清瀬保二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

清瀬保二(きよせ やすじ、1900年1月13日 - 1981年9月14日)は、大分県生まれの作曲家

経歴[編集]

大分県宇佐郡四日市町(現宇佐市)生まれ。生家は、地元で一、ニを争う素封家。少年のころからヴァイオリンを嗜み、1919年、旧制松山高等学校在学中に作曲家を志すようになる。同年12月、作曲家になるため同校を中退して上京、まず友人に紹介された田辺尚雄を訪ね、山田耕筰に約2ヶ月間師事。以後、鹿児島にこもり、ほぼ独学で作曲を学ぶ。1930年には「新興作曲家連盟」の結成に発起人の一人として参加。1932年から3年間クラウス・プリングスハイムに理論を師事する。1940年皇紀2600年記念として委嘱を受け、「日本舞踏組曲」を作曲。1946年には「新作曲派協会」を設立、積極的に作品を発表した。

ペンタトニックを駆使し、日本人の素朴な音感に正直な、技巧に頼らない作曲を続けた。弟子には武満徹佐藤敏直仲俣申喜男長沢勝俊がいる。日本現代作曲家連盟初代委員長などを務めた。

居住跡の碑が世田谷区砧にある。

代表作[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 交響曲「黎明」(1937年、新京音楽協会の委嘱による)
  • 日本民謡の主題による幻想曲(1939年、JOAKの委嘱による「国民詩曲」のひとつとして作曲)
  • 古代に寄す (1942年)
  • 日本舞踏組曲 (1940年)
  • 日本祭礼舞曲 (1942年、「日本舞踏組曲」から第4・5楽章を削除。)
  • 御軍に従い奉らむ (1942年)(作詞:蔵原伸二郎)
  • ピアノ協奏曲 (1954年)
  • レクイエム 無名戦士 (1963年)

歌曲[編集]

  • 清瀬保二歌曲集 一部 (1922-1925年)
  • 同 二部 (1928-1941年)
  • 同 三部 (1950-1966年)

合唱曲[編集]

  • 蛇祭り行進 (1954年) 草野心平の詩による。
  • 冬のもてこし春だから (1961年) 三好達治の詩による。

器楽曲[編集]

  • 小組曲 (1931年、ピアノ)
  • 丘の春 (1932年、ピアノ)
  • 小組曲 (1935年、ピアノ)
  • 第2ピアノ曲集 (1940年)
  • 第1ヴァイオリンソナタ (1942年)
  • 弦楽四重奏曲 変ロ調(1951年)
  • ヴァイオリンとピアノのための二楽章 (1960年)
  • 尺八三重奏曲 (1964年)
  • 日本楽器による八重奏曲 (1964年)
  • 日本楽器のための四重奏曲 (1965年)
  • 子供のための4つの小品 (1966年、ピアノ)

映画音楽[編集]

著書[編集]

  • 清瀬保二著作集編集委員会編『清瀬保二著作集――われらの道』(同時代社/1983年)

外部リンク[編集]