チューブラーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チューブラーベル
別称:チャイム、コンサートチャイム、
シンフォニックチャイム
各言語での名称
Tubular bells, Chimes
Röhrenglocken
Cloches tubulaires
Campane tubolari
チューブラーベル
分類

打楽器体鳴楽器

関連項目

チューブラーベル(テュービュラーベル)は、打楽器体鳴楽器に分類される楽器で、教会などで見られるようなを、コンサートの舞台で演奏しやすいように、ひとつひとつの鐘を管状(チューブラー)にして、ピアノ鍵盤の順番と同様に並べて吊るした楽器である。1867年に発明された[1]。単に「チャイム」や、「コンサートチャイム」「シンフォニックチャイム」などとも呼ばれる。日本国内においては、「NHKのど自慢の鐘」と言うと馴染みがある向きも多い。

特徴・音域など[編集]

音域は中央ハから上へ1オクターブ半ほどである。管は長いもので150cmを超え、楽器としてスタンドにセットされた状態では180cm前後の高さになる。管の太さは音程に関わらず同一のものが使用される。このような楽器の形状のため、座っての演奏(座奏)ではなく 立った状態で演奏(立奏)し、管の上部を専用のハンマー(木製・皮製・プラスチック製など)を1本ないし2本用いて打鍵する。専用のスタンドに吊り下げた状態で演奏するが、単音が必要な場合には1本をスタンドから外し、片手で吊り下げて演奏することも可能である。

専用スタンドの下部にはペダル式のダンパーがあり、これを操作することで余韻を調節することができる。手で持って演奏する場合は手で余韻を止める。

オーケストラ吹奏楽の楽譜では、単に「鐘」(: bells,Chimes: glocken: cloches: campane)としか書かれていない場合があるが、その場合には、楽譜を見て、演奏の都合などを勘案して、チューブラーベルを選ぶか単体の鐘を使用するか決めるのが普通である。複数の音がある場合(概ね3音以上)は、作曲者はチューブラーベルを指定しているものと、通常は解釈する。

主なチューブラーベルメーカー[編集]

チューブラーベルの印象的な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ H.ベルリオーズ・R.シュトラウス、広瀬大介翻訳『管弦楽法』音楽之友社、2006年(訳注部分)

関連項目[編集]