吉竹史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
よしたけ ふみ
吉竹 史
プロフィール
愛称 エロケケ、ふみちゃんぐ
出身地 日本の旗福岡県久留米市
生年月日 1984年7月4日(30歳)
血液型 B型
最終学歴 女子美術大学芸術学部
所属事務所 セント・フォース
職歴 毎日放送(2007年4月 - 2014年1月)
活動期間 2007年 -
ジャンル 情報バラエティ番組
出演番組・活動
現在 『魁!なすなか塾』
Jリーグマッチデーハイライト
Oha!4 NEWS LIVE
ももち浜ストア
過去 VOICE (ニュース番組)
よゐこのワケアリ
よゐこ部
ちちんぷいぷい
ヤングタウン日曜日
プリプリ
MBSうたぐみ Smile×Songs
桂文枝の茶屋町ホテル
パテナの神様!
(いずれも毎日放送アナウンサー時代)

吉竹 史(よしたけ ふみ、1984年7月4日 - )は、福岡県久留米市出身のフリーアナウンサー。元・毎日放送(MBS)アナウンサーで、同局退社後の2014年3月からセント・フォースに所属している。

来歴[編集]

二人姉妹の次女として誕生。血液型はB型で、福岡女学院中学校・高等学校から女子美術大学芸術学部へ進学した。

小学生時代から「テレビ局で子ども番組を作ってみたい」という希望を抱き続けたことに加えて、女子美術大学への進学後に「自分の心の中にあるものを『形』にして表現する美術と、感じたことを言葉という『見えない形』にして他人に伝えるアナウンサーは(本質的に)一緒」と感じるようになったことから、大学3年生だった2006年の夏にアナウンサーへの就職活動を開始[1]。卒業後の2007年には、鈴木健太河本光正と共に、アナウンサーとして毎日放送へ入社した。ちなみに、同局が美術大学の出身者をアナウンサーに採用したのは、吉竹が初めてであった。

毎日放送への入社後は、2007年10月から『よゐこのワケアリ』(MBSテレビ)・『桂三枝の茶屋町ホテル → 桂文枝の茶屋町ホテル』(MBSラジオ)のアシスタントへ起用されたことを皮切りに、報道・情報・バラエティ・スポーツ番組で幅広く活躍。テレビ番組ではよゐこ千原ジュニアロザン宇都宮まき、ラジオ番組では六代 桂文枝笑福亭鶴瓶小泉エリなど、数々のお笑い芸人落語家の下でレギュラーアシスタントを務めた。MBSラジオの番組では、月1回放送の『茶屋町ホテル』で、歴代の「秘書(アシスタント)」では最も長く6年間にわたって「秘書」を担当。深夜の音楽番組『MBSうたぐみ Smile×Songs(うたぐみ)』では、まきちゃんぐにちなんだ「ふみちゃんぐ」という愛称で親しまれるとともに、同局のアナウンサーでは最長の延べ3年9ヶ月にわたってレギュラーで出演している。

また、MBSテレビが平日の午後に放送中の情報番組『ちちんぷいぷい』では、2010年10月から2012年3月まで金曜アシスタントを担当。2012年3月には、「吉竹史が行く!春の世界一周桜物語〜咲いたらさんが通る〜」という取材企画で、1ヶ月近くにわたって世界各国を渡航していた(#世界一周を参照)。

世界一周から帰国後の2012年4月からは、MBSテレビで平日の午前中に放送を開始した情報番組『プリ♥プリ→プリプリ』で、全曜日のアシスタントを担当。2013年3月15日に同番組が終了すると、同月下旬から4月上旬まで放送された『みんなの甲子園』(第85回記念選抜高等学校野球大会のハイライト番組)では、アシスタントを務めるかたわら大会に出場した高校・選手の取材にも携わった。

2013年4月以降は、かつてレギュラーで出演していた『ちちんぷいぷい』や『うたぐみ』に相次いで復帰。同年7月からは、MBSラジオとJCOM関西の共同制作番組『魁!!なすなか塾』でもアシスタントを務めている。その一方で、同年夏頃には、「20代最後の挑戦」としてフリーアナウンサーへの転身を決意。いったん翻意したものの、関係者と話し合いを続けた結果、2014年1月末日付で毎日放送を円満に退社した。主な放送エリアが関西地方である同局からの退社を決意した背景には、出演していた番組の大半が、家族や親族の暮らす福岡県内で視聴できないことも影響していたとされる[2]

2014年2月からは、フリーアナウンサーとして活動。毎日放送からの退社前までレギュラーを務めてきた番組のうち、『魁!!なすなか塾』については、同月以降も出演を続けている。同年3月1日付でセント・フォースに所属するとともに、『Jリーグマッチデーハイライト』(スカパー!)のMCとして、毎日放送以外の放送局が制作する番組で初めてレギュラーを務めることになった。さらに、同月31日からは、『Oha!4 NEWS LIVE』(日テレNEWS24制作、日本テレビ系列)の月・火曜日でニュースキャスターを担当する[3]

人物[編集]

  • 『ちちんぷいぷい』へ出演していた時期の身長は163センチで、股下は76センチ[4]。毎日放送への入社1年目に同番組へ初めて出演した際に、吉竹を新人アナウンサーと知らずに初めて対面した当時の総合司会・角淳一が、女優やタレントと思い込んでお辞儀をしたというほどの美貌の持ち主でもある[5]
    • 母校である福岡女学院高校の公式サイトでは、吉竹の在校時に撮影された制服姿の写真が、卒業後に制服紹介のモデル画像として使われていた。
    • 毎日放送のアナウンサー時代には、テレビ雑誌の『B.L.T』関西版で連載コラムを執筆。在阪局の若手女性アナウンサー代表として、日本全国で発売されるファッション誌の特集に登場したこともある。
    • 2013年3月9日ワールド記念ホール神戸市)で開催されたKOBE COLLECTION 2013S/Sでは、本職がファッションモデルである敦士とのコンビでMCを務めた。ちなみに、同イベントを主催する毎日放送のアナウンサーがMCを担当したのは、この時の吉竹が初めて。同年9月1日に開催の2013A/W公演でも、MCを任されている。
  • 小学生の頃は、七夕の短冊に「PUFFYになりたい」と書くほど、PUFFYに憧れていた[6]。また、「初めて雑誌のグラビアを切り抜いた芸能人」として、滝沢秀明を挙げている。
  • 趣味はエビの飼育。
  • 同じ福岡県出身のお笑い芸人なかやまきんに君の大ファンで、理想のタイプの男性はマッチョな人。ただし、一方では細い人が好きとも言う。
  • 就職活動で知り合ったCBCアナウンサーの古川枝里子と仲が良く、毎日放送時代に公式サイト内で開設していた自身のブログにもたびたび登場している。また、読売テレビアナウンサーの川田裕美とも交流。2011年2月15日MBSラジオで放送の『MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!?』に川田がゲストで出演した際には、短時間ながら番組の途中で川田との共演を果たした。

特技[編集]

  • 「アナウンサーになれなかったら、雑誌の付録を作る仕事に就きたかった」と公言するほど創作意欲が旺盛で、溶接が特技。面接でも溶接など物作りの話を披露していた[7]。『よゐこのワケアリ』では、ロケでガス溶接の腕前を披露。手をかたどったスタジオセットのオブジェや、番組グッズを製作した。このオブジェのデザインになった手の形は、番組のロゴや、ロケVTRを放送する際のスタジオ出演者のサインなどにも使われた。2009年には、後継番組『よゐこ部』のシリーズ企画「音楽部」で、未経験のアルトサックス演奏に挑戦。半年にわたって練習を重ねた末に、同年12月20日御堂会館で開催の「第1回カッコブラス選手権」で演奏した[8]
  • 『プリプリ』のアシスタント時代に担当していたロケコーナー「街の気になるて作りさん」では、「て作りさん」と称する取材先で、さまざまな工芸品・インテリア・アクセサリー作品を製作。先輩アナウンサー・河田直也2011年に『ちちんぷいぷい』の特別企画「河田直也の60日間ほぼ世界一周 昔の人は偉かったザ・ワールド」で海外に渡航した期間には、初心者同然の腕前ながら滞在先ごとに水彩画での風景描写を課せられた河田に対して、描き方のアドバイスを送っていた。
  • 吉竹史が行く!春の世界一周桜物語〜咲いたらさんが通る〜」で『ちちんぷいぷい』から「行く先々の風景を(当時未経験だった)消しゴムはんこで表現する」というお題を出されたことをきっかけに、本職の消しゴムはんこ作家・津久井智子による1回の指導だけで消しゴムはんこの彫り方をマスター。ロケの合間に宿泊先で消しゴムを彫っては、世界各国からの生中継リポートの中で「作品」を随時紹介していた。いずれの作品も完成度が高く、中継で紹介するたびに、『ちちんぷいぷい』のスタジオ出演者がこぞって絶賛。世界一周からの帰国後も、『プリプリ』や『ちちんぷいぷい』のロンドンオリンピック応援企画などで、消しゴムはんこによる「作品」を製作・発表していた。

エピソード[編集]

  • 『よゐこ部』のシリーズ企画「美術部」(2008年9月23日放送分)のロケで、似顔絵のモデルを探すために毎日放送のアナウンス部を訪れた際には、ロケに同行したよゐこの悪戯[9]に戦々恐々。「このロケでアナウンス部に来たくなかった」と嘆いていた。
  • 尊敬するアナウンサーは、毎日放送時代の先輩でもある西村麻子。吉竹が『VOICE』(MBSテレビが平日の夕方に放送中のローカルワイドニュース番組)の火・水曜日でフィールドキャスターを務めていた時期には、2009年3月31日から半年にわたって、西村が両曜日のサブキャスターを務めていた。前述の『よゐこ部』アナウンス部でのロケでも、西村を見付けるとテンションが高くなっていた。
  • 2010年9月12日から2013年12月29日までは、西に代わって、MBSラジオの『ヤングタウン日曜日(鶴瓶のヤンタン)』でアシスタントを担当。メインパーソナリティの笑福亭鶴瓶から、「エロケケ」という愛称を付けられた。この愛称は、「吉竹」の文字を分解すると、「士・口・ケ・ケ」に見えることに由来するという。
  • 2009年7月3日金曜日)に放送の『ちちんぷいぷい』で、休暇中だった先輩アナウンサー・八木早希2012年4月からフリーアナウンサーに転身)の代役としてアシスタントを担当。先輩アナウンサーでもある総合司会の西靖そろばんの話題を取り上げた際には、地元・久留米で毎年8月上旬に行われる祭り「そろばん踊り」について語った[10]
    • 2010年10月に八木の後任で金曜アシスタントへ昇格してからは、九州新幹線の全線開通(2011年3月12日)を機に、(同番組限定で)「九州親善ガール」を名乗っていた。「九州親善ガール」としては、「吉竹史の九州よかとよ~」というロケ企画を不定期で担当。九州新幹線沿線の観光地・グルメスポット・人気者や、関西各地で開催される九州関連のイベント・物産展を取材する際には、久留米近辺の方言を披露することが多かった。
  • MBSラジオでは、『うたぐみ』『ヤングタウン日曜日』『桂三枝の茶屋町ホテル』などのレギュラー番組に加えて、『よしもとオンライン大阪』の金曜日にも登場することがあった。ちなみに、『よしもとオンライン大阪』の「可愛いと思うのん誰やねん選手権」では、2週連続第1位を達成。2009年10月9日放送分では、金曜日のパーソナリティだったサバンナ高橋茂雄に対する「男の点数」を「63点」と付けた。
  • 吉竹と同年齢で、吉竹から1年遅れて2008年に毎日放送へ入社した斎藤裕美がアナウンサーだった時期には、『よゐこ部』などの番組でたびたび共演。「音楽部」では、斎藤・濱口優よゐこ)と共に、未経験からアルトサックスの演奏に取り組んでいた。また、吉竹がパーソナリティを務めていた2009年10月23日放送分の『うたぐみ』では、「お願い!1曲かけて!」のコーナーに斎藤が登場。吉竹との間柄について、「入社試験の時に一緒に受けたので、ほぼ同期みたいなもの」と発言した[11]
    • なお、斎藤は2013年7月の人事異動で、アナウンサーからラジオ営業部員へ転身。同月3日から9月25日までは、異動直前まで担当していた『うたぐみ』水曜日のパートナー役を、吉竹が引き継いでいた。
  • 運動が苦手であることを自任しながらも、毎日放送アナウンサー時代の2011年には、先輩アナウンサーの上泉雄一西靖山中真とともに第1回大阪マラソン10月30日開催)で人生初のフルマラソンに挑戦。5時間13分34秒で完走を果たした。なお、『VOICE』(MBSテレビで平日の夕方に放送中のローカルニュース番組)火曜日の冠コーナー「吉竹史の健康なび」では、同年夏から開催直前までその挑戦に連動した企画「大阪マラソンへの道」を放送。同年12月28日の深夜(29日未明)には、マラソン中の吉竹のつぶやきを主体に構成した特別番組『吉竹史の大阪マラソン “つぶやき”続けた42.195㎞』もMBSテレビで放送された。
    • 吉竹は、大阪マラソンへ出場するまで、アナウンサーを辞めることを考えるほど思い悩んでいたという。しかし、マラソンでの走行中に沿道から名指しで声援を受けたことをきっかけに、「生涯アナウンサー」を目指すことを決意。毎日放送からの退社後も、フリーアナウンサーとして、関西で活動することを視野に入れている[2]

世界一周[編集]

2012年3月3日には、『ちちんぷいぷい』史上3度目のMBSアナウンサーによる世界一周企画「吉竹史が行く!春の世界一周桜物語〜咲いたらさんが通る〜」で中華民国台湾)へ出発。同月5日(月曜日)の放送から29日(木曜日)は、羽織姿で、世界各国の桜事情を生中継やVTRで連日報告した。

  • 滞在地は、日本関西国際空港→台湾・台北タイチェンマイトルコイスタンブールタンザニアンゴロンゴロ自然保護区およびキリマンジャロエジプトカイロイタリアシチリア島およびローマスペインマドリードおよびバレンシアサン・ホセの火祭り)→ボリビアサンタ・クルスおよびウユニ塩湖アメリカワシントン韓国済州島→日本・桜島→日本・大阪。もっとも、視聴者から事前に募集した情報を基に訪問先を決めていることもあって、吉竹は毎回の中継の最後まで次の訪問先を知らされなかった。また、桜の木があっても花が咲いていない場合には、桜が満開になった時期に電子メールでその画像を送信するよう取材相手に依頼した。
  • MBSテレビでは、世界一周への出発直後から、吉竹を『プリプリ』全曜日のアシスタントに起用することを発表。それにもかかわらず、吉竹が日本へ帰国する正式な時期は、済州島の滞在中まで決まっていなかった。
  • タイでの滞在中には、通りすがりの屋台幼虫唐揚げを初めて目にするなり、「おいしい」と言いながら1袋丸ごと実食[12]。タンザニアでは、30℃を超える気温にもかかわらず、桜の木を探すために羽織・袴姿のまま5時間がかりでキリマンジャロの登山口まで上り詰めた[13]。VTRに映るこのような行動や、生中継で見せる前向きな姿勢は、吉竹より前に同番組で世界一周を経験した西河田をもしばしば驚かせていた。
  • スペインからボリビアへの渡航では、経由地として立ち寄ったペルーリマの空港で、引き継ぎの手違いから自身とスタッフのスーツケースの行方が一時分からなくなった。しかし、撮影や報告に必要な機材を手荷物として携行していたこともあって、サンタクルス到着後もロケや生中継を続けた[14][15]。またボリビアでは、過去の世界一周企画の例に倣って、間寛平の持ちギャグである「アメマ」をウユニ塩湖で絶叫している[16]
  • 吉竹は、済州島で西から日本への帰国を知らされた当初、大阪へ直行できると思い込んでいた。しかし実際には、済州島から鹿児島(桜島)へ向かうことを求められた。さらに、帰国後にうどんを食べたかったにもかかわらず、済州島からの最後の生中継(2012年3月29日放送分)で『ちちんぷいぷい』のスタジオに出演していた佐伯チズ(準レギュラー)から「うどん(を食べるの)は大阪に帰るまで待って」と制止。そのため、鹿児島へ向かう途中に福岡空港で口にした地元の名物・博多ラーメンが、帰国後最初の食事になった[17]

現在の担当番組[編集]

  • 魁!!なすなか塾(2013年7月 - 、MBSラジオとJCOM関西で放送)
    • なすなかにしが「塾長」(パーソナリティ)を担当。MBSラジオでは月に1回のペースで、事前収録の1時間番組として、主に『MBSマンデースペシャル』枠で放送している。また、収録と同時にJCOM関西向けのテレビカメラでスタジオの様子を撮影しているため、同局では1回の収録分を2本の30分番組に編集。毎週火・水曜日に、JCOM関西のコミュニティチャンネルで30分ずつ放送する。
    • 吉竹は、毎日放送のアナウンサー時代から出演。同局では、収録日が『ちちんぷいぷい』での海外取材期間と重なった場合などに、休演することがあった。ちなみに、フリーアナウンサー転身後の初仕事は、2014年2月3日MBS放送分(同月4日同月5日JCOM放送分)の当番組である。
  • Jリーグマッチデーハイライト(2014年3月 - 、スカパー!
  • Oha!4 NEWS LIVE(2014年3月31日 - 、月・火曜日ニュースキャスター、日テレNEWS24制作・日本テレビ系列
  • ニュースで英会話2014年度キャスター(2014年4月3日 - 、NHK Eテレ
  • ももち浜ストア2014年6月13日 - 、テレビ西日本、金曜日MC)

毎日放送アナウンサー時代の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

関連人物[編集]

以下の人物とは、毎日放送アナウンサー時代にレギュラー番組で長らく共演。

以下の人物は、毎日放送アナウンサー時代に関係の深かった同僚・上司。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 毎日放送人事ポータルサイト|吉竹史
  2. ^ a b MBS吉竹史アナ 来年1月で退社、フリー転身「20代最後の挑戦」(『スポーツニッポン2013年11月15日付記事)
  3. ^ 吉竹史アナ「Oha!4」キャスターに 関西から全国区 Sponichi Annex 2014年3月18日閲覧。
  4. ^ 『ちちんぷいぷい』で公表
  5. ^ ちなみに角は、「(吉竹が当時)新人アナウンサーであることを後から知ったので、お辞儀をしたことでとても悔しい思いをしてしまった」と述懐。『ちちんぷいぷい』を卒業する2001年9月30日金曜日)の放送では、当時同曜日のアシスタントを務めていた吉竹と番組で初めて共演したとを明かしたうえで、「実は吉竹のファン」「(放送終了)後に(卒業祝いで吉竹との)ツーショット写真を撮ってもらう」と宣言していた(実際に撮影されたかは不明)。ちなみに、角は当時、月・火曜日の総合司会と水曜日のパネリストとして出演。吉竹が出演していた期間中には、金曜日の総合司会を西が務めていた(同年10月以降は西が全曜日の総合司会を担当)。
  6. ^ 2010年6月”. MBSうたぐみ Smile×Songs番組公式サイト (2011-06-00). 2014年7月14日閲覧。
  7. ^ インタビュー My Healthy Life 吉竹史さん”. SUBWAYオフィシャルサイト. 2014年7月14日閲覧。
  8. ^ 音楽部 カッコブラス選手権”. よゐこ部番組公式サイト. 2014年7月14日閲覧。
  9. ^ アナウンス部内の座席表の紙にいたずらで絵を描いたり、有野晋哉が偶然居合わせた西の頭部を強調した似顔絵を描いたうえで、その絵に対するコメントを吉竹に求めたりした。
  10. ^ 「ちちんぷいぷい」 2009年7月3日(金)放送内容”. 価格.com (2009年7月3日). 2014年7月14日閲覧。
  11. ^ 2009年10月”. MBSうたぐみ Smile×Songs番組公式サイト (2009-10-00). 2014年7月14日閲覧。
  12. ^ 2012年3月7日(水)「ちちんぷいぷい」”. gooテレビ (2012年3月7日). 2014年7月14日閲覧。
  13. ^ 2012年3月14日(水)「ちちんぷいぷい」”. gooテレビ (2012年3月14日). 2014年7月14日閲覧。
  14. ^ 2012年3月23日(金)「ちちんぷいぷい」”. gooテレビ (2012年3月23日). 2014年7月14日閲覧。
  15. ^ 2012年3月21日放送分の『ちちんぷいぷい』より。スーツケースにはそれまでの生中継で披露した消しゴムはんこ6作品も入っていたが、後に空港内に残っていたことが判明(同月22日放送分)。ロケ班を追跡するかのように南米各国の空港へ次々と転送されたため、吉竹がワシントンに到着した時点で無事ロケ班の手許に戻った(同月26日放送分)。
  16. ^ 2012年3月26日(月)「ちちんぷいぷい」”. gooテレビ (2012年3月26日). 2014年7月14日閲覧。
  17. ^ 2012年3月29日(木)「ちちんぷいぷい」”. gooテレビ (2012年3月29日). 2014年7月14日閲覧。
  18. ^ 渡航翌日の2012年3月4日日曜日)には、MBSラジオの『サンデースペシャル』で、渡航前に収録した特別番組「MBSうたぐみSmile×Songs 吉竹史のゆかいな3年間にありがとうスペシャル」を放送。吉竹はその中で、番組名を伏せながらも、『うたぐみ』を卒業する理由として『プリ♥プリ』へレギュラーで出演することを示唆していた。

外部リンク[編集]