カリンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛知万博で日本館が作成したアースサウンド・カリンバ。棒の途中の金属の環がさわりの役割をする。
横から見たアースサウンド・カリンバ

カリンバ(KalimbaまたはCalimba)とは、箱に並んだ細い金属棒を弾いて演奏するアフリカ楽器[1]サムピアノ(thumb piano)[1]あるいはハンドオルゴール[1]ともいう(他の名称については#名称を参照)。

板や箱の上に並んだ鉄や竹の棒を親指の爪ではじいて演奏する。形状も作る人によって様々で、並んでいる棒の数すら決まっていない。棒の部分に金属片が付けられたり、箱にビンのふた等が付けられたりして、振るだけでも鳴るものもある。

オルゴールのルーツとも言われている[1]

名称[編集]

親指ピアノの名称は地域によって異なり、リンバやムビラ(ンビラ)、デングー、リケンベ、サンジ、サンサ、マリンバ等アフリカの多くの地域で普及している。楽器の分類上では、ラメラフォーンが総称だが、カリンバという商品名が世界で普及したため、これが通称として知られることになる。

カリンバはアース・ウィンド・アンド・ファイアーモーリス・ホワイトが愛用している楽器でもあり、彼のプレイで世界的に知られることになる。彼はまたカリンバ・エンタテインメントというセルフ・プロダクションを設立している。

メディア[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 楽器紹介 JEI ONE

関連項目[編集]

  • BUN 日本人のカリンバ奏者

外部リンク[編集]