憲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

憲兵(けんぺい)とは、戦闘支援兵科の一種であり、主に軍隊内部の秩序維持と交通整理を任務とする。英語ではMilitary police(MP)と記され、『軍警察(ぐんけいさつ)』とも呼ばれる。また外国でkempeitaiと言うと日本の秘密部隊を意味する。

国家憲兵
日本軍の憲兵
自衛隊の警務官

についてはそれぞれの記事を参照のこと。

概要[編集]

憲兵とは平時においては軍隊内部の秩序・規律を維持し、戦時においては主に交通整理・捕虜取り扱いなどの業務を行う兵科である。国によってその編成は一律ではないが、一個師団には概ね全人員に対して3%程度の人員が憲兵隊を構成しており、少なくても100人から200人程度で憲兵中隊が編成されている。大隊以上の規模を持つ憲兵隊では、犯罪捜査の要員や法曹有資格者も所属している場合がある。

規律正しさから特殊な任務を担うことも多く、日本では国賓に対する栄誉礼を行う特別儀仗隊は、警務科に属する第302保安中隊の隊員を以て編成される。また、朝鮮半島の共同警備区域(板門店)で南側の警備に当たっているのも憲兵である。

制度[編集]

戦犯容疑者を監視するアメリカ軍憲兵。MPの腕章を着用している。前にいるのは山下奉文
戦犯容疑者を監視する憲兵。白い鉄帽及び帯革を着用している。ニュルンベルク裁判の法廷。
鉄帽及び腕章に自国語で「헌병」(憲兵)と記された韓国の国連軍憲兵。アメリカ軍憲兵に影響を受けあご紐はない。視線を読まれないようにサングラスをしている。板門店にて。

憲兵の制度ならびにその職掌は、沿革や制度設計思想により各国で大きく異なり、一様ではないが、フランス国家憲兵隊を範とした国では、各軍の一兵科としてではなく、陸海空軍から独立した編成(以下、「国家憲兵制度」と呼ぶ)を採り、軍内部の秩序維持のみならず、一般の行政警察機能を重視したものである。具体的には、ジャンダルムリフランス共和国)のほか、ジャンダルマトルコ共和国)、カラビニエリイタリア共和国)などがその例である。他にも、チリやアルゼンチンなどに存在する。旧日本陸軍の憲兵もフランスの制度を範として創設された国家憲兵の一種であり、日本海軍の軍事警察や行政警察、司法警察をも職掌した。詳細については、国家憲兵憲兵 (日本軍)を参照。

憲兵は、警察権を行使することを明確にするため、軍服兵科色徽章腕章等を着用していることが多い。また、鉄帽や弾帯を白くする等で目立つようにしている場合もある。

関連項目[編集]