ファーディ・グローフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファーディ・グローフェ

ファーディ・グローフェ(Ferde Grofé, 1892年3月27日ニューヨークシティ - 1972年4月3日カリフォルニアサンタモニカ) はアメリカの作曲家ピアニスト、およびアレンジャー。本名はファーディナンド・ルドルフ・フォン・グローフェ(Ferdinand Rudolph von Grofé)。

クラシック音楽家の家に生まれた。父親はバリトン兼俳優、母親はチェロ奏者で音楽の教師だった。14歳のときに家を出て、牛乳屋、トラックドライバー、新聞の売り子、エレベーター係、製本屋の助手、バーのピアニスト、蕃奏者などの仕事を転々とした。ヴァイオリンピアノを学んで、15歳の時にはダンスバンドに参加していた。またブラスバンドでアルトホルンを担当していた。

1920年から1933年まで、彼は、ポール・ホワイトマン・オーケストラでアレンジの仕事を行った。特に有名なのが、ジョージ・ガーシュウィンラプソディ・イン・ブルーのオーケストレーションである。さらにシンフォニック・ジャズのスタイルのオリジナル作品を作った。

その後ジュリアード音楽院に指揮者兼教員として雇われ、管弦楽編曲を教えた。

バークリー音楽大学の教授 Jerry Gates は「コードネームはファーディ・グローフェとジェリー・ロール・モートン(1890-1941)により発案されたと聞いている」と述べている[1]

主な作品[編集]

日本でも音楽の教科書にも記載されている、グローフェの代表作。
日本では曲の一部が『アメリカ横断ウルトラクイズ』に使われていたため、タイトルを知らなくても曲は聴いたことのある人が多い。
  • ハリウッド組曲
  • ナイアガラ瀑布組曲
  • ブロードウェイの夜
  • 鋼鉄の交響曲
  • ピアノ協奏曲ニ短調
  • デス・ヴァレー組曲
  • 大西洋横断
  • 航空組曲
  • 万国博覧会組曲

出典[編集]

  1. ^ Gates, Jerry (2011年2月16日). “Chord Symbols As We Know Them Today – Where Did They Come From?” (英語). バークリー音楽大学. 2013年10月13日閲覧。