岩代太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岩代 太郎 (いわしろ たろう、1965年5月1日 - )は、日本作曲家ピアニスト音楽プロデューサー。血液型 は B型。

来歴[編集]

東京都出身。教育者岩代吉親を祖父に、作曲家岩代浩一を父に持つ。

東京都立芸術高等学校を卒業して1浪ののち、東京藝術大学(東京芸大)音楽学部作曲科に入学する。1989年に東京芸大音楽学部作曲科を首席で卒業、1991年に同大学院修士課程を首席で修了する。南弘明近藤譲松下功黛敏郎に師事した。大学院在学中、サクソフォーン奏者雲井雅人の演奏からサクソフォーンのための作曲を思いつき[1]寺山修司の詩「世界のいちばん遠い土地へ」(『寺山修司少女詩集』角川文庫所収)からの霊感を受けて、寺山の詩をタイトルとするサクソフォーン協奏曲を書き始める。完成した「TO THE FARTHEST LAND OF THE WORLD(世界のいちばん遠い土地へ)〜ソプラノ・サックスとオーケストラの為のコンチェルト〜」は、1990年から1991年にかけて行われたシルクロード国際管弦楽作曲コンクール(主催:朝日新聞社ユネスコなど)に応募され、團伊玖磨黛敏郎松村禎三ら同コンクール審査委員から高い評価を得て最優秀賞を受賞、1991年2月17日サントリーホールにて演奏された。また同曲は、大学院修了作品中の最優秀作品として東京芸大に買い上げられ、同大学資料館に永久保存されている。以後、多彩なジャンルで活動しており、特にテレビドラマの音楽を数多く手掛けている。

2003年6月9日、当時日本テレビのアナウンサーだった松本志のぶと結婚した。

2006年より東京都交響楽団の理事に就任し、同楽団と共に活動の幅を広げている。

2008年に開催された北京オリンピックではシンクロナイズドスイミング日本代表(通称:マーメイド・ジャパン)の音楽を手掛け、話題となった。同年にはアジア各国や欧米で劇場公開されたジョン・ウー監督作品『レッドクリフ』の音楽を担当するなど、近年では映画音楽を数多く手がけている。

2009年天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」の奉祝曲を委嘱され、同祭典において『奉祝曲 組曲「太陽の国」』を発表した。

ニューズウィーク』日本版では、「世界が尊敬する日本人100人」の特集記事において、北野武田村響隈研吾らと共に紹介されている。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

純音楽[編集]

  • TO THE FARTHEST LAND OF THE WORLD(世界のいちばん遠い土地へ)〜ソプラノ・サックスとオーケストラの為のコンチェルト〜 (1991年)
  • INTO THE SILENCE 〜オカリナとオーケストラの為のコンチェルト〜 (1995年)
  • 交響詩「潮騒のうた」 (1998年)
  • 交響歌集「36億年のいのち」 (1998年)

映画音楽[編集]

放送音楽[編集]

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー番組[編集]

報道番組[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム音楽[編集]

ゲーム音楽のアレンジアルバム[編集]

その他[編集]

楽曲提供[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1991年2月17日サントリーホールで開催されたシルクロード国際管弦楽作曲コンクール入賞記念演奏会で配布されたパンフレットに詳述。
  2. ^ 第28屆香港電影金像獎得獎名單”. 香港電影金像奨 Hong Kong Film Awards. 2014年8月3日閲覧。
  3. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]