ユーフォニアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーフォニアム
別称:ユーフォニウム
各言語での名称
euphonium
Euphonium (Euphonion, Bariton, Kaiserbariton)
euphonium (saxhorn basse)
eufonio (flicorno basso)
上低音号
ユーフォニアム
ユーフォニアム
分類

金管楽器

関連楽器
演奏者

後述

ユーフォニアムユーフォニウムとも、: euphonium)は金管楽器の一種。一般的にB♭管で、幾重かに巻かれた円錐管と、通常4つのバルブ(弁)を持つ。音域はテナーやテナー・バスのトロンボーンとほぼ同じであるが、それよりも幾分か柔らかく丸みのある音色を奏でる。主な活躍の場は金管バンド英国式ブラスバンド)、ファンファーレバンドと吹奏楽であるが、オーケストラにおいてもテナー・チューバなどとしてスコアに指定される事がある(チューバも参照)。

ユーフォニアムのマウスピースは多くのメーカーでカタログ上トロンボーンと共通に扱われているが、トロンボーンのものよりややカップの深い物が好まれる。

各国には、ユーフォニアムとほぼ同じ役割を担うものの、音色、形状、バルブシステムなどの異なる楽器が存在し、これら全てを統括したグローバルスタンダードな名称は、今のところ存在しない。従って、これらの楽器は、個々においてはその本来の名称を使い、日本において一纏めに呼ぶ必要がある時は、便宜上「ユーフォニアム」と呼ぶのが、今のところは妥当である(例:次項の「各国のユーフォニアム」「ユーフォニアムの歴史」のように)。

各国のユーフォニアム[編集]

サクソルン・バス
(ドイツ式)バリトン
カイゼルバリトン
バリトン・ホーン

日本のユーフォニアムの役割に相当する各国の楽器には大きく3つのタイプが現存し、各国で用いられている。

ユーフォニアム(euphonium)
日本イギリスアメリカなどで普通に用いられている、ピストン・バルブを備えた、中低音域を担うB♭管の楽器。各国各地のバリトン音域の金管楽器が融合して、20世紀前半のイギリスで現在の形状に落着いた。
サクソルン・バス(saxhorn basse)
フランスにおいて、サクソルン属のバスとして発展した楽器。3本〜6本ピストンのアップライト(上向き)のベルを持つ楽器で、日本でも戦前・戦中の軍楽隊において、「ユーフォニオン(海軍)」「プチバス、小バス(陸軍)」として用いられた。現在も、フランスのクルトワ(Courtois)社によって新しいモデルが開発され続けている。6本のピストンを備えたC管のサクソルン・バスは「フレンチ・チューバ」とも呼ばれ、1970年頃まで、主にフランスのオーケストラで用いられた。
(ドイツ式)バリトン、カイゼルバリトン(Bariton, Kaiserbariton 古くはBaryton, Kaiserbaryton)
別掲の「テノールホルン」と共に、ドイツ中欧東欧でユーフォニアムの役割を担う楽器。バルブはロータリー式を採用。管体はいずれも卵形またはチューバ型で、カイゼルか否かはボアの広がり方によるため、見分けがつきにくい。後述のアメリカのバリトン・ホーン、イギリスのバリトンとは別の楽器。このように、バリトンという名称は、国や地域によっては別の楽器を指すことがあり、混乱を招き易い。対策としては、例えば「ドイツ式バリトン」というように、使用される主な地域名をつけると判り易くなる。

この他、以下のような楽器もある。

バリトン・ホーン(アメリカ)(baritone horn)
かつてのアメリカでは、初期のサクソルンに代わり、現在のユーフォニアムよりも若干管径が細い楽器が開発され、バルブが3本であれば「バリトン・ホーン」(baritone horn)、4本以上であれば「ユーフォニアム」(euphonium)と呼ばれた。出版譜におけるパート名は、いずれの楽器を用いようとも「バリトン」(baritone)に統一されている。現在のアメリカの吹奏楽では、イギリスや日本で使われるようなユーフォニアムが一般的に用いられるが、ジャズ・コンボや、ドイツの小編成バンドでは、今もバリトン・ホーンが好んで使われている。

ユーフォニアムの楽曲[編集]

ユーフォニアムの音色は、トロンボーンやホルンにも似ているためか、一般的にはよく知られていない。ユーフォニアムの音色がよく感じられる代表的な作品には、以下のようなものがある。

グスターヴ・ホルスト吹奏楽のための第2組曲ヘ長調〜第1曲「行進曲」
吹奏楽曲。きびきびとしたリズムが奏でられる中に、ユーフォニアムの朗々とした長いソロがある。
第4曲「『ダーガソン』による幻想曲」にもソロがある。
ケネス・アルフォード:行進曲「ボギー大佐
吹奏楽曲。全編で大らかな対旋律を奏でる。各国のユーフォニアムに相当する楽器も、行進曲において対旋律を奏でることが多い。
フィリップ・スパーク:「祝典のための音楽」
ブラスバンド曲。
リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ
管弦楽曲。テノール・テューバ(ユーフォニアムとテナーチューバ」参照)の指定。ドン・キホーテの腹心、サンチョ・パンサのキャラクターをヴィオラバスクラリネットと共に演じる。
モデスト・ムソルグスキーモーリス・ラヴェル編曲:組曲「展覧会の絵」〜「ビドロ」
管弦楽曲。ラヴェルの指示ではテューバとなっているが、高音域が続くこのソロのみ、ユーフォニアムで演奏されることも多い(詳細は「ユーフォニアムとテナーチューバ」参照)。
フィリップ・スパーク:「パントマイム」
ユーフォニアム独奏曲(伴奏はピアノ又はブラスバンド)。

ユーフォニアムの歴史[編集]

ユーフォニアムは、ヴァイマルのコンサートマスターであったフェルディナント・ゾンマー(Ferdinand Sommer)が自身専用のソロ楽器として発案したゾンメロフォン(Sommerophone)を元に、改良が加えられ、一般に使われるようになった。[1]元々はオイフォニオン(Euphonion)と呼ばれたが、この名前はギリシア語の“euphonos”「良い響き」(eu=良い、phone=響き)に由来する。[2]

ユーフォニアムとチューバの分離[編集]

ゾンマーのゾンメロフォンが登場する以前は、セルパンやバスホルン、オフィクレイドなどが金管低音の役割を担ってきた。1835年に、プロイセンの軍楽隊長だったW.ヴィープレヒトの要請を受けて、C.モリッツによってF管のアップライトベル、フロントピストン式バスチューバ(Basstuba)が作られた。続いて1837年には、それよりも小型のB♭管のアップライトベル、フロントピストン式テノールチューバ(Tenortuba)が作られた。こうして、金管の低音域をバスとテナーという別々の楽器で演奏するようになり、前者がバスそしてコントラバスチューバへと発展し、後者がユーフォニアムへと発展していった。[3]

ソロ楽器としての発展[編集]

1843年にゾンマーは、モリッツのテノールテューバやその後各地で作られた同じような楽器を元に、ゾンメロフォンという楽器を発案する。これはゾンマー自身がソロを演奏するために発案したものである。1851年のロンドン万国博覧会にて、アルバート公を始めとするイギリス王族の御前で、オルガンを伴奏に、ゾンマーがこのゾンメロフォンを用いてソロ・リサイタルを開催した記録が残っている。[4] そのリサイタルのスケッチ(ゾンマーがゾンメロフォンを演奏している)はVictoria and Albert Museumにて見ることができる。この楽器は、C.モリッツの製作したテノールチューバと同じような、細いチューバ型であった(ただし、バルブはロータリー式)。[5]

ゾンメロフォンが完成した翌年の1844年、ゾンメロフォンを製作したウィーンのフランツ・ボック(Franz Bock)とフェルディナント・ヘル(Ferdinand Hell)が、それぞれゾンメロフォンを改良させた「Euphonion」「Euphonium」という楽器を作った(いずれもバルブはロータリー式)。特にボックが作った「Euphonion」(オイフォニオン)は、バルブこそロータリー式であるが、現在のユーフォニアムに近い太い楽器であり、その音色は「オーケストラのチェロに匹敵する」と、ボック自身が特許出願の際に記している。[6]この楽器は、後にチェルヴェニー(Cerveny)社(現チェコのメーカー)からも「オイフォニオン」として一般向けに製造販売されるに至った[7]。19世紀中頃に登場した「オイフォニオン」が実際に楽曲に使われた例としては、ブルックナーの「行進曲 変ホ長調」(1865年作曲)が挙げられる。

サクソルン族「バス(Basse)」からの発展[編集]

こうした流れとは別に、ベルギーでは1843年にアドルフ・サックスが、高音域から低音域までを同一の音色でカバーする一連の金管楽器「サクソルン」を製作し、1845年に特許を取得した。現在のユーフォニアムは、このサクソルンのバス(Basse)のスタイル(アップライトベル、アップライトピストン)を踏襲している。[8]

総括[編集]

ユーフォニアムは、セルパンやバスホルン、オフィクレイドの高音域を担うために生まれてきた楽器や、またサクソルン一族のバスとして生まれた楽器などが元になっている。そして、ゾンマーによる発案と彼自身の演奏活動をきっかけに、ソロを担う楽器として、またオーケストラのチェロのような役割を担う楽器として改良が加えられ、現在の形状と音色とに至ったのである。なお、現在の一般的なユーフォニアムの形状は、1890年代のイギリスのブージー社(Boosey & Co.)製のユーフォニアムとほとんど変わらない。この画像は歴史的楽器展示室にて見ることができる。

日本におけるユーフォニアムの歴史[編集]

日本におけるユーフォニアムの歴史は、明治3年(1870年)にイギリスよりユーホーニオンが到着した事により始まった。[9]日本人初のユーフォニアム奏者は、明治2年(1869年)に薩摩藩によって集められた軍楽隊の伝習生、尾崎惟徳[10](平次郎[11])であった。軍楽隊の伝習生は、当初イギリス式教育を受けたが、明治3年に陸海軍が分離された後、海軍軍楽隊はイギリス式教育(後にドイツ式教育)、陸軍軍楽隊はフランス式教育を導入した[12]ため、ユーフォニアムに相当するパートに関しては、海軍では「ユーフォニオン、バリトン」[13]、陸軍では「プチバス[14]、小バス[15]」等と様々な名称で呼ばれていた。遺されている多くの画像によれば、いずれも主にフランス式の楽器(サクソルンバス)が使われていたことがわかる[16][17]が、一時期の海軍や音楽学校、各種音楽隊、学校教育における吹奏楽部などでは、指導者の方針により、ドイツ式バリトンや(小バスではない)ユーフォニアムなども使われていた。[18]

第二次世界大戦敗戦後に米国より導入されたスクールバンドの普及により、現在、日本においては名称は「ユーフォニアム(ユーフォニウム)」に定着し、楽器もイギリスで発展したピストン式のユーフォニアムが一般的になっている。

おおよそ1960年代からユーフォニアムを専門とする演奏家が活躍を始めた。[19]その後、ユーフォニアム部門のコンクール開催や海外演奏家の来日等により、専門家としての能力と指導力を身につけたユーフォニアム奏者達は、続々と音楽大学の講師として赴任し、日本の演奏家による国外での活躍も見られるようになった。[20]

ユーフォニアムとテナーチューバ[編集]

オーケストラのスコアに、テナーチューバのパートが設けられていることがある。これは作曲者がユーフォニアム、ドイツ式のバリトン、B♭管のワグナーチューバなどを想定して設けるパートであり、作曲者がどの楽器を想定してこのパートを設けたかは、記譜や他楽器からの持替え指定、作曲年代、曲想などにより判断されている。現在、ユーフォニアムやドイツ式のバリトンで演奏される楽曲に、リヒャルト・シュトラウスの『英雄の生涯』、『ドン・キホーテ』、ホルストの『惑星』、ヤナーチェクの『シンフォニエッタ』などがある。

フレンチ・チューバ

ラヴェル編曲の『展覧会の絵』(原曲はムソルグスキー作曲のピアノ曲)にはチューバのパートが設けられているが、当時のチューバはユーフォニアムに近いフランス式の楽器(フレンチ・チューバ)であったとして、高音域が続く「ビドロ」のソロのみ、しばしばユーフォニアムで演奏される。

日本においてはピストン式のバルブを持つ楽器を「ユーフォニアム」、ロータリー式を「テナーチューバ」と区別する場合がある。しかしその結果、「テナーチューバ」はパート名であるにもかかわらず、オーケストラで使用される「楽器」である、という誤解が生じる原因となっている。

オーケストラにおいては、前述のような「テナーチューバ」のパートの他に、マーラー交響曲第7番では「テノールホルン」の指定があり、ショスタコーヴィチのバレエ音楽「黄金時代」は「バリトン」の指定、レスピーギの「ローマの松」では「フリコルノ・バッソ」の指定がされている。

ユーフォニアムと音域が近い楽器[編集]

バリトン
テノールホルン
フリコルノ・バッソ(左)とテノーレ(右)
バリトン(フランス、イギリス)(: baritone: baryton)
サクソルン属のバリトン。フランスやイギリスで、ピストン・バルブを備えていて細身のB♭管の楽器を「バリトン」(baritone)と呼ぶ。同じサクソルン属のバスや、一般に使われるユーフォニアムよりもずっと管が細く、現在はフランスのファンファールや英国式金管バンド(ブラスバンド)で使用されている。
テノールホルン(ドイツ)(: Tenorhorn
ドイツや中欧・東欧では、ロータリー・バルブを備えていて、ユーフォニアムよりもやや管の細いB♭管の楽器を「テノールホルン」(Tenorhorn)と呼ぶ。元々はトランペット型でテノール音域の楽器だったが、次第にトランペット型から、卵形やチューバ型に移行したようである。別掲のドイツの「ドイツ式バリトン」や「カイザーバリトン」と同じ外観だが、これらに比べてベルの直径は小さく、管の内径は細めである。便宜上、イギリスのバリトン(baritone)と同じ種類の楽器と見なされる場合が多いが、テノールホルンの管はイギリスのバリトンよりももっと太く、その役割はむしろユーフォニアムに近い。マーラー交響曲第7番「夜の歌」にはテノールホルンのパートがあり、冒頭から荘厳なソロを奏でる。
なお、イギリスで「テナーホルン(テナーホーン)」(tenor horn)と呼ばれる楽器(日本やアメリカでは「アルトホルン」(: alto horn: Althorn)とも呼ばれる)は、4度高いサクソルン属のE♭管の楽器である。両者は英語圏においても時折混同されることがあるため、「B♭管」「E♭管」と調を付け加えるなどして区別されることもある。
フリコルノ・テノーレ(イタリア)(: flicorno tenore
英国でバリトンと呼ばれるピストン式の楽器、またドイツでテノールホルンと呼ばれるロータリー式の楽器の、イタリアでの名称。時代や地域によって、ピストン式、ロータリー式、トランペット型、チューバ型など、様々な楽器が製作され、用いられてきた。レスピーギの「ローマの松」では、フリコルノ・バッソ(ドイツでバリトンと呼ばれる楽器に相当)と共にブッキーナ(バンダ)としてこの楽器の指定がある。

様々な形態のユーフォニアム[編集]

ダブル・ベル・ユーフォニアム(ツイン・ベル・ユーフォニアム)
2つ以上の楽器の役割を1つにまとめた楽器を意味する「複合楽器」(duplex)として考案されたユーフォニアム。ユーフォニアム本来のベルとトロンボーンのような小さいベルの2つのベルを持った楽器。バルブによって音の出るベルを切り替えることができる。
マーチング・ユーフォニアム
マーチングやパレードで使用され、ベルが正面を向いている楽器。古くはベルだけを曲げたものが使われたが、現在ではトランペットのように両手で楽器を支えるタイプのものと、本体を肩に担ぐタイプのものがある。肩に担ぎベルが後方に向くタイプは米国の南北戦争時に出現、行軍に使用された。
アップライトベル、フロントベル
体の前で構えるタイプの楽器で、ベルが上方に向いているタイプをアップライトベルというが、これに対しベルが前方に曲がっているタイプをフロントベルという。フロントベル・タイプは音が前方に向かうため、マーチングに用いられた他、レコーディング向きであるともされ、広く用いられていた。

日本国内で主に使用されるユーフォニアムの大手メーカー[編集]

日本、英国、米国、ドイツ、チェコ、フランス、スイス、イタリア、中国台湾等の楽器メーカーがユーフォニアムを製造している。

日本において比較的購入し易い代表的なメーカーが以下の3社である。各社とも音色・操作面において明確なオリジナリティを有するため、購入者によって好みが大きく分かれる。

Besson(ベッソン)
イギリスのメーカー。その歴史は古く、ブージー(Boosey)社(コンペンセイティングシステムを開発導入、現在のユーフォニアムの形状を確立させた)に始まり、競合するホークス(Hawkes)社、最後にベッソン(Besson)社が加わって、現在のBessonブランドが確立された。長らくブージー・アンド・ホークス社のブランドであったが、現在は同社から離れ、ビュッフェ・クランポングループに属している。現在各メーカーで製造されるユーフォニアムの多くが、このBessonのモデルをベースにしている。古きよき味わいを持つ音色からモダンな響きまで、どの編成の用途においても幅広く利用できる。主な販売機種に「Sovereign」シリーズ、最高ランクに「Prestige」シリーズがある。著名な使用者はスティーヴン・ミード、三浦徹、木村寛仁、外囿祥一郎など。
Willson(ウィルソン)
スイスのメーカー。アメリカの技術者と奏者が開発に携わっている。手作業による製作工程で、音のブレが少なく、持ち易い。安定した吹奏感を作るために、全般的にS字形状のカーブが少なく、ストレートな管の作りが特徴。2900(標準ベル)、2910(ラージベル)の2シリーズが主力モデルであるが、日本市場を主に、インナーベルゴールドやゴールドプレートといった外国ではあまり見られない機種が存在する。著名な使用者はブライアン・ボーマンなど。
YAMAHA(ヤマハ
日本のメーカー。日本人向けの安定した設計により、国内のスクール・バンドにおいては最多シェアを誇る。初のカスタムモデルとなった「YEP-842S」がリリースされ、ベッソン、ウィルソンと肩を並べるメーカーとなった。近年ではイギリスのブラスバンドのユーフォニアム奏者も好んで使用している。著名な使用者はアダム・フライなど。

ユーフォニアムを演奏する人物[編集]

国内[編集]

海外[編集]

  • アダム・フライ(アメリカ)
  • アントニー・カイエ(サクソルンパス)(フランス)
  • イヴォン・ミリエ(フランス)
  • エルンスト・ヒュッター(テノールホルン、トロンボーン)(ドイツ)
  • グレン・ヴォンローイ(ベルギー)
  • ジャン・ピエール・シェヴァリエ(ユーフォニアム、トロンボーン)(スイス)
  • ジョン・ミューラー(アメリカ)
  • スティーブン・ミード(イギリス)
  • デイヴィッド・チャイルズ(ユーフォニアム、トロンボーン)(イギリス)
  • デヴィッド・ソーントン(イギリス)
  • デモンドレ・サーマン(アメリカ)
  • デリック・ケイン(イギリス)
  • トーマス・リュエディ(スイス)
  • ニコラス・プァイフル(ドイツ式バリトン、トロンボーン)(ドイツ)
  • ニール・コウエル(アメリカ)
  • フィリップ・フリッチュ(サクソルンバス)(フランス)
  • ブライアン・ボーマン(アメリカ)
  • マイク・キルロイ(イギリス)
  • マット・トロップマン(アメリカ)
  • マンフレッド・ハイドラー(ドイツ式バリトン)(ドイツ)
  • モーガン・グリフィス(イギリス)
  • ユッカ・ミュリス(フィンランド)
  • リキ・マクダネル(ニュージーランド)
  • リンドン・バグリン(イギリス)
  • レオナルド・ファルコーネ(アメリカ式バリトンホーン)(アメリカ)
  • ロジャー・ベーレンド(アメリカ)
  • ロバート&ニコラス・チャイルズ(チャイルズ兄弟)(イギリス)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 楽水会編 海軍軍楽隊, 国書刊行会, 1984
  • 小山作之助 國歌君が代の由來, 小山真津, 1941
  • 阿部勘一他 ブラスバンドの社会史, 青弓社, 2001
  • 山口常光 陸軍軍楽隊史, 三青社, 1968
  • 大石清 テューバかかえて, 音楽之友社, 1999
  • 三浦徹 うまくなろう! ユーフォニアム, 音楽之友社, 1999
  • Apel, Willi (1969). Harvard Dictionary of Music. Cambridge:: Belknap Press of Harvard University Press, 1972
  • H.N. White/King catalog (Baritone/Euphonium) (1963)
  • Baritone History, North Dakota State University, at http://www.nd.edu/~baritone/history.html
  • Bone, Lloyd E., The Euphonium Sourcebook, University of Indiana Press, 2007 edition
  • Bouldersdome, H. J., The Late Mr. A. J. Phasey, The British Bandsman, November 1888, Derby, England
  • Roy Newsome, The Modern Brass Band: From the 1930s to the New Millennium, Ashgate Publishing, Ltd., 2006 ISBN 0-7546-0717-8.
  • Bierley, Paul A., The Incredible Band of John Philip Sousa, Board of Trustees of the University of Illinois, Urbana, IL. 2006
  • Lehman, Arthur, A Quick Analysis of Simone Mantia's Artistry On the Euphonium, 2008
  • Schudel, Matt (2009-06-28). "Arthur W. Lehman, 91, Retired Sergeant Played Euphonium With the Marine Band". The Washington Post
  • Morin, Alexander J., Classical music: the listener's companion, Backbeat Books, SanFrancisco CA, 2002
  • Brian Bowman Euphonium, The Instrumentalist, Volume 63, 2008

脚注[編集]

  1. ^ Clifford Bevan The Tuba Family 2nd edition, Winchester: Piccolo Press, 2000, p.221
  2. ^ Clifford Bevan The Tuba Family 2nd edition, Winchester: Piccolo Press, 2000, p.221
  3. ^ Anthony Baines BRASS INSTRUMENTS New York: DOVER PUBLICATIONS, INC. 1993, p.250-252
  4. ^ Lytton Strachey Queen Victoria, London: Chatto & Windus, 1921
  5. ^ Lloyd E. Bone Jr. 他 Guide to the Euphonium Repertoire Bloomington & Indianapolis: Indiana University Press, 2007, p.8
  6. ^ Herbert Heyde Das Ventilbrasinstrument, Wiesbaden: Breitkopf & Härtel, 1987, P.217-219, 298
  7. ^ 1853年発行のCerveny社のカタログより
  8. ^ Anthony Baines BRASS INSTRUMENTS New York: DOVER PUBLICATIONS, INC. 1993, p.253-258
  9. ^ 楽水会編 海軍軍楽隊, 国書刊行会, 1984, P.10
  10. ^ 小山作之助 國歌君が代の由來, 小山真津, 1941, P.87
  11. ^ 楽水会編 海軍軍楽隊, 国書刊行会, 1984, P.10
  12. ^ 阿部勘一他 ブラスバンドの社会史, 青弓社, 2001, P.91-94
  13. ^ 楽水会編 海軍軍楽隊, 国書刊行会, 1984, P.237, 266-271
  14. ^ 阿部勘一他 ブラスバンドの社会史, 青弓社, 2001, P.163
  15. ^ 山口常光 陸軍軍楽隊史, 三青社, 1968, P.159
  16. ^ 楽水会編 海軍軍楽隊, 国書刊行会, 1984,
  17. ^ 山口常光 陸軍軍楽隊史, 三青社, 1968,
  18. ^ 大石清 テューバかかえて, 音楽之友社, 1999, P.49, 61, 98
  19. ^ 三浦徹 うまくなろう! ユーフォニアム, 音楽之友社, 1999, P.76
  20. ^ 三浦徹 うまくなろう! ユーフォニアム, 音楽之友社, 1999, P.76-79

外部リンク[編集]