西尾由佳理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にしお ゆかり
西尾 由佳理
プロフィール
愛称 西やん
出身地 日本の旗 日本 千葉県市川市
生年月日 1977年7月25日(36歳)
血液型 O型
最終学歴 東京女子大学現代文化学部卒業
所属事務所 セント・フォース
職歴 日本テレビアナウンサー( - 2011年8月)
活動期間 2001年 - 現在
ジャンル 報道・情報・娯楽番組
配偶者 権八成裕
出演番組・活動
現在 アゲるテレビ』ほか
過去 ズームイン!!SUPER
スポーツMAX

西尾 由佳理(にしお ゆかり、1977年7月25日 - )は、フリーアナウンサータレント。元日本テレビアナウンサー千葉県市川市出身。身長161cm。血液型O型。現在の所属事務所はセント・フォース

来歴・人物

千葉県立市川西高等学校文京女子短期大学英語英文学科を経て[1]東京女子大学現代文化学部編入学)卒業[2]。本人曰く文京女子短期大学から東京女子大学に編入する頃が一番勉強を頑張った時期だという。大学時代にはアメリカ・イリノイ州に8ヶ月間滞在した。同期のアナウンサーは阿部哲子(現:フリーアナウンサー)、杉上佐智枝森圭介

スポーツMAX』のアシスタントなどを務めた後、2005年4月、大桃美代子の後を継いで『ズームイン!!SUPER』の2代目女性司会となり、2011年3月31日の番組終了まで務める[3]。同じく2005年から『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の総合司会に起用され、2011年まで7年連続で担当[4]

学生時代はNPO法人自然・文化創造会議/工場に参加[5]、またアナウンサーになってからも月刊ソトコトで環境に関するコラムを執筆するなど環境問題への関心が高い。2008年には第4回環境社会検定に合格した。2010年に広告プランナーの権八成裕と結婚した。

2011年6月、同年8月31日に日本テレビを退社することを発表した[6]。総合司会を務めた『24時間テレビ34』(8月20日 - 21日)が日本テレビアナウンサーとしての最後の仕事となった。退社後はフリーに転身した。同年10月7日に放送のTBSたましいの授業』で司会を担当、日本テレビ以外の番組に初出演を果たす。2011年12月からはトヨタ自動車の企業CM(ReBORN)に出演している[7]

日本テレビ退社以来、個人事務所(株式会社マネジメンツ)を旗揚げして活動していたが、2012年9月よりアナウンサープロダクションのセント・フォースへ移籍することとなった[8]

エピソード

  • 趣味は読書で、小説から漫画まで読むという。
  • 重度の花粉症である。
  • 小学生のときは周りに“子”がつく友達が多かったため、にし子というあだ名で呼ばれていた[9]。また、小・中学校時代は9年間バスケットボール部に所属。中学時代はキャプテンを務めていたが、チームをまとめることはできなかった。
  • 学生時代に地元の美容室や女性誌のヘアモデルをしていた[10][11]
  • 涙を流すことが非常に少ないが、フリーとしての初仕事となったTBS『たましいの授業』で、母校の小学校で講義を行った際、生徒たちへの手紙を読んでいる途中で、涙で声を詰まらせたことがある[12]
  • 料理が苦手。『世界まる見え!テレビ特捜部』にてそれを克服させようと料理企画が組まれ、2回だけコーナー化された。
  • 『スポーツMAX』の馬名を命名する企画で、解説の掛布雅之が自身と西尾の名前をそのままつなげてマサユキユカリと名付けた。
  • 2003年12月24日に開催されたプロレスリングノア・クリスマス大会で日本テレビの女性アナウンサーとして初のプロレス実況を担当した。
  • 火垂るの墓-ほたるのはか-』(2005年11月1日放送)で端役ながら演技に初挑戦した。
  • 真面目な勤務態度が評価され、2006年度のアナウンサー・オブ・ジ・イヤー(日本テレビにおける社内評価制度)を受賞した。その一方で、「スケジュール通り仕事が終わってほしい」「給料よりも休日を確保したい」とも公言していた。
  • 2009年には表参道ヒルズで開催された篠山紀信の写真展「KISHIN:BIJIN」(キシン:ビジン)BIJIN of THE YEAR 2009 のモデルに選出された[13]
  • 2010年に開催された第4回東京マラソンに出場し、6時間32分4秒で完走した。
  • オリコン調査「好きな女性アナウンサーランキング」第7回にて、1位となった[14]

現在の出演番組

日テレ退社後の主な活動

日テレ時代の主な活動

担当番組

映画

劇場アニメ

テレビアニメ

その他のメディア

PV

CM

書籍

日テレ在籍時からの作品等を列挙。

写真集

CD

連載

脚注

  1. ^ 西尾由佳理アナ、フリーになり「生活スタイルが変わった。時間管理が難しい」 ”. 産経msn (2012年4月28日). 2012年10月7日閲覧。
  2. ^ 西尾由佳理のプロフィール”. cent.Force. 2012年10月7日閲覧。
  3. ^ 『ズームイン!!SUPER』の終了がメディアに報じられた際、『スポーツニッポン』と『J-CASTテレビウォッチ』が後番組(『ZIP!』)で西尾が引き続き司会を務める予定と報じていたが、実際は降板となった(『スポーツ報知』は降板すると報じた)。
  4. ^ 従来の女性総合司会の登板記録はアグネス・チャン松本志のぶの4年連続。
  5. ^ コラム連載時のプロフィールに記載
  6. ^ 日テレの西尾由佳理アナ、8月末で退職「入社丸10年を区切りに」 - 産経新聞 2011年6月27日閲覧
  7. ^ フリーアナ・西尾由佳理、テレビCM初出演 「私なんかで大丈夫かな…」と不安隠せず - ORICON STYLE 2011年11月24日閲覧
  8. ^ 西尾由佳理アナ「セント・フォース」入り! 産経新聞 2012年8月31日閲覧
  9. ^ 2010年3月26日付けのブログ「ともだち…」
  10. ^ 『別冊ViVi ヘアカタログ600』「ヘアスタイルNo.296」講談社(1996年10月30日号)
  11. ^ 『別冊ヘア&メイク ヘアスタイル1000』「ヘアスタイルNo.86,87,88」主婦と生活社(1996年11月1日号)
  12. ^ 梅田恵子 (2011年9月25日). “泣く女子アナ、泣かない女子アナ”. 日刊スポーツ. http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/umeda/archives/22032.html 2012年12月3日閲覧。 
  13. ^ 表参道ヒルズ|Information インフォメーション|ニュースレター|篠山紀信 写真展「KISHIN:BIJIN」BIJIN of THE YEAR 2009 篠山紀信氏 インタビュー
  14. ^ 「第7回好きな女子アナ」、西尾由佳理アナが初の首位
  15. ^ 不定期特番そのものは2011年6月開始。フリー転向後から出演。
  16. ^ 4月からフジテレビの午後帯に新情報番組がスタート メインキャスターとして西尾由佳理が登場! 『4月スタート 新情報番組』 とれたてフジテレビ 2013年2月11日閲覧。
  17. ^ 大塚範一キャスターがテレビ本格復帰!4月にスタートする午後の新情報番組で西尾由佳理キャスターと初タッグ! 『4月スタート 新情報番組』 とれたてフジテレビ 2013年2月11日閲覧。
  18. ^ 2013年 春の新番組 報道・情報 フジテレビ 2013年3月1日閲覧。
  19. ^ 2011年9月~2012年3月までは、フリーの立場として出演した。* ヒットの泉〜ニッポンの夢ヂカラ!〜朝日放送2012年4月 - 2013年3月31日、司会)

外部リンク