オフィクレイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バス・オフィクレイド 左B管10鍵、右C管11鍵

オフィクレイド(Ophicleïde)は、キー式ビューグル属に属する低音金管楽器である。

解説[編集]

オフィクレイドはフランスの楽器製作者アラリ(Jean Hilaire Asté)が1817年に考案し、1821年に特許を取得した。長い管はファゴットのように中央で折れ曲がり、サクソフォーンのように9〜12のキーが付いていて(実際には逆にサクソフォーンがオフィクレイドを模して発明されたとも言われる)、管体の側面に開いた音孔を開閉する。アルト、コントラルト、バス、コントラバスの各種があり、約3オクターブの音域を持つ。

オフィクレイドはスポンティーニのオペラ『オリンピア』(1819年)で初めて用いられ、以後ロマン派時代のオーケストラにおいて金管楽器群の基礎を担い、時代遅れとなったセルパンに取って代わった。その後、次第にチューバが主流となったが、イタリアスペインフランスなどでは主に軍楽隊で20世紀初頭まで用いられていた。有名な楽曲では、メンデルスゾーン『夏の夜の夢』序曲と劇付随音楽ベルリオーズの『幻想交響曲』などで用いられている。ワーグナーは歌劇「さまよえるオランダ人」を作曲した当初はオフィクレイドを編成に加えていたが、後にチューバへと書き換えている。

現在、オフィクレイドが指定されている楽曲を演奏する場合、ごくまれにオフィクレイドを忠実に使用する場合もあるが、大抵はチューバで代用される。ただ、音域が比較的高いため、また音色や他の楽器とのバランスなどの兼ね合いから、B♭管やC管、E♭管のテューバよりもF管のチューバ、あるいはユーフォニアムを使用するのが好ましいとされる。

関連項目[編集]