長嶋一茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長嶋 一茂
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都大田区
生年月日 1966年1月26日(48歳)
身長
体重
181 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1987年 ドラフト1位
初出場 1988年4月9日
最終出場 1996年5月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

長嶋 一茂(ながしま かずしげ、1966年1月26日 - )は、日本の元プロ野球選手内野手)、タレントスポーツキャスター野球評論家俳優。現在は読売ジャイアンツ野球振興アドバイザー。

東京都大田区田園調布出身。ナガシマ企画所属。血液型B型。父は長嶋茂雄。4人兄弟の長男で、弟はレーシングドライバー長島正興、妹はキャスターの長嶋三奈

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

田園調布中学校群馬県吾妻郡六合村(現:中之条町)にある白根開善学校中等部で中学時代を過ごした(ただし、ごく短期間で退寮)。高校受験では桐蔭学園高等学校にも合格したが「父親と同じ立教で野球をやりたい」と、立教高等学校(現・立教新座高等学校)に進学した。3年生時に甲子園埼玉県予選の準決勝まで進出したが、所沢商業高校にサヨナラ負けを喫した。その後立教大学に進学。立教大学硬式野球部では東京六大学リーグ通算101試合出場、382打数86安打、打率.225、11本塁打、54打点。4年生の時に2季連続ベストナイン(三塁手)に選ばれた。高校・大学の一年後輩に矢作公一がいる。


1987年のドラフト会議ヤクルト大洋の2球団が1位指名で競合し、抽選の結果ヤクルトが交渉権を獲得。後に契約金8000万円、年俸840万円(金額は推定)で入団合意した[1]。ドラフト前日まで巨人も1位指名を検討したものの結局回避した[2]

ヤクルト時代[編集]

1988年、プロ初安打をホームラン神宮球場での巨人戦、ビル・ガリクソン投手から)で飾り、『ミスター二世』として注目を集めた。

野村克也がヤクルト監督就任した1990年は出場機会が減少。野村はマスコミから「なぜ一茂を試合で使わないのか」という質問を受けた際「逆に尋ねるが、あんたが監督ならあいつ(一茂)をレギュラーで使うのか」と返答したり、「あいつを使ったら間違いなく三振王になるな」と野村節で回答した。[3]

1991年は、6月初旬からスタメンで起用されると、6月9日の広島戦では3安打5打点の活躍をし、その試合を皮切りにチームが球団新記録の12連勝をした。この12試合中の長嶋の成績も、打率.282ながら2本塁打14打点OPS.934と打ちまくったため、ついに開花したと言われた。しかし、13連勝を狙った6月26日の巨人戦では、3点リードの9回裏にまずい守備を連発して逆転サヨナラ負けを喫したため、スポーツ紙では、長嶋に始まり長嶋で終わった12連勝と呼ばれた。

1992年は、マイナーリーグ1Aベロビーチ・ドジャースに野球留学したため出場機会がなく、チームの14年ぶりの優勝には貢献できなかった。後に「報道ステーション」2008年5月27日放送分(テレビ朝日)の中で一茂は野村と対談、「お前(ミーティング中に)漫画描いてたじゃないか」と冗談混じりながら当時の行動について指摘されている。

巨人時代[編集]

1993年、父・茂雄が監督に就任した読売ジャイアンツへ金銭トレードで移籍。開幕スタメンを勝ち取る。同年の古巣ヤクルト戦では、原辰徳との守備交代で、「4番、サード長嶋」がコールされた。

1994年は、持ち前のムードメーカーとしてリーグ優勝、日本シリーズ制覇に貢献した。(ただし日本シリーズはベンチメンバーのみ、試合に出場する事は無かった)

1995年は右ひじの故障で一軍出場はゼロに終わると、1996年は当時の守備コーチ土井正三から「バントをしろ」と言われたことに対して「いらねぇよ!あんな奴!!」と暴言を吐き、球団から罰金50万円と二軍降格に加え、出場停止処分を受けた。同年オフ、父・茂雄から「一茂、残念だけどお前は来年の戦力構想に入っていない」と戦力外通告を受けた。その後、広島近鉄オリックス日本ハムが獲得の意向を見せたが、「これ以上迷惑をかけたくない」と発言し、現役を引退。引退について父・茂雄は「プロの世界だって1年限りの世界ですから」と発言した。(「監督と選手の関係から親子の関係に戻ろう」とも発言していた。)

引退後[編集]

引退後は個人事務所「ナガシマ企画」を設立し、芸能人に転身。スポーツキャスターとなり、1997年1999年フジテレビの『プロ野球ニュース』(週末)、2000年2002年日本テレビの『独占!!スポーツ情報』(のちの『THE独占サンデー』)の司会を担当した。プロ野球ニュース担当時代には当時流行していたサントリーボスのCMのパロディーで「親が凄いと子供も凄いんだよな、な。」と問いかけられて「なに。」と答えるという自虐ネタを演じたこともあった。

2002年から2年間に渡ってNHKのインタビュー番組『わたしはあきらめない!』の聞き手役も務めた。パニック障害を経験したとして同番組にゲスト出演した田中美里に対し、自身も1996年以来自律神経失調症過呼吸の経験があり、プロ野球選手として活躍していたころバッターボックスに立てなくなったこと、また現在(放送当時)も同病に悩まされることがあることを告白。同病についてのエピソードは、以降に出演した『たけしの本当は怖い家庭の医学』や『オーラの泉』などでも紹介されている。

スポーツキャスターと並行して俳優業も行い、2000年は『NHK朝の連続テレビ小説オードリー』に出演し(時代劇の剣士役)、俳優としての地歩を固める。2002年は映画『ミスター・ルーキー』(日本アカデミー賞新人賞受賞)、2005年には『男たちの大和/YAMATO』、2004年は、TBSの『サラリーマン金太郎4[4]テレビ朝日の『逮捕しちゃうぞ』、2005年の『NHK大河ドラマ義経』等に出演。

極真カラテの有段者であり、数見肇百人組手の40人目の対戦者を務めたこともある。その経験から、フジテレビK-1中継の司会を務めている。番組企画で魔裟斗と戦い、失神したこともある。なおその時の記憶は飛んでいて覚えていない。

さんまのSUPERからくりTV』(TBS)ではレギュラー解答者のほか、『知識の泉』のコーナーに出演。西村知美松嶋尚美浅田美代子らと共に天然ボケを活かし爆笑トークを展開する。2004年、『さんまのSUPERからくりTV』の中で打倒・松岡修造を目的に明石家さんまらによって結成された『からくりテニス同好会』のメンバーになる。

2004年4月、田中律子磯野貴理子とともにTBSのお昼の生放送番組『はぴひる!』の司会を務める。6月6日、アテネオリンピック聖火ランナーを務める。同年、日本テレビのアテネオリンピック中継のキャスターに選ばれた。また、2004年6月16日に双子の女児が誕生した。父の茂雄にとっては待望の初孫である。このことは本人が司会を務めるお昼のテレビ番組の中で本人の口により発表された。

2005年1月1日より当時球団会長渡邉恒雄の推薦で読売新聞グループ本社社長室付けスポーツアドバイザー、並びに巨人球団代表特別補佐(アドバイザー)として招聘され、2011年1月1日まで務め、同日付で野球振興アドバイザーに就任した[5]。スポーツキャスターや芸能活動は継続する。

2006年三菱UFJ信託銀行のCMに父・茂雄との親子共演を果たした。

2013年クラシアンのCMにイメージキャラクターとして抜擢された。

エピソード[編集]

  • 立教ボーイと思われがちだが、高校のころからである。
  • 小学生の頃、神宮球場でのヤクルト-巨人戦を父・茂雄と一緒に見に行ったのだが、茂雄は連れてきた一茂を球場に置き去りにして帰ってしまう。家に帰って妻に言われて気が付いたのだという。茂雄は慌てて神宮球場に電話をしたところ、一茂は審判室に保護されていた。
  • 父・茂雄の引退試合(1974年10月14日の巨人-中日ドラゴンズ戦)を一切観ていない。当初茂雄は一茂に始球式担当を持ちかけたが、「恥ずかしい」と拒否し、一茂は試合時間に歯科医にかかっていた(『THE独占サンデー』や『さんまのSUPERからくりTV』、茂雄と松井秀喜国民栄誉賞授賞式中継のゲスト解説の場で本人が語っている)。
  • 父・茂雄が、巨人の第1次監督就任時には背番号90を付けていたが、一茂の「背番号3・3番打者・サード(三塁手)」で足して9という発言がもとになっている。
  • 高校時代は野球一筋であり、全く勉強せず、カンニングも頻繁に行っていた。「ボクも基本的に期末とか中間はカンニングしましたからね。だって、野球ばっかりやってたから試験勉強やる時間ないもん、オレ」と堂々とテレビで告白、「みなさん1度もカンニングやったことないんですか、って?」と問いかけてもいる[6]
  • 大学時代、野球部の主将にカップラーメンを作れと渡されたが、作り方が分からず、水の状態から茹でたことがある。
  • ヤクルト時代に志願して落合博満と自主トレを行なった際、長嶋家より差し入れとして銀座千疋屋のメロンが届く。一茂がそのメロンを二つ割りにして種を取り、ブランデーを注いで一気に食べる姿を見た落合夫妻は、「子供はこのようにのびのびと育てなきゃいけない」と話し合ったと、落合信子がインタビューで語っている。
  • プロ初ホームランは、実はまぐれ当たりであり、自身の著書「三流」では「入団直後からプロのスピードについて行けず、どうしようかと思った」と書かれている。
  • 達川光男がプロ初ホームランを見て、一茂に「あそこのコース得意なん?、今度投げさせてみようか」と言い、本当にそのコースに投げたが、ホームラン性の大ファウルを打たれたため、冷や汗をかいたらしい。
  • 1988年のシーズンオフに「プロ野球ニュース」で「がんばれカズシゲ」というコーナーがあった。
  • 甲子園球場での阪神戦で、味方の許した大量リードに呆れた阪神ファンから、阪神のヒッティングマーチで応援されたことがある。
  • 1991年のある試合で変化球をホームランにして放った際、野村克也に褒められた後、「次は直球を(慎重に)狙え」と進言したが、次の打席では直球を大きく振り、空振り三振に終わった。その事を現役引退後に野村との対談で話した際「お前は褒めるとろくなことがない」と言われた。
  • コーチとの確執も多く、ヤクルト時代は当時監督の野村のチーム方針に全く順応しなかったため、コーチ陣との軋轢がひどくなり[7]、巨人在籍時は怠惰な生活を送っていたこともあって、堀内恒夫から激怒され、河村健一郎からは「次まともにやらないんだったら辞めろ!」と激しく叱責を受けていた。しかし暴言を吐かれた土井正三は「あいつの性格ならああいうことも言いかねない」と怒りを露にしなかった。
  • 1992年に野球留学をしていた際、彼のさまざまな世話をしていたアイク生原が死去。山本昌らと共に葬儀に参列した。
  • 1993年4月23日の阪神-巨人戦で仲田幸司投手からセ・リーグ通算3万号となる記念本塁打を放つ。
  • 1994年5月18日の巨人-広島戦で当時のチームメイトである槙原寛己完全試合を達成した際(槙原寛己の完全試合)は三塁を守っており、真っ先に彼に抱きついた。
  • ヤクルト時代は池山隆寛と仲が良く、シーズンオフのバラエティ番組では、池山と一茂のやり取りが放送されていた。
  • キャスターを務めたアテネオリンピックを総括する特集番組では、ドーピング再検査問題の渦中にあったアヌシュについて語る際、「僕も現役時代にステロイドによるドーピングをしていた。検査で何度かひっかかったこともある」と告白。続けて「確かに筋力は増すが簡単に野球の成績に結びつくものではないし、ドーピングは大したことではないと思う。しかし基本的にはフェアではないし体にも悪いことなので再検査命令にはすぐに応じるべきだ」と話した。
  • 2004年3月に、父・茂雄が脳梗塞で倒れた際、長嶋邸に押しかけるマスコミへの対応を受け持ち、茂雄の容態について定期的に報告をした。茂雄が当時就任していたアテネオリンピック野球日本代表監督として指揮を執れる状態ではないことを説明し、茂雄の魂だけはアテネに連れていきたいと、大きな日の丸に背番号である3の文字を父に書かせ代表に託した。
  • 2008年4月9日放送の『NEWS ZERO』において、フランスサルコジ大統領北京オリンピックへの欠席をほのめかしていることに言及し、「政治とスポーツは分けて考えるべき」「国家元首が欠席すると(同国選手の)モチベーションが低下することは避けられない」と主張した。また、「抗議活動を行っている人は、実際に走っている聖火ランナーの気持ちや、オリンピック出場選手が4年に1度しかないチャンスに向けて努力してきたことなどを考えてほしい」と発言した。
  • 2010年4月9日放送の、テレビ朝日系列で放映されたさんま&EXILEの「世界に一つだけの歌」の番組内で、「サッカー日本代表の試合、特にW杯のときは負けろ!って常に思ってました。だって勝ったら日本でのサッカー人気がさらに上がるじゃないですか」「ドーハで日本代表がW杯行きを逃したとき、野球関係者は心から喜んだ」「サッカー関係の人は嫌な顔するかもしれないけど、野球のポジションが脅かされるから他のスポーツが出てくるのは許せない」と自らの抱く思いを率直に発言した。
  • 2011年9月9日のテレビ朝日系列で放送された番組、モーニングバードにてなでしこジャパンの話題が続いたなかで、「もう『なでしこ』はいいじゃないですか。野球の話しましょうよ」と投げやり気味に話していたが、2012年ロンドン五輪での「なでしこジャパン引き分け騒動」では、「これは戦略の範疇です。戦意があるかどうかは審判が感じたこと。サッカーの場合は、引き分けでモチベーションが高くなる。また、移動がないというのは選手にとって大きい」[8]と、サッカーファンやスポーツ関係者以外に理解がしにくい『戦略的ドロー』の重要性の説明に徹した。
  • 大道典嘉との対談で、「俺もプライドとか捨てて、バットを短く持てばよかった」と語った。
  • リップクリームを常に所持しており、匂いを吸うことで落ち着く。
  • ワインコレクター。
  • 行列の出来る法律相談所にゲスト出演したときに、島田紳助から「9年間で18本だけど、解説者としてはよく語るね」と言われた長嶋本人は「局が野球解説で呼んでくれたのならば何ぼでも解説していいんだな」と解釈して番組に出演しているとのこと。なお、この話は長嶋が人生が変わる1分間の深イイ話にゲスト出演した際に、行列のスタッフが投稿して見事全員一致の深イイ話で行列スタッフが5万円を獲得した珍事でもあった。(これで2度目)番組でも「俺はバカ息子と言われるけど、日本全国二世・ジュニア・バカ息子だらけ」と居直って爆笑された。
  • 引退後、格闘技に挑戦し得意だったことから「俺はボールを使うスポーツはダメなんだ」と発言している。
  • グルメチキンレース・ゴチになります!にゲスト出演した際には金銭感覚が麻痺して全メンバーから「どう考えても一茂が自腹」と言われ、更に最後の「領収書を渡す際に肩をトントンされる」のも殆ど支配人が一茂に付きまとうわ、フェイントも他の比べて短時間だった。尚設定金額2万3000円に対して3万8100円(1万5100円の差)だった。2009年(ゴチになります10)では設定金額と支払金額の差ではナンバーワンの誤差だった。
  • 父・長嶋茂雄の記念品、愛用品を無断でコレクターの資産家に大量に売却したのではないかという疑惑が複数の週刊誌で報じられたこともある。(週刊ポスト 2009年12月25日号、週刊文春 2009年12月24日号など)
  • 昭和40年生まれで結成された「40年会」の一員(彼以外の会員に加藤伸一古田敦也紀藤真琴村上隆行池山隆寛香田勲男斉藤雅樹八木裕吉井理人水野雄仁らがいる)。
  • 実母の長嶋亜希子が亡くなる直前、共に食事をしていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 ヤクルト 88 206 187 14 38 9 1 4 61 22 3 1 0 1 17 0 1 59 5 .203 .272 .326 .598
1989 69 163 156 12 39 7 1 4 60 15 1 0 0 1 6 0 0 29 6 .250 .276 .385 .661
1990 35 57 54 6 9 2 1 1 16 6 0 0 0 0 3 0 0 15 1 .167 .211 .296 .507
1991 67 172 149 12 33 8 2 4 57 18 1 0 0 1 21 2 1 44 6 .221 .320 .383 .703
1993 巨人 56 153 134 12 29 6 1 1 40 12 3 5 0 2 17 0 0 42 7 .216 .301 .299 .600
1994 46 32 29 5 5 1 0 1 10 1 0 0 0 0 3 1 0 7 4 .172 .250 .310 .560
1996 23 60 56 4 8 2 0 3 20 8 0 1 0 3 0 0 0 19 2 .143 .183 .339 .522
通算:7年 384 843 765 65 161 35 6 18 262 82 8 7 0 5 70 3 2 215 31 .210 .276 .342 .618

記録[編集]

背番号[編集]

  • 3 (1988年 - 1992年)
  • 36 (1993年 - 1996年)

著書[編集]

  • 『三流』(幻冬舎文庫:2002年4月25日、構成・文 石川拓治) ISBN 4-344-40226-X

出演[編集]

報道・情報・スポーツ[編集]

バラエティー[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • クラシアン
  • 太田胃散
  • 明治製菓
  • 三菱UFJ信託銀行 『キャッチボール篇』 『会話篇』 (父の茂雄と共演。)
  • 全日本空輸 『ノックで中国篇』 『記者会見篇』 『試合篇』 『チャレンジ篇』
  • 三菱自動車工業 (ミツビシミテカラ『宣言篇』以降、すべてのCMの最後のシーンに登場するようになった。) (2006年9月14日 - )
    • 『SUV告知篇』 (2007年4月3日 - )
  • 理研ハウス

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1987年11月23日付朝刊 (14版、20面)
  2. ^ 1987年(昭62) 長嶋一茂、幻の巨人1位指名-スポニチ
  3. ^ TBSクイズ☆タレント名鑑』の「スター☆今の限界名鑑」(2011年10月23日放送)にて野村克也が「ウチのお荷物」と語っていた。(野村克則はコネ)
  4. ^ 当初、サラリーマン金太郎の原作者本宮ひろ志から主役の矢島金太郎役のオファーを受けたがスケジュールの都合で実現しなかった、後にパート4で金太郎のライバル役で出演に至った。
  5. ^ “【巨人】一茂氏、野球振興アドバイザーに” (日本語). 日刊スポーツ. (2011年1月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20110105-721110.html 2012年3月17日閲覧。 
  6. ^ 長嶋一茂「カンニングやった。野球ばっかりだったから、オレ」J-CASTテレビウォッチ 2011年3月4日
  7. ^ 2008年の『フルスイング』の冒頭にて、「高畠さんだけが味方だった」と懐古している。
  8. ^ [1]
  9. ^ 2011年2月21日日テレG+「巨人軍沖縄キャンプ中継」の解説に出演した際「日本テレビ解説者」という肩書きで登場しており、東京ドーム中心の主管数試合で解説する予定である

関連項目[編集]

外部リンク[編集]