブルリード木管楽器の一種。オーボエと同族のF管楽器で、オーボエよりも低い音を出す。希にアルトオーボエ(alto oboe)と呼ばれることもある。

概要[編集]

コーラングレは、楽器の先端部(ベル)が、しばしば「洋梨のような形」と形容されるように、丸く膨らんでいるのが外観的な特徴である。名称は、元々この楽器の形状が湾曲していたこと(後述)から「曲がった角笛」を表す「コール・アングル」が誤って「イングランドの角笛」をあらわす「コール・アングレ」に転じたことに由来すると言われる。従って、フレンチホルンとはまったく関係がない。

コーラングレの原型となったオーボエ・ダ・カッチャ

J.S.バッハのころのバロック期後半に用いられたオーボエ・ダ・カッチャ(直訳では“狩りのオーボエ”の意)と呼ばれた楽器が原型である。これは管体が大きく湾曲しているのが特徴で、先端部にトランペットのような金属製の喇叭を取り付けたものもある。この名残で、19世紀ごろまで湾曲したり中央で折れ曲がった形状のコーラングレがあった(「ホルン」=角笛の名が付くのもオーボエ・ダ・カッチャの名残であろう)。なお、オーボエ・ダ・カッチャと同時代に、フランス語でテノール・オーボエを意味する「ターユ・ドゥ・オーボワ」(taille de hautbois)または「ターユ」と呼ばれる、同じF管の音域ながらまっすぐな管のオーボエ属の楽器も存在した。これが現在のコーラングレに最も近い。

オーボエと同じ指使いでオーボエより完全5度低い音が出る(つまり、楽譜上の記音「ド」(、C)の音を出すと、実際にはその下の「ファ」(、F)音が出る)。このため、オーボエ奏者が演奏しやすいよう、オーボエと同じ指使いの音を同じ音符で書く。従って、記譜された音から完全5度低く鳴るヘ調の移調楽器である。オーケストラではオーボエ奏者が持ち替えて演奏することが多い(ごく稀に、アルト譜表に実音で記譜されることがある)。

音域は2オクターブ半ほどである。ただし、オーボエの最低音変ロ(B♭)音に相当する音(実音で中央ハの下の変ホ(E♭))を持たない楽器も珍しくない。

その独特の牧歌的でエキゾチックな響きから、オーケストラにおいては独奏楽器的な扱い方も少なくない。基本的にはオーボエ奏者(性質上、2番奏者)が持ち換えるが、3管以上の編成では単独のパートとして書かれた楽曲も多い。ただし、交響曲に台頭して来たのはベルリオーズフランクなどのロマン派時代からが主であり、古典派で使われることは少なかった。

主なメーカー[編集]

  • ロレー F.Lorée (フランス)
  • リグータ Rigoutat (フランス)
  • マリゴ Marigaux (フランス)
  • ラウビン A. Laubin (アメリカ)

コーラングレが活躍する主な楽曲[編集]

独奏曲・協奏曲[編集]

管弦楽曲等[編集]

吹奏楽曲[編集]

その他[編集]