中之条町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかのじょうまち
中之条町
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
吾妻郡
団体コード 10421-3
面積 439.28 km²
総人口 17,097
推計人口、2014年10月1日)
人口密度 38.9人/km²
隣接自治体 渋川市利根郡みなかみ町
吾妻郡草津町高山村長野原町
東吾妻町
新潟県南魚沼郡湯沢町
長野県下高井郡山ノ内町
上高井郡高山村下水内郡栄村
町の木 ケヤキ
町の花 ヤマユリ
町の鳥 ウグイス
中之条町役場
所在地 377-0424
群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町1091
北緯36度35分23.4秒東経138度50分27.6秒
Nakanojo town-office.jpg
外部リンク 中之条町公式サイト

中之条町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

中之条町(なかのじょうまち)は、群馬県北西部、吾妻郡にある。吾妻郡の行政・経済・文化の中心地。郡内で最大の人口を有する。

地理[編集]

1000mを超える山々が広く分布し、山地が広い面積を占める。 四万川が町の西部を北から南に流れ、吾妻川に合流する。吾妻川は南部を西から東へ流れている。 中之条の市街地は吾妻川北岸の河岸段丘に形成されている。

隣接自治体[編集]

中之条町・周辺.png
  1. 吾妻町(現東吾妻町
  2. 東村(現東吾妻町)
  3. 小野上村(現渋川市
  4. 六合村
  5. 高山村
  6. 新治村(現みなかみ町
  7. 湯沢町新潟県


人口[編集]

Demography10421.svg
中之条町と全国の年齢別人口分布(2005年) 中之条町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 中之条町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
中之条町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 23,389人
1975年 22,792人
1980年 22,618人
1985年 22,451人
1990年 21,627人
1995年 21,056人
2000年 20,389人
2005年 19,398人
2010年 18,214人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

町域の変遷[編集]

明治5年(1872年)、廃藩置県によって、群馬県が誕生すると、今の中之条町はその第二十大区に編入され、かつ、4小区に分けられた。明治11年(1878年)に大小区制が廃され、郡区町村制に移行すると、現在の中之条町役場の隣に吾妻郡役所が置かれ、小区の役割は町村連合による戸長役場に受け継がれた。当初中之条の旧4小区には9つの戸長役場があったが、明治17年(1884年)の再編成の際に5つとなった。この再編が明治22年(1889年)の新町村発足の基礎となり、中之条町、伊勢町、西中之条村、青山村、市城村が合併し中之条町が誕生した。

昭和28年(1953年)、町村合併促進法が施行され、群馬県は各市町村に合併計画試案を通達した。そのうち、中之条町ブロックは中之条町、沢田村伊参村名久田村高山村の5町村合併案であった。その後の合併推進協議会の結果、高山村の離脱が決定。昭和30年(1955年)4月1日、中之条町、沢田村、伊参村、名久田村の4町村が合併し、新中之条町が誕生した。

この合併に関しては、商工会や地元有志による7町村(5町村+太田村東村)、10町村(7町村+原町岩島村坂上村)の大合併構想も存在したが、意見の集約を仕切れなかったことや、動き出すのが遅かったなどの理由で実現しなかった。

平成22年(2010年)3月28日、六合村を編入する。

行政[編集]

  • 町長:不在

歴代町長[編集]

旧中之条町
  • 初代 根岸善作
  • 2代 田中甚平
  • 3代 桑原竹治郎
  • 4代 木暮茂八郎
  • 5代 田村喜八
  • 6代 柳田阿三郎(第1期)
  • 7代 山田金伝次
  • 8代 蟻川七郎次
  • 9代 町田儀平(大正2年(1913年)2月 - )
  • 10代 町田歸一(大正3年(1914年)1月 - )
  • 11代 中沢祥平(大正4年(1915年)12月 - )
  • 12代 柳田阿三郎(第2期、大正6年(1917年)1月 - )
  • 13代 田村喜八(第2期、大正10年(1921年)1月 - )
  • 14代 町田崇山(第1・2期、大正14年(1924年)1月 - )
  • 15代 小板橋菱三郎(昭和5年(1930年)1月 - )
  • 16代 伊能八平(第1・2期、昭和6年(1931年)3月 - )
  • 17代 剣持真平(昭和11年(1936年)5月 - )
  • 18代 桑原雄一郎(昭和14年(1939年)5月 - )
  • 19代 町田崇山(第3期、昭和15年(1940年)5月 - )
  • 20代 蟻川潔(昭和17年(1942年)6月 - )
  • 21代 木暮壽雄(昭和19年(1944年)11月 - )
  • 22代 小池遵正(昭和21年(1946年)10月 - )
  • 23代 福田豊三郎(昭和26年(1951年)4月 - )
新中之条町
  • 初代 伊能八平(第3期、昭和30年(1955年)4月 - )
  • 2代 町田浩蔵(第1・2期、昭和35年(1960年)1月 - )
  • 3代 福島真一(第1 - 4期、昭和43年(1968年)1月 - )
  • 4代 宮崎太一郎(第1 - 3期、昭和59年(1984年)1月 - )
  • 5代 小渕光平(第1・2期、平成8年(1996年)1月 - )
  • 6代 入内島道隆(第1・2期、平成16年(2004年)1月 - )
  • 7代 折田謙一郎(平成24年(2012年)1月 - )

警察[編集]

  • 吾妻警察署

消防[編集]

  • 吾妻広域消防本部 東部消防署
    • 中之条分署(吾妻郡中之条町伊勢町564-1)

都市提携[編集]

経済[編集]

農業[編集]

基本的には山間の小規模農業である。

JA沢田の沢田の漬物とあがしし君(地元で獲れたイノシシの加工肉)、薬王園のメグスリの木を中心に観光の目玉として売り出している。

商業[編集]

駅前商店街はかつては賑わいをみせていたが、保守的に過ぎた商工会と後継者不足、東吾妻町原町の積極的な商業誘致活動により寂れつつある。夜景は美しい。

入内島町長に変わり、駅南にバイパス道路が完成したのを期に誘致活動や広報活動、路面整備を行い賑わいを取り戻そうとしている。

四万温泉街、沢渡温泉街はともに観光街としてそれなりの賑わいをみせている。 四万温泉街は往路の歩道不足及び駐車場不足に対応するため工事が行われている。沢渡温泉街は近隣の温泉街と比較して知名度が低いことがネックとなっている(草津温泉、四万温泉、万座温泉など近隣の知名度が高すぎることもあるが)。

教育[編集]

教育施設として高等学校2校、中学校3校、小学校5校が所在する。

中之条高校は、前身の中之条農業学校時代は群馬県の農業教育の中心であった。農業科では春先には苗の即売を行い、夏から秋にかけては敷地内で収穫した野菜を近隣住民に行商している。

中学校は、中之条中学校と中之条西中学校、六合中学校、白根開善学校中等部があり、中之条中学校は中学駅伝の名門として知られ、全国大会での優勝経験もある。学校目標は、自主自立である。中之条西中学校は、文化活動に(主にボランティア)力を入れており、群馬県からの表彰が多い学校である。また、平成17年度の西華祭(文化祭)より、「歌と笑顔の輝く学校」を掲げた西華祭実行委員、教員の要望により、今後の学校目標になった。

高等学校
中学校
小学校
  • 中之条町立中之条小学校
  • 中之条町立沢田小学校 - 旧第二小学校と旧第三小学校の統合により沢田小学校となる。
  • 中之条町立伊参小学校
  • 中之条町立名久田小学校
  • 中之条町立六合小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

国道
主要地方道
その他の県道

観光[編集]

名所・旧跡[編集]

四万温泉
離山句碑公園
四万湖
奥四万湖

祭事・催事[編集]

出身著名人[編集]

中之条町★公式イメージソング『なかのじょうのうた』[編集]

中之条町出身の音楽プロデューサー・作曲家の割田康彦が同町からの依頼を受け、2011年5月「なかのじょうのうた」を作詞・作曲した。同年8月2日、歌手Ryu Mihoによる「Nostalgic Flavor Version」「Bossa Nova Flavor Version」を都内スタジオにて録音、同年8月20日に中之条ビエンナーレ2011前夜祭「夜光市」にて発表した。同年12月10日、中之条ツインプラザにて「中之条町民全世代による即席合唱団(有志152名)」による「 THE VOECES of NAKANOJO Version」を録音した。

2012年3月20日、全7バージョンを収録したCD『なかのじょうのうた』が発売された。中之条町の全戸にCD1枚ずつを配布(中之条町役場・つむじにて1枚500円で販売開始)。日本で最もオシャレな「町の歌」として、新聞やインターネット等で話題となる。

『なかのじょうのうた』プロモーション映像[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]