松村禎三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松村 禎三
基本情報
出生 1929年1月15日
学歴 旧制第三高等学校理科
出身地 日本の旗 日本京都市
死没 2007年8月6日(満78歳没)
ジャンル 現代音楽映画音楽
職業 作曲家俳人

松村 禎三(まつむら ていぞう、1929年1月15日 - 2007年8月6日)は、日本作曲家俳人東京芸術大学名誉教授。

来歴[編集]

京都市出身。1949年旧制第三高等学校理科卒。伊福部昭並びに池内友次郎に師事。幼い頃から音楽に興味を示し、小学生で簡単な作曲ははじめていた。芸大受験のために上京するが結核のため受験を失敗し、療養中の1950年代初頭より、俳句も創作するようになる。1955年に《序奏と協奏的アレグロ》が第24回NHK毎日音楽コンクール管弦楽部門で1位に入賞、デビュー作となる。サントリー音楽財団委嘱による遠藤周作の小説に基づくオペラ《沈黙》の作者としても知られ、それにより数々の賞を受賞している。

ラヴェルストラヴィンスキー、それからアジアの伝統音楽の影響を受けた力強い作風が彼の作品の特徴である。

1994年モービル音楽賞受賞。

2000年勲四等旭日小綬章受章。

2007年8月6日午後2時50分、肺炎のため東京都港区の病院で死去した。78歳。

主な作品[編集]

歌劇[編集]

交響曲[編集]

管弦楽曲[編集]

協奏曲[編集]

室内楽曲[編集]

  • 弦楽四重奏による交響的断章(1950年)
  • 隠花植物(1958年)
  • 弦楽四重奏とピアノのための音楽(1962年)
  • アプサラスの庭(1971年)
  • 篠笛と琵琶のための詩曲(1979年)
  • アルトサクソフォーンと琵琶のための詩曲(1980年)
  • ピアノ三重奏曲(1987年)
  • 弦楽四重奏曲(1996年)

ピアノ曲[編集]

  • ギリシャによせる2つの子守唄(1969年)

声楽曲[編集]

  • 阿知女〈アチメ〉(1957年)
  • 祖霊祈祷(1969年)
  • 交響詩「やまなし」(1974年)
  • 暁の賛歌(1978年)
  • 牧歌(1983年)

映画音楽[編集]

熊井啓監督作品[編集]

黒木和雄監督作品[編集]

その他[編集]

著書[編集]

  • 旱夫抄(フィデリオショウ)松村禎三句集

※他に1990年代前半まで、教育出版音楽教科書の著作にも携わっていた。

外部リンク[編集]