知覧特攻平和会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯31度21分48.3秒 東経130度26分3.8秒

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 知覧特攻平和会館
Chiran-TokkouHeiwaKaikan.jpg
施設情報
前身 知覧特攻遺品
専門分野 旧陸軍特別攻撃隊隊員の遺品や関係資料を展示し、当時の記録を後世に伝える
事業主体 南九州市
管理運営 南九州市総務部
開館 1985年
所在地 897-0302
鹿児島県南九州市知覧町郡17881番地
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

知覧特攻平和会館(ちらんとっこうへいわかいかん)は鹿児島県南九州市知覧町郡にある、太平洋戦争末期に編成された大日本帝国陸軍特別攻撃隊に関する資料を展示する施設。

展示内容[編集]

写真、遺書などの遺品約4,500点、特攻隊員の遺影1,036柱などが展示されている。その展示されている遺影、遺品のほとんどは、知覧特攻平和会館初代館長 板津忠正(元特攻隊員)が集めたものである。

戦闘機[編集]

跡地[編集]

太平洋戦争中に太刀洗陸軍飛行学校知覧分校として設立。大戦末期に、知覧分校から知覧特攻基地に名称変更。 ここから多くの特攻隊員が出撃し、戦死している。

特攻平和観音[編集]

特攻隊員の精神の顕彰と世界平和の祈念を目的に、1955年(昭和30年)9月28日に建立、観音像が安置されている。毎年5月3日に知覧特攻基地戦没者慰霊祭が行われている。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]