黛敏郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黛 敏郎
1952年}
1952年
基本情報
別名 中川 洋一
出生 1929年2月20日
日本の旗 日本神奈川県横浜市
死没 1997年4月10日(満68歳没)日本の旗 日本神奈川県川崎市総合新川橋病院
学歴 旧制横浜第一中学校
東京音楽学校
ジャンル クラシック音楽映画音楽
職業 作曲家司会者

黛 敏郎(まゆずみ としろう、1929年2月20日 - 1997年4月10日)は、日本作曲家。戦後のクラシック音楽現代音楽界を代表する音楽家の一人として知られる。また、東京藝術大学作曲科講師として後進の育成にもあたった。

来歴[編集]

神奈川県横浜市の生まれ。旧制横浜一中(現神奈川県立希望ヶ丘高等学校)から1945年東京音楽学校(現東京藝術大学)に入学して、橋本國彦池内友次郎伊福部昭に師事した。在学中はブルーコーツ等のジャズバンドでピアニストとして活動する。1949年卒業、研究科進学。1951年研究科卒業。同年最初の国産カラーフイルムによる総天然色映画『カルメン故郷に帰る』で、ブギ調での同名の主題歌作曲を担当する。

同年8月、フランス政府受け入れの留学生として、音楽学校同級生の矢代秋雄らと共にパリ国立高等音楽院に入学するが、教育内容への反発から、1年で退学し帰国した。1953年芥川也寸志團伊玖磨と共に「3人の会」を結成する。以後作曲家として活動をはじめる。

デビュー当初はガムラン等の南方音楽やモダン・ジャズの強い影響を受けていたが、留学後はミュジーク・コンクレート電子音楽ヴァレーズの音楽様式、ケージ偶然性の音楽プリペアド・ピアノなど、最新の前衛音楽の様式を次々と日本に紹介する。しかしそれらの西洋前衛音楽へのアプローチは、構造的な理論よりは音響への興味を優先させた。特に電子音楽ミュージック・コンクレートなどの分野を、当時いち早く日本の音楽界に導入している。

黛の代表作となった「涅槃交響曲」では、声明を模した男声合唱を取り入れ、さらに鐘の音をNHK電子音楽スタジオで音響スペクトル解析した上オーケストラで再現した。「カンパノロジー・エフェクト」と自ら呼んだこのアイデアは、奇しくも現在フランスの現代音楽シーンの主流を占めるスペクトル楽派の一人トリスタン・ミュライユの管弦楽曲「ゴンドワナ」を約20年先取りするものであった。

その後、黛はこのカンパノロジー・エフェクトをテープ音楽などでいくつか試みはしたものの、生楽器音楽・テープ音楽両者の間に直接の交流は行われていない。むしろ、黛の関心はこの曲が示していた音響的な興味へのアプローチよりは、この曲を境に「日本的な」素材・思想への関心へと回帰し、さらに大乗仏教思想、保守的政治思想へと発展した(そのような傾向の代表作として、三島由紀夫金閣寺』を原作とするオペラがある、また同じ原作の映画『炎上』も音楽担当した)。

クラシック関係以外の音楽では『赤線地帯』『豚と軍艦』『天地創造』『黒部の太陽』など、多くの映画音楽を手がけた他、日本テレビの『NNNニュース』のテーマ曲などを作曲している。また、同じく日本テレビのスポーツ番組のテーマ曲である「スポーツ行進曲」(別名:「NTVスポーツのテーマ」、この曲は元々は読売日本交響楽団の演奏のために書かれている。『全日本プロレス中継』のオープニングでも使われ、またプロレスラージャイアント馬場がリング入場の際に使用していたことから「ジャイアント馬場のテーマ」とも呼ばれる。プロボクサーで世界フライ級王者だった大場政夫も入場に用いた)は、日本でも珍しいオーケストラ用行進曲の名作である。その他にも関東UHF局の『朝日フラッシュニュース』のオープニングテーマソングである「朝日ニューストップタイトルのための音楽」や仏教諸宗派のためにカンタータなどの作曲を手掛けるなど、現代音楽の作曲家としても活動した。

1964年10月10日よりの第18回夏季オリンピック東京大会開会式の際、式典開幕前に国立霞ヶ丘競技場の場内に流れた電子音楽の旋律を作曲し、記録映画の音楽も黛が担当した[1]。同年よりクラシック音楽番組『題名のない音楽会』の司会を務め、広く周知された。同番組は、東京12チャンネルで放送開始され、後にNETテレビ(現在のテレビ朝日)に移籍した珍しい経緯がある。

1968年、『題名のない音楽会』と『NNNワイドニュース』の司会に対して、第5回ギャラクシー賞を受賞[2]

1958年には、石原慎太郎江藤淳大江健三郎谷川俊太郎寺山修司永六輔福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、60年安保改定反対運動に参加した。

1970年代前後[3]に、楽壇では珍しく[独自研究?]保守派文化人となり、1970年代後半に結成され論憲・改憲を提唱する保守系団体「日本を守る国民会議」議長を務めた(現:日本会議)。だが、このような保守的政治活動のために左派色が強い楽壇からは事実上排斥され[要出典]、後期の作品は生活のために書いた上記の宗教音楽や実用音楽などが主となり、2曲の歌劇(『金閣寺』と『古事記』)などを除き、純音楽の創作は極端に少なくなった。

1977年夏に、保守派の活動を通じ親交があった中川一郎(当時自民党国民運動本部長)の要請を受けて、新たに創設された党友組織自由社会を守る国民会議(自由国民会議)の初代代表に就任し終身務めた。なお1992年夏に「国民会議」議長として、宮澤内閣官房長官であった加藤紘一らが中心に進めた今上天皇皇后の訪中反対国民運動の先頭に立ち、中川や自身の共通の親友石原慎太郎や、中川の長男中川昭一平沼赳夫(中川の秘書でもあった)らと共闘した。

上記や元号法制定運動など、後期の活動は保守派運動家としての印象が強い[独自研究?]が、1960年代以前の映画音楽などで左翼色の濃い作品にも多く関わっている。

1997年4月10日、肺を原発巣とする転移性肝腫瘍による肝不全のため入院中の神奈川県川崎市内の総合新川橋病院にて逝去した。68歳没。墓所は、神奈川県にある曹洞宗大本山總持寺の境内墓地。戒名は「威徳院優嶽叡敏居士」。元女優の桂木洋子は妻。演出家黛りんたろうは長男。弟に朝日新聞学芸部編集委員だった黛哲郎がいる。

代表作[編集]

黛敏郎

管弦楽[編集]

  • ルンバ・ラプソディ(1948年) - 黛はこの作品を伊福部昭の許に預けたまま息を引き取った。
  • シンフォニック・ムード(1950年) - 原題は交響的気分「スフィンクス」
  • 饗宴(1954年)
  • フォノロジー・サンフォニック(1957年)
  • カンパノロジー(1957年)
  • 涅槃交響曲(1958年・第7回尾高賞受賞作品)
  • 曼荼羅交響曲(1960年)
  • 交響詩「輪廻」(1962年)
  • 音楽の誕生(1964年)
  • 木琴小協奏曲 (1965年)
  • 交響詩「立山」(1971年)
  • G線上のアリア(1978年)
  • 21世紀へのラプソディ(1991年)
  • パッサカリア(1997年/絶筆・未完)

オペラ[編集]

バレエ音楽[編集]

吹奏楽・管楽合奏[編集]

  • トーンプレロマス55(Tonepleromas 55, 1955年)
  • 彫刻の音楽(Music with Sculpture, 1961年)
  • テクスチュア(Texture, for wind orchestra, 1962年)
  • 花火(Fireworks, 1963年)
  • 打楽器とウィンドオーケストラの為の協奏曲Concerto for Percussion and Wind Orchestra, 1965年)
  • 行進曲「黎明」(1964年)
  • 行進曲「祖国」(1981年)
  • 栄誉礼冠譜~祖国~ 政府関係者、自衛隊の高官、訪日した外国要人への儀礼用に作曲

室内楽・器楽[編集]

  • ヴァイオリンとピアノのためのソナタ(1946年)
  • 10楽器のためのディベルティメント(1948年)
  • スフェノグラム(1950年)
  • プリペアド・ピアノと弦楽のための小品(1957年)
  • 阿吽 3つ和楽器のための(1957年)
  • BUNRAKU チェロ独奏のための(1960年)
  • 弦楽四重奏のためのプレリュード(1961年)
  • 昭和天平楽(1970年) - 現代雅楽の項を参照
  • ROKUDAN ハープのための(1989年)

声楽[編集]

  • 天台声明による始段唄・散華(1959年)
  • カンタータ「祝婚歌」(1959年) [5]
  • カンタータ「般若心経」(1976年)[6]
  • カンタータ「憲法はなぜ改正されなければならないか」(1981年)
  • オラトリオ「日蓮聖人」(1981年)
  • 大佛讃歌(1983年)
  • オラトリオ「京都1200年 伝統と創生」(1994年)

テープ音楽[編集]

映画音楽[編集]

テーマ音楽[編集]

校歌[編集]

ほか多数

著作[編集]

  • 『“君が代”はなぜ歌われない 黛敏郎の対談』(浪曼、1974年)
  • 『私の茶道入門 これぞ芸術の極み』(光文社カッパ・ホームズ、1976年)
  • 題名のない音楽会』(角川書店、1977年)のち文庫 
  • 『日本のこころ』(筥崎宮、1979年)
  • 『題名のない独白』(サンケイ出版、1984年)

共著など[編集]

  • 『現代音楽に関する3人の意見』(團伊玖磨芥川也寸志と共著、中央公論社、1959年)
  • 岡倉天心『茶の本 現代語で読む』(訳・解説、三笠書房、1983年)

出演番組[編集]

演じた俳優[編集]

作曲門下[編集]

(生年順)

脚註[編集]

  1. ^ 『BSスペシャル 青春TVタイムトラベル第4回 プレイバック・東京オリンピック』(1992年12月26日/NHK衛星第2テレビジョン放送)での黛本人の証言インタビューより。
  2. ^ 第5回ギャラクシー賞”. 放送批評懇談会. 2014年11月13日閲覧。
  3. ^ 1970年11月25日の三島由紀夫自決に際しても、黛は友人としての追悼文で、思想信条に同意すると述べた(「月刊誌 諸君」1971年2月号の101頁に収録)。なお、出会いは1952年のパリ留学時で、以後毎年11月25日に、九段会館などで催す「憂国忌」の発起人でもあった。
  4. ^ 鈴木行一が作曲を手掛けた混声合唱組曲「虹の輪」の音楽之友社刊行スコアの作曲者プロフィールに記述あり。
  5. ^ 明仁皇太子殿下御成婚を祝し、三島由紀夫の詩に作曲された。
  6. ^ 伊丹十三監督映画「大病人」(1993年)のクライマックス・シーンで黛本人が指揮するオーケストラにより演奏された。
  7. ^ NNN各報道番組のシグナルチューン。全曲が演奏されたのは「題名のない音楽会」で1977年に1回だけ。ニュースでは中間部や後半部を除いた編曲版が使用された。「NNN朝のニュース」、「NNN昼のニュース」、「NNN日曜夕刊」、「NNNきょうの出来事」などに使われたほか、「NNNニューススポット」ではテープ編集された短縮版が長らく使用された

外部リンク[編集]