チェレスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェレスタ
別称:セレスタ
各言語での名称
Celesta
Celesta
Célesta
Celesta
チェレスタ
分類

鍵盤楽器

関連楽器
演奏者

チェレスタ(またはセレスタ、イタリア語:celesta)は体鳴楽器に分類される鍵盤楽器の1つ。パリの楽器制作家オギュスト・ミュステルが発明し、1886年に特許を得た。

概要[編集]

小型のアップライト・ピアノのような形態の楽器で、フェルト巻きのハンマーにより、共鳴箱付きの金属音板を叩いて高音域を発生させる楽器。この鍵盤により、鍵盤楽器に分類される。同様の構造をした楽器で鍵盤付きグロッケンシュピール(鉄琴)と呼ばれる楽器があり、こちらの方が歴史はずっと古く、モーツァルト魔笛で使用されているのが広く知られているが、ハンマーが真鍮象牙などでできているため、チェレスタの方が柔らかい音で、鍵盤付きグロッケンシュピールはきらびやかな音で、相互に代用すると間違ったことになってしまう。

音域は、ピアノ中央ハから上へ4オクターブが従来の標準であった。高音を担当する楽器であり、そのままでは加線やオクターヴ記号を頻繁に使わなくてはならなくなるため、1オクターヴ高い音が出る移調楽器として記譜される。しかしアルバン・ベルクがその作品『ヴォツェック』で誤って5オクターヴの楽器と勘違いして使用したことから、従来の4オクターヴよりも音域を広げて製作するメーカーも出始め、現在では5オクターヴや5オクターヴ半の音域を持つ楽器が主流になっている。5オクターヴの場合には、ピアノ中央ハよりすぐ下のファから、ピアノの最高音のドよりすぐ上のファまでの音域となり、5オクターヴ半の場合には、それよりも低いドまで出ることになる。これらを使用する作品においては、記譜が誤りでないことを表明するために「5オクターヴのチェレスタ」などとスコアに但し書きされる。

チェレスタのソロの為の作品は未だに少ないが、この楽器のみで即興演奏をする森ミドリのようなアーティストも存在する。ロバート・W・マンのチェレスタとピッコロの為の作品など、彼が使うチェレスタの楽器法は現在でも評判が高い。ボグスワフ・シェッフェルは最近になってチェレスタと室内オーケストラの為の協奏曲を書いた。チェレスタは今日ではシュトゥットガルトの楽器メーカーが行っている作曲コンクールなどによって、独奏楽器としての活用が大いに奨励される楽器へ変貌した。

使用楽曲の例[編集]

協奏曲[編集]

  • ホルンボー:リコーダー、弦楽器、チェレスタとヴィブラフォンのための協奏曲 作品122/M.276(1974)

管弦楽曲[編集]

  • チャイコフスキー:バレエ曲『くるみ割り人形』 第2幕の最初の曲から音楽に彩りを添え、『こんぺいとうの踊り』では美麗なソロを披露。
  • チャイコフスキー:交響的バラード『地方長官』 あまり知られていないが、『くるみ割り人形』と共に、チャイコフスキーがチェレスタの能力を見事に活かしたといえる作品。
  • マーラー交響曲第6番 当時の大交響曲にしては珍しく、チェレスタが音楽表現上、非常に重要な役割を演ずる曲。二人の奏者で演奏されることが多い。
  • マーラー:『大地の歌』 ハープ、マンドリン、チェレスタが重要な役割を演ずる曲であると渡辺譲が述べている。
  • バルトーク弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 タイトルにチェレスタとあるが、実は題名にないピアノの方がより活躍する。
  • ショスタコーヴィチ交響曲第4番 終楽章のラストに長いソロがある。この曲の謎めいた終局はチェレスタという楽器がなければ成り立たない。彼は第5、6、11、13 - 15番でも、チェレスタに非常に印象的な出番を与えており、特に第13番はチェレスタのソロで全曲を閉じるし、第15番でも偶数楽章に短いながらもソロを含んでいる。
  • グローフェ:組曲『グランド・キャニオン』 第3曲『山道を行く』の終盤、山小屋から響くオルゴールを表すとされる華麗なソロがある。また、第1曲『日の出』、第4曲『日没』でも地味ながら曲に彩りを添えている。
  • ホルスト:組曲『惑星』 宇野功芳が、ハープ、チェレスタ、鐘などの活かしたかたが素晴らしいと著書にて述べている。

オペラ[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]

  • Celesta - YouTube(静止画スライドによる英語解説。投稿日: 2007年6月25日)
  • Jenco Celeste - YouTube(携帯用によるデモンストレーション。投稿日: 2007年8月13日)

主なメーカー[編集]