シロフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
教育用シロフォン

シロフォン(ザイロフォン)は、木製の音板をもつ鍵盤打楽器で、いわゆる木琴の一種。日本でシロフォンと言った場合は一般にコンサート用シロフォンのことを指していう。木製の音板をピアノの鍵盤と同じ順番に並べた打楽器であり、体鳴楽器に分類される。同じ木琴であるマリンバよりも、高く硬い音がする。

  • : xylophone(ザイロフォーン)
  • : Xylophon(クシュロフォーン)
  • : xylophone(グジロフォヌ)
  • : xilofono, silofono(クシロフォノ、シロフォノ)

コンサート用シロフォン[編集]

コンサート用シロフォン(左)とマリンバ

音板の材質にはローズウッドシタンカリンのような堅い木材が用いられる。音板の下にマリンバ同様の共鳴管が取り付けられている。近年では繊維強化プラスチック (FRP) を使用した音板も用いられる。

音域は中央ハの半オクターブ上の(F)から3オクターブ半である。いくつかのメーカーは4オクターブの物を製造しており、最初に4オクターブタイプを楽譜に指定したのはピエール・ブーレーズである。楽譜には1オクターブ低く書かれる(楽譜より1オクターブ高い音が出る)ため、移高楽器に分類される。

マレット枹・ばち)で叩いて演奏するが、打部の材質によって音色の変化が得られる。打部には、木、ゴムプラスチックが用いられ、時にマリンバやヴィブラフォンに用いるような毛糸巻きのものも使われる。毛糸巻きのマレットは、柔らかい音がする。マリンバやヴィブラフォンのようにマレットを4本用いて演奏することは基本的に無く、通常はグロッケンシュピールと同様にマレット2本(片手に1本ずつ)を用いて演奏する。

譜面上の略記[編集]

  • Xylo. Xyl. Xyloph. 等

著名なシロフォン奏者[編集]

  • 平岡養一(1907-1981):日本の木琴界の創始者のひとりと言われている。
  • 岩井貞雄stub):上海で大スターだったと言われている。

シロフォンの用いられる有名作品[編集]