リチャード・ボナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・ボナ
}
基本情報
出生名 Richard Bona
出生 1967年10月28日(47歳)
出身地 カメルーンの旗 カメルーン ミンタ
ジャンル ジャズ, フュージョン
職業 ベーシスト, 歌手, マルチプレイヤー, コンポーザー
担当楽器 エレクトリック・ベース, ダブル・ベース, バラフォン, ヴォーカル
レーベル コロムビア/ソニー
ヴァーヴエマーシー/ユニバーサル
共同作業者 パット・メセニー・グループ

リチャード・ボナ(Richard Bona 1967年10月28日-)は、西アフリカカメルーン出身のジャズフュージョンベーシスト。その才能から「ジャコ・パストリアスの再来」と言われている。

バイオグラフィ[編集]

カメルーン東部にある未開の土地、ミンタ村に生まれる。音楽一家の元で育ち、幼い頃からバラフォン(アフリカの木琴)等の楽器に親しみ、5歳になると家族と共に村の教会で歌い演奏した。カメルーン第二の都市ドゥアラに転居するとジャズ・クラブで演奏するようになった。主楽器はギターであったが、そこでフュージョンミュージシャンでベーシスト、ジャコ・パストリアスのアルバムJaco Pastorius(ジャコ・パストリアスの肖像)に出会い、ギターからベースに持ち替えた。

1990年に父親が逝去すると、パリに渡り音楽教育も受けるようになり、地元のジャズ・ミュージシャンと活動するようになる。1995年にはジョー・ザヴィヌルと共演するようになり、ニューヨークに拠点を移す。ザヴィヌルのMy Peopleの収録に参加しワールド・ツアーにも同行、この折に初来日した。さらに、ハリー・ベラフォンテのバンド・リーダー及び、音楽監督としても活動の幅を広げる。1999年に初リーダー作となるアルバム"Scenes from My Lifeソニー・ミュージックより発表。セッションミュージシャンとしても人気を高めてきて、ランディ・ブレッカー等と共演をした。

2000年はデイヴィッド・サンボーンジョー・サンプルらと「S.S.B.B.バンド」を組みワールド・ツアー。2001年にはNHKテレビ「みんなのうた」用にギタリストの中村善郎と共作、「風がくれたメロディ」を発表。この作品でボナは日本語詞に挑戦した。同年にセカンド・アルバムReverenceを発表。この頃にはポスト・ジャコ・パストリアスといわれるほど、人気を高めていた。パット・メセニーからも声をかけられ(マルチに楽器を演奏出来る知り合いがいないか聞かれた際に「自分がいる」と言ってメセニーを驚かせる)、年間契約の元、パット・メセニー・グループに加わり、Speaking Of Nowに参加し世界ツアーにも同行。2003年にヴァーヴ・レコードに移籍、Munia: The Taleを発表、同年に渡辺香津美オラシオ・エルナンデスとトリオを組みMo'Bopを発表、翌年にMo'Bop IIを発表した。マイク・スターンや渡辺貞夫のツアーでも度々来日している。2005年発表のTiki(EmArcyより)が最新作で、ニューヨーク、ブラジル、パリの三都市で録音した。『ティキ』はドゥアラ語で「宝物」を意味している。生地のミンタ村の様子や私生活を追ったドキュメンタリーDVDAfrican Tailも同時にリリースされた。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
Scenes from My Life 1999 Columbia/Sony Music
Reverence 2001 Columbia/Sony Music
Munia: The Tale 2003 Verve Records/Universal Music Jazz France
Tiki 2005 EmArcy
Bona Makes You Sweat [live] 2008 EmArcy
Ten Shades of Blues 2009 EmArcy
Bonafied 2013 Universal Jazz France

DVD[編集]

タイトル 発売年 注釈
African Tail 2005 Universal

テレビ出演[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト(英語)