オフィクレイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バス・オフィクレイド 左B管10鍵、右C管11鍵

オフィクレイド(Ophicleïde)は、キー式ビューグル属に属する低音金管楽器である。

解説[編集]

オフィクレイドはフランスの楽器製作者アラリ(Jean Hilaire Asté)が1817年に考案し、1821年に特許を取得した。管はファゴットのように中央で折れ曲がり、サクソフォーンのように9〜12のキーが付いていて(実際には逆にサクソフォーンがオフィクレイドを模して発明された)、管体の側面に開いた音孔を開閉する。一般にオフィクレイドと呼ばれている楽器は、トロンボーンユーフォニアムと同じ全長のB♭管、またはC管で、トロンボーンやユーフォニアムよりやや口径の小さいマウスピースを用い、約3オクターブの音域を演奏する。これをバス・オフィクレイドとして、他にアルト、コントラルト、コントラバスなどのオフィクレイドも造られた。

オフィクレイド(バス・オフィクレイド)はスポンティーニのオペラ『オリンピア』(1819年)で初めて用いられ、以後ロマン派時代のオーケストラにおいて金管楽器群の低音部を担っていたが、次第にチューバが主流となった。イタリアスペインフランスなどでは主に軍楽隊で20世紀初頭まで用いられていたが、その後サクソルンが主流となった。有名な楽曲では、メンデルスゾーン『夏の夜の夢』序曲と劇付随音楽(ただし、メンデルスゾーンの自筆譜にはバスホルンが指定されている)、ベルリオーズの『幻想交響曲』などで用いられている。ワーグナーは歌劇「さまよえるオランダ人」を作曲した当初はオフィクレイドを編成に加えていたが、後にチューバへと書き換えている。

オフィクレイドの音色は、そのバリトン・サキソフォーンのような外観や、音孔が管体の随所にあることから、粗野で音量に乏しいものと連想されがちであるが、実際はユーフォニアムのような音色と、当時のオーケストラの中での役割としては十分と思われる音量を兼ねそろえている。ただし、低音域は第一倍音で奏されるため、ユーフォニアムのペダルトーンのようなやや荒い響きになりやすい。

現在、オフィクレイドが指定されている楽曲を演奏する場合、ごくまれにオフィクレイドを忠実に使用する場合もあるが、大抵はチューバで代用される。ただ、音域が比較的高いため、また音色や他の楽器とのバランスなどの兼ね合いから、B♭管やC管よりも、E♭管やF管のチューバ、あるいはユーフォニアムを使用するのが好ましいとされる。また、現代では後述のヴァルヴ式オフィクレイドのような楽器も開発されている。

主要メーカー[編集]

オフィクレイドを製造していたメーカーは上記のアラリの他、主だったところでは、ゴートロ(Gautrot)、ケノン(Couesnon)などがある。また、アドルフ・サックスや彼の父親も製造していた。生産は20世紀初頭に途絶えたが、21世紀になって現代のチューバ奏者が演奏しやすいよう、チューバのマウスピースを用いたF管のヴァルヴ式オフィクレイドのような楽器がドイツのズィーレ(Syhre)で開発され、「Ophikleide」という名称で販売されている。また、2014年には、かつてのバス・オフィクレイドそのものを復刻させた楽器が、イギリスのウェセックス・テューバ(Wessex Tubas)や日本のプロジェクト・ユーフォニアム(PROJECT EUPHONIUM)から販売されるようになった。

現代の奏者[編集]

  • Nick Byrne(シドニー交響楽団 トロンボーン奏者)
  • Roland Szentpali(ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団 首席テューバ奏者)
  • Patrick Wibart(Quatuor Opus 333 バスサクソルン奏者)
  • 佐伯茂樹(東京ヒストリカルブラス 古楽器奏者、音楽評論家)

関連項目[編集]