河田直也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かわた なおや
河田 直也
プロフィール
出身地 日本の旗 兵庫県神戸市
生年月日 1974年4月23日(39歳)
血液型 B型
最終学歴 立命館大学政策科学部
勤務局 毎日放送
活動期間 1999年 - 現在
ジャンル 情報番組ニュース番組バラエティ番組
配偶者 有り
出演番組・活動
現在
  • 本文参照
過去
  • 本文参照

河田 直也(かわた なおや、1974年4月23日 - )は、毎日放送(MBS)所属のアナウンサーである。2007年4月現在、役職は主事(係長級)。

来歴・人物[編集]

兵庫県神戸市出身で、血液型はB型。

カナダケベック州インターナショナルスクールを経て立命館大学政策科学部へ進学。卒業後の1999年に、毎日放送へ入社した。同期入社のアナウンサーに、松川浩子がいる。

入社当初はスポーツ実況を担当。現在は情報・バラエティ・報道番組に出演している。近年では、MBSテレビちちんぷいぷい』『知っとこ!』などで、生中継のリポートやロケ取材を担当することが多い。2010年10月から『ちちんぷいぷい』で毎週木曜日に放送している紀行ロケ企画「昔の人は偉かった」では、週1回のロケで同年代のくっすんとともに1日10km以上の道程を歩きながら、「歴史ポイント」(ロケ中に訪れる名所旧跡・神社仏閣)の解説、(ロケ中に脚の痛みや疲労を訴えがちな)くっすんのフォロー、スタジオでのコーナー進行・ロケ報告などの役割を担っている。

母親は宝塚歌劇団卒業生華かおり[1]2007年10月13日には、『ちちんぷいぷい』のディレクターと結婚。いずれも、同番組で『世界一周』への出発の模様を中継した際に、関西国際空港からの生中継に登場している。2012年5月には、第1子(男児)を授かったことを同番組で公表した。また、大月勇(現在・ラジオ営業部)、大八木友之(現在・報道局)、後輩アナウンサーの山中真らと社内でフットサル部に所属。『ちちんぷいぷい』で共演の先輩アナウンサー・西靖とは、ウクレレ部に所属している。

その一方で、スポーツ担当を離れてからも、『みんなの甲子園』や全国高校ラグビー大会のダイジェスト番組でキャスターを歴任。毎日放送が出資した映画『あしたのジョー』(2011年版)には、ボクシングの実況アナウンサー役で出演した。ちなみに、『あしたのジョー』の実況シーンでは、休日だったにもかかわらず撮影に立ち会っていた香川照之(丹下段平役で出演)からボクシング通ならではのアドバイスを直々に受けている[2]

2012年4月からは、『ちちんぷいぷい』内の部署である「ちちんぷいぷい運動部」の副キャプテンに任命。2013年4月からは、MBSテレビが12年振りにレギュラーで放送する自社制作のスポーツ情報番組『カワスポ』(毎週金曜日24時台)のメインキャスターを務めている。

2014年4月からは、「昔の人は偉かった」への出演を続けながら、『ちちんぷいぷい』金曜日で西と共にパーソナリティ(総合司会)を担当。『カワスポ』については、月1回放送の『月刊カワスポ』へ移行するものの、引き続きメインキャスターを務める。

『ちちんぷいぷい』などの番組で共演する機会が多い山中と同じく、番組へ登場する際には「アナウンサーの河田直也です」と紹介することが多い。毎日放送の海外研修で山中がインドへ滞在した2011年1月~3月中旬には、山中のレギュラー番組を事実上引き継いでいた。

長期留学を経験していたこともあって、英会話が堪能。自身の出演番組では、映画宣伝で来日した海外の俳優・女優に、英語でのインタビュアーを務めることが多い。2007年8月に開催された世界陸上大阪大会の開会式(長居陸上競技場)では、毎日放送が地元局として大会の中継に携わった関係で、場内での英語アナウンスを担当した。また、「顔立ちが似ている」との理由で、イ・ビョンホンとのインタビューを数回経験。彼が2009年に生放送中の『ちちんぷいぷい』のスタジオへ出演した際には、エスコート役を務めた。ロンドンオリンピック (2012年)以降は、オリンピックなどの国際的なスポーツ競技大会が海外で開催されるたびに、毎日放送代表の周辺取材リポーターとして開催地に派遣されている。

また2011年からは、『ちちんぷいぷい』完全プロデュースのCDシングルの発売日に、『THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS』(『ちちんぷいぷい』と放送時間が重複するFM802の生放送番組)の17時台前半にゲストで出演。出演パートでは、両番組の間で、テレビ・ラジオによるサイマル放送を実施している(詳細はTHE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS#放送時間を参照)。このうち、2010年10月から参加していた「未来の花束」のリリースキャンペーンでは、「オリコンウィークリーチャート初登場で10位以内に入らなければ、1日だけ“おしゃれパーマ”姿で『ちちんぷいぷい』に出る」と公約した[3][4]。しかし、同年11月8日火曜日)の同番組において、14位にとどまったことが判明。同日夜に『情報どっか〜んライブ!ホームランラジオ』(火曜日のメインパーソナリティを務めるMBSラジオのナイターオフ番組)の生放送を終えてから、パーマをかける羽目になった[5]。なお、翌11月9日の放送には、パーマ姿で「水曜生中継」に出演している[6]

「河田直也の60日間ほぼ世界一周 昔の人は偉かったザ・ワールド」[編集]

2011年7月11日の『ちちんぷいぷい』で、『60日間世界一周の旅』(2010年6月から8月にかけて西靖が挑戦した企画)の第2弾として、『河田直也の60日間ほぼ世界一周 昔の人は偉かったザ・ワールド』(以下、『世界一周』)を実施することを発表。同年7月25日に、関西空港からハワイに向けて出発した。その後は、ペルーエクアドルブラジルイギリスアイスランドフランスマダガスカルエチオピアエジプトブルガリアルーマニアスペインネパールベトナム中華人民共和国ラオスオーストラリアの各国を渡りながら、滞在先から同番組や『河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト』(MBSラジオ、河田の代理として山中がパーソナリティを担当)向けにリポート。同年9月23日に帰阪した。

渡航先では、『ちちんぷいぷい』総合司会の角淳一(当時)や西から放送で突然伝えられるテーマに沿って、得意の英語や現地の言葉を交えながらVTR取材や生中継リポートを担当していた。河田の帰阪当日には、秋分の日と重なったにもかかわらず、祝日に休むことが多い同番組を特別に編成。帰阪の模様を中継したほか、同番組スタジオへの帰還の模様を放送した。なお、2011年11月2日には、世界一周の模様を収めたムック「河田直也の60日間ほぼ世界一周」をぴあから刊行した。

なお角は、水彩画初心者の河田に対して、行く先々の風景を滞在先1ヶ所につき1枚の水彩画で描くことを要望。 河田も、出発前に増山修(スタジオジブリ出身の背景画家)から指導を受けたうえで、『世界一周』の期間中に水彩画を描き続けた。渡航当初は、空を広く描く割に滞在先の特色をほとんど反映していないほど平坦な画風のため、同番組出演者からの評判は往々にして芳しくなかった。しかし、名越康文女子美術大学を卒業した当時の後輩アナウンサー・吉竹史(いずれも『ちちんぷいぷい』レギュラー)から描き方のアドバイスを受けたこともあって、描き続けるうちに同番組の出演者(特に西)からの評価が変化した。

『世界一周』帰阪前日の『ちちんぷいぷい』では、平成23年台風第12号の被災自治体・関係機関へ収益を寄付することを目的に、河田が旅先で描いた絵から5作品をあしらった“世界の水彩画Tシャツ”(全500枚・各種類100枚限定)を中之島公園大阪市北区)において1枚1,000円で販売することを視聴者に告知。スタッフの計らいで帰国直後までこの企画を知らされていなかった河田が同公園に到着した直後から販売を始めたころ、放送時間内の約1時間で全種類を完売した。

国際的なスポーツ競技大会の周辺取材リポーター「花の応援マン」[編集]

英語が堪能でスポーツアナウンサーとしての経験もあることから、ロンドンオリンピック (2012年)ソチオリンピック (2014年)の期間中には、毎日放送代表の取材リポーター「花の応援マン」として会場に派遣。応援団風の学生服姿で、日本代表への応援企画を展開するかたわら、『ちちんぷいぷい』を中心とするテレビ・ラジオ番組向けに会場の「周辺」を取材している。

毎日放送には、国際的なスポーツ競技大会において、会場内部の取材席やプレスルームなどでの取材許可証を与えられていないことが多い。このため、河田が取材できる範囲は、許可証の対象から外れた「周辺」や会場のある地域に限られている。しかし河田は、取材で派遣されるたびに、「一般客」の立場で注目競技の入場券を確保。会場で競技の模様を独自に撮影・収録しないことを条件に、「一般客」の1人として競技を観戦したうえで、観戦後に会場の外からリポートを送っている。ソチオリンピックのフィギュアスケート・男子シングル種目では、ショートプログラムを会場の上段席で見届けたにもかかわらず、翌日開催のフリープログラムでチケットの入手に失敗。結果として、羽生結弦の金メダル獲得の瞬間を見逃してしまった。ただし、会場で観戦できない競技でも、パブリックビューイングなどで観戦した模様をリポートで伝えることがある。

また、競技取材の合間には、会場のある街ならではの施設・サービス・風景・家庭・風習などを幅広く取材。さらに、取材先では、日本代表の選手や関係者にたびたび遭遇している。『ちちんぷいぷい』などの番組では、このような独自取材を基に、取材許可証を有するNHKや在京民放局とは趣の異なる内容のリポートを連日放送。ソチオリンピックの期間中には、『ちちんぷいぷい』向けの街頭取材中に、同オリンピック組織委員会のスタッフから「逆取材」を受けた。

ちなみに、日本代表への応援企画では、寄せ書き用の白い布とオリジナルのピンバッチを持参。会場近辺に住む日本人や、会場で出会った観客に呼び掛けたうえで、白い布に日本代表への応援メッセージを書かせている。また、会場や取材で出会った一般人にピンバッチを進呈したり、手持ちのピンパッチを交換したりしている。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

  • ちちんぷいぷい 
    • 2010年4月からは、木曜日17時台に放送されるVTRコーナー(同年10月以降は「昔の人は偉かった」)を中心に出演。「河田直也の60日間ほぼ世界一周 昔の人は偉かったザ・ワールド」期間中にも、渡航先から生中継かVTRリポートで随時登場していた。
    • 世界一周から帰国後の2010年10月からは、近畿地方を中心に行楽地やホテルを紹介する「水曜生中継」のリポーターも兼務。2012年のロンドンオリンピック期間中には、「花の応援マン」という肩書で周辺取材リポーターを務めた。ソチオリンピックの期間中にも、開催地のソチで取材を担当した。
    • 2011年には、山崎製パンとのコラボレーション企画で、関西・期間限定商品「ランチパック トマトジャム&トマト風味ホイップ」をプロデュース。2012年1月23日から3月31日までの約2ヶ月間で、117万5,598個を売り上げた。2013年にも、UHA味覚糖とのコラボレーション商品「ぷいぷい飴」で、「うれしい春におめで糖 満開桜ミルクあめ」のプロデュースを手掛けた。
    • 2014年4月からは、木曜日で「昔の人は偉かった」への出演を続けながら、金曜日に総合司会を務める。ちなみに、過去にも総合司会の代役を経験している。
  • カワスポ → 月刊カワスポ - メインMC(2013年4月 - )- テレビでは自身初の冠レギュラー番組
  • 吉本陸上競技会 - 総合司会(年1回放送の特別番組、2009年・2010年・2012年に出演)
  • 全国高校ラグビー - 関西ローカルで放送されるハイライト番組のキャスター。かつてはスポーツアナウンサーとして、テレビ・ラジオの中継にも出演。 
  • MBS NEWS(不定期)

ラジオ[編集]

  • 河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト(2010年4月 - 、土曜)- 「河田直也の60日間ほぼ世界一周 昔の人は偉かったザ・ワールド」期間中にも、渡航先から電話で随時出演している。帰国翌日(2011年9月24日)に放送の「うきうき土曜リクエスト 延長スペシャル」からパーソナリティに復帰した。
  • withタイガース カワスポサタデー運動部! - メインパーソナリティ(2013年度のナイターオフ番組)- 「『カワスポ』のラジオ版」に当たる生放送番組で、直前まで放送される『うきうき土曜リクエスト』のパーソナリティと兼務。
  • MBSニュース(不定期)

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

以下の番組には、『ちちんぷいぷい』の「昔の人は偉かった」のロケで岡山・広島両県を行脚中の2013年1月以降に、くっすんと共に飛び入りで出演。

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同期生に安奈淳衣通月子高宮沙千川村真樹がいる
  2. ^ 本人や先輩アナウンサー・上泉雄一が複数の出演番組で発言
  3. ^ 西靖アナが"大胆オシャレパーマ"に!?『ちちんぷいぷい』がCDを発売(マイコミジャーナル、2011年11月1日)
  4. ^ ちちんぷいぷい丸刈り西アナ「パーマ」公約(サンスポ.com、2011年11月1日)
  5. ^ 2011年11月9日の『ちちんぷいぷい』より
  6. ^ 「未来の花束」オリコン14位でMBS『ちちんぷいぷい』 西アナが "お洒落パーマ"に!!(mFound、2011年11月10日)
  7. ^ 当日の早朝に「昔の人は偉かった」のロケで岡山市内を移動中に、『RSKイブニング5時』の早朝取材コーナー「夕方だけど朝ですよ!」を終えたばかりのMC・国司憲一郎(山陽放送アナウンサー)に遭遇。この時に国司から「逆取材」を受けた縁で、ロケの終了後に、くっすんとともに5時台とエンディングへ出演した。この模様は、2013年1月31日の『ちちんぷいぷい』「昔の人は偉かった」でも放送。ちなみに、『ちちんぷいぷい』で共演する西は岡山市の出身だが、岡山・香川両県では同番組が流れていない。
  8. ^ 2013年3月11日にロケの一環で糸崎神社(広島県三原市)を訪れた際に、河田・くっすんへのサプライズ企画として、番組レギュラーのボールボーイ・舛井奈美香が地元の名産品や広島東洋カープのグッズを差し入れた。この模様は、同月14日の『ちちんぷいぷい』でも放送されている。
  9. ^ 当日のロケで中国放送本社を訪問した際に、本番前の同番組スタジオに登場。ロケの関係で生放送には出演しなかったが、同局の視聴者向けに『ちちんぷいぷい』を紹介するVTRが流れた。ちなみに、『イマなま3チャンネル』女性MCの伊藤文(同局アナウンサー)とは学生時代からの知人で、TBS系列局のアナウンサーとしても河田の同期に当たる(同月11日放送分の「昔の人は偉かった」より)。
  10. ^ 2008年8月16日西靖&桜井一枝のわくわく土曜リクエスト内で発言

関連人物[編集]

外部リンク[編集]