カール・オルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・オルフ
Carl Orff
Lieselotte Holzmeisterとオルフ(1956年、ザルツブルク、Fidula workshopにて)}
Lieselotte Holzmeisterとオルフ
(1956年、ザルツブルク、Fidula workshopにて)
基本情報
出生 1895年7月10日
ドイツの旗 ドイツ帝国バイエルン王国ミュンヘン
死没 1982年3月29日(満86歳没)
ドイツの旗 ドイツ、ミュンヘン
職業 作曲家

カール・オルフCarl Orff1895年7月10日 - 1982年3月29日)は、ドイツ作曲家ミュンヘンに生まれ、同地で没した。

カール・オルフは作曲家としてジャンルを特定させない特異性を持っていた。彼の作風は独自のジャンルを作り出しているからである。オルフ自身は、自分の音楽劇を、しばしば『世界劇』(„Welttheater“又は „Theatrum Mundi“) と呼んでいた[1]

生涯[編集]

オルフは軍人の家系で誕生したが、家族は早くから秀でた彼の音楽の才能を伸ばす事に協力した。その後、公立学校を中退。ミュンヘン音楽学校で学ぶ。初期の作曲(歌や管弦楽)と音楽劇の試みは、(特にリヒャルト・シュトラウスによる)身近な環境に影響された。オルフはドビュッシーの音楽とメーテルリンクの著作に惹かれていた。その間シェーンベルクの研究も続けていた。

1915年から1919年までは戦役のために短い中断があったが、ミュンヘン室内楽団(1917年)とマンハイムダルムシュタット(1918-19)の劇場で指揮や合唱等の指導をした。1920年ハインリッヒ・カミンスキー(Heinrich Kaminski, 1886年 - 1946年)に師事。カミンスキーはオルフより9歳年長で1930年代にベルリン音楽大学のマスター・クラスの教授をした作曲家で、ドイツ・バロック音楽復興に大きな寄与をした人物である。

1920年代にオルフは、舞踏教師のドロテー・ギュンター (Dorothee Günther) に出会い、彼女と共に、1923年ミュンヘンに体育・音楽・舞踏を教えるギュンター・シューレ(Günther Schule 学校)を設立した。1925年、このギュンター・シューレに参加して1936年まで音楽を教えていた。クルト・ザックス (Curt Sachs) からの提案に従い、彼はモンテヴェルディの劇作品を発見。オルフによる、モンテヴェルディのオルフォイスの編曲(初演は1925年マンハイム)は好評を博し、ドイツ語でのモンテヴェルディの舞台を復活させた点で決定的なものとなった。オルフはモンテヴェルディの作品を通して、彼独自の音楽言語と彼の音楽劇を特徴づけることになった。

オルフの作品の基礎はこの時代に遡ることができる。身振り手まねの音楽 (Gesticulative music) を当初からオルフは目指していた。オルフにとって、「フーガやソナタといった純音楽を書くことは不可能である。そういった形式の可能性は、すべて18,9世紀に使い果たされてしまった。劇場音楽こそ未だ開拓されざる世界であり、そこに可能性を見いだすことができる」という。

当時、オルフが最も興味をもって研究したのは、スイスの教育者・作曲家エミール・ジャック=ダルクローズ (1865-1950) の提唱したユーリトミクス(Eurhythmics,ユーリズミックス,いわゆるリトミック) の理論であった。ダルクローズは音楽教育の実践を提唱して20世紀のバレエに少なからぬ影響を与えた(例 ニジンスキー、クルト・ヨース等)。一方、オルフはヒンデミットの提唱した実用音楽 (Gebrachsmusik) の理論に影響を大きく受けており、音楽教育者としてのオルフは、ユーリトミックと実用音楽のシステムによる教育用の作品を書き始める。

この頃(1930年オルフ35歳頃)の作品が「教育音楽」( Schulwerk)であり、1950年から1954年にかけて、彼の門下のグニルト・ケートマン (Gunild Keetman) の協力の下で全面的に改定されムジカ・ポエティカ (Musika Poetica) に纏められている。この教育音楽は初歩レベルの子供達が自らミュージシャンとして、容易に、楽しく演奏ができるため、世界中の教育現場で利用されている。

カルミナ・ブラーナの成功[編集]

1937年6月8日、フランクフルト・アム・マイン市立劇場で初演された「カルミナ・ブラーナ」 (Carmina Burana) は大成功を修めドイツ各都市で上演された。

しかし、第2次世界大戦の勃発によってドイツと他国との文化の交流が断絶したため、カール・オルフの名は同世代のイベール (1890-1962)、プロコフィエフ (1891-1953)、オネゲル (1892-1955)、ミヨー (1892-1974)、ヒンデミット (1895-1963) 等よりも国外で知られるようになるのは遅かった。結局国際的に名が知られるようになったのは1954年で、オルフが59歳頃でレコード化された後である。カルミナ・ブラーナの成功によって自信を得たオルフは、出版社ショットに寄せた手紙の中で、「今までの作品すべて破棄して欲しい。と言うのは私にとってカルミナ・ブラーナが本当の出発点になるからである」と記している。

作品[編集]

オルフの作品について言えるのは、和声・旋律・リズムのすべてが、単純さ、明快さ、力強さにあふれている事である。打楽器に対する執着は原始的なバーバリズムを強く感じさせるものである。

オルフは自己の創作態度について次のような発言を行っている。「私が舞台作品を書くに当たって、いつも古い素材、お伽噺だとか伝説などばかり採り上げるのは何故かという質問をよく受ける。私は、それらを古いものとは見なしていない。むしろ有効な素材だと思っているのである。そこには時間的な要素はもはや消失し、活力的なものだけが残されている。私はその活力を舞台上で伝えたいのである。」

舞台作品[編集]

  • オペラ『犠牲』Gisei - Das Opfer op. 20 歌舞伎『寺子屋』を素材とした最初のオペラ。(1913年)
  • メルヒェン芝居 „Märchenstücke“
    • オペラ『』(Der Mond)。グリム童話による。台本・作詞:オルフ(1937年 - 1938年)
    • オペラ『賢い女』(Die Kluge)。グリム童話による。台本・作詞:オルフ(1940年 - 1941年)
    • 夏の夜の夢Ein Sommernachtstraum (1917, 1939, 1952, endgültige Fassung 1962 UA: 1964)

その他の作品[編集]

  • 編曲
    • ラメンティ クラウディオ・モンテヴェルディによる
      • オルフェウス (1924; Neufassung 1939)
      • アリアドネの嘆き (1925, Neufassung 1940)
      • Tanz der Spröden (1925, Neufassung 1940)
    • 1940年 『エントラータ』 (Entrata für Orchester)。ウィリアム・バードの„The Bells“による五群のオーケストラとオルガンの作品(1928, Neufassung 1941)
  • 台本
    • 1948年 音楽劇『キリスト降誕物語』 (Die Weihnachtsgeschichte) 台本を担当 音楽はグニルト・ケートマン

出典[編集]

  1. ^ 世界劇とは”. コトバンク. 2012年11月30日03:08閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]