噴水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
噴水

噴水(ふんすい)とは、などに設けられるを噴出する装置、またはその噴出される水そのもののことである。広場庭園公園の装飾的設備として設けられることが多い。

概要[編集]

商業施設の例
ラスベガスホテル
日本庭園の例
兼六園の日本最古の噴水)
長崎公園
(日本最古の装飾噴水)
西洋式庭園の例
(神戸・須磨離宮公園
地下街の例
(大阪・ホワイティうめだ
都市公園の例
(東京・日比谷公園
大学の例
(茨城・流通経済大学龍ケ崎キャンパス)

字義通りならば「出するもの」ということになるのだが、日本語における「噴水」は上方向への噴出という意味合いが強い。その一方で英語における“fountain”は、例えば公園などに置かれている水飲み場の蛇口や地表に自然に現れる湧水といった、人工的あるいは天然のの意味も含んでおり、噴出方向も必ずしも上方向となっている必要はないとされている[1]。その意味では、ブリュッセル小便小僧シンガポールマーライオンも噴水ということになる。

噴き上げる仕組みとしては、伝統的なものでは落差を利用し水を噴き上げる構造となっているが、現在稼働しているものではモーターなどの動力とポンプで構成されるものが目立つ。

形態としては、ただ上方に水を噴き上げるだけの単純なものもあれば、噴き上げる強さを変えられるもの、ノズルが可動式になっておりさまざまな噴水形状を作れるものも存在する。また噴水の階層を複数にしたもの(二段噴水・三段噴水)や、噴水の周囲をプールとして使用できるように造られたもの(噴水プール)も存在する。

さらに、ライトアップ機能が付加されているものや、音楽に連動して噴き上げる水の形を変えられるよう機能構成されているものも存在する。

なお、室内装飾品として卓上噴水や室内噴水というものもある[2]

噴水あれこれ[編集]

日本の噴水[編集]

日本で最古とされる噴水は兼六園の噴水で、1861年前田斉泰金沢城内に作らせたものである。当然、動力は使われておらず、高低差を利用した位置エネルギーのみで動いている。その他、長崎公園の噴水も装飾噴水としては古いとされる。

現在噴水の高さ日本一は、寒河江ダムにより形成された人造湖月山湖」に於いて稼働している「月山大噴水」で、112mの高さまで噴き上げることが出来[3]、世界でも第4位の高さを誇っている[4]

このほか、滋賀県大津市琵琶湖上(大津港沖合180m防波堤上)にて稼働している「びわこ花噴水」は、複数の放射噴水を横並びに構築することにより、横方向の長さで世界最大級の噴水をつくり出している[5]

世界の噴水[編集]

高く噴き上げられる噴水で有名なものとして、アメリカ合衆国ファウンテン・ヒルズ(約170m)、スイスジュネーヴの「ジェドー」(140m)が挙げられる。

また、アメリカ・シカゴグラント・パーク中心部で稼働しているバッキンガム噴水は、世界の噴水の中で10本の指に入るほどの水量(約5,700リットル)を誇り、アメリカで最も美しい噴水の1つと讃えられると同時に、1927年の完成と併せて今はなきルート66の起点として公認されたという逸話を有している[6]他、ロシアサンクトペテルブルクペテルゴフに所在する「夏の宮殿」の庭園には150を超える噴水が据え付けられている[7]

西ヨーロッパでは、バロック期に幾何学式庭園の隆盛と平行して、噴水が庭園を構成する主要な要素として盛んに設置されていく一方、いくつかの街には市内の飾りとして彫刻を付した噴水が設けられた[8]。噴水に好んで用いられるモチーフには、ギリシア神話海神ニンフを模したもののほか、各大陸の河をさまざまな民族衣装をまとった擬人像で表す、いわゆる「四大陸の泉」がある。

噴水がある箇所[編集]

日本[編集]

日本国外[編集]

噴水ギャラリー[編集]

日本の噴水[編集]

日本国外の噴水[編集]

噴水にちなむ作品[編集]

小説[編集]

音楽作品[編集]

短編映画[編集]

1964年初めての東京五輪開催の2年後にあたる1966年、約10分の短編映画『水のデザイン』がリリースされた。

これは、水処理専業最大手として知られる栗田工業(クリタ)の企画の下、東京シネマ(現・東京シネマ新社)の制作によりつくられたもので、映画が製作された昭和40年代初頭においてすでに稼働していた各地の噴水の数々がとりあげられている。

その中には、東京・八重洲通り車道の間に造られた風速に連動して高さを自動調節する噴水[18]や、神戸市内に造られた、水の噴射をしないときにはノズルが水面下に隠れるよう造られた噴水などが含まれており、加えて現在は閉鎖された横浜ドリームランドに存在した音楽連動型噴水もとりあげられている。

さらに、映画製作当時において当映画の企画者クリタが開発していた噴水技術のいくつか(浮沈型噴水など)も紹介されている。

現在、当映画は科学映像館(NPO法人・科学映像館を支える会)のWebサイト上において無料公開されている。

その他の作品[編集]

科学実験における噴水[編集]

ヘロンの噴水[編集]

動力を使わず噴水を実現する方法として、ヘロンの噴水というものがある。古代ギリシャのヘロンという学者が考えたものであるが、原理が簡単で自作も可能であるために、現代において理科教育用として使われることがある。

アンモニアの噴水[編集]

理科実験の一つのアンモニアの水への溶解度の高さを利用してフェノールフタレイン溶液を噴出させる実験は、アンモニアの噴水と呼ばれている[20][21]

脚注[編集]

  1. ^ ホテル・ザ・グラマシーのWebサイト内に掲載されているWebページ『今月のロビーオブジェ~8月は涼しげな噴水が登場しています』(→アーカイブ)の初めのところに英語表記の”fountain”に関する記述が見える
  2. ^ 意匠分類定義カード(C2) 特許庁
  3. ^ 寒河江ダムを管轄する東北地方整備局最上川ダム統合管理事務所によると、試験運転の段階では149mの高さまで噴き上げていた《→『月山湖大噴水』(国土交通省東北地方整備局最上川ダム統合管理事務所Webサイトより;→アーカイブ)》
  4. ^ 一部「世界第6位」と説明している資料も存在する《例/『月山湖大噴水~山形県西村山郡西川町:マピオンドライブスポット特集』》
  5. ^ びわこ花噴水』(滋賀県Webサイト)より。なお、当該Webページによれば、“複数放射噴水”と共に、約40mの高さまで噴き上げ可能な直上噴水ノズルも2本備えている
  6. ^ スケールやデザインがちょっと普通じゃないユニークな世界の噴水15カ所』(『GIGAZINE』2012年11月22日付け掲載記事;→アーカイブ(一部画像除く))及び『バッキングガム・ファウンテン(buckingham fountain)』(US新聞ドットコム;→アーカイブ)より
  7. ^ 一般社団法人・建設コンサルタンツ協会(JCCA)Webサイト内『世界の土木遺産』に掲載されている『ペテルゴフ・夏の宮殿の噴水(ロシア、サンクトペルブルク)』ページより
  8. ^ このような噴水は公共彫刻としての役割が大きく、ローマトレヴィの泉は有名である
  9. ^ 公園スペース内に流れるBGMに合わせて水量や噴き上げる高さが変化する(ウォーターフロントパークに於けるイヴェント開催が無い場合のみ)
  10. ^ 「水を水を」と言いながら死んでいった原爆犠牲者の霊に捧げるべく造られた噴水、と説明されている《→『祈りの泉』(『ひろしまナビゲーター』より)・『祈りの泉』(『広島平和記念資料館バーチャル・ミュージアム』より)》
  11. ^ 1991~緒方良信/日本公式ホームページ』1991~1992年制作。当該ページに作品写真掲載有り
  12. ^ イスラエルの彫刻家で実験芸術家としても知られるヤコブ・アガムが1986年に手がけた作品
  13. ^ 作曲家フランツ・リストが書いた『巡礼の年・第3年』の中に、当庭園をモチーフにした楽曲が3曲含まれており、その中で第3曲(『第3年』全体では第4曲)に位置づけられている『エステ荘の噴水』は壮麗に噴き上げる当庭園の噴水をテーマに描かれており、リスト自身の代表作の一つに数えられている
  14. ^ 彫刻家ジャンボローニャの大作「ネプトゥーヌス像」が据え付けられている
  15. ^ ジャン・ティンゲリーニキ・ド・サンファルの夫妻による共同制作。なお、同夫妻の共同制作作品が、他には同じくパリに所在するオペラ・バスティーユ、フランス・ロワール渓谷に建つシノン城、ドイツのデュイスブルクにもそれぞれ設置されている
  16. ^ 「キリスト教的慈愛を表す天使(The Angel of Christian Charity)」、あるいは「エロス」とも呼ばれている
  17. ^ ロンドンのコヴェント・ガーデン地区の端に所在する王立劇場「シアター・ロイヤル・ドルリー・レーン」のこと《イギリス国内に現存する王立劇場の中では最古の存在→『シアター・ロイヤル・ドルリー・レーン』(ロンドンナビ)より》。同じくコヴェント・ガーデン地区に所在するロイヤル・オペラ・ハウス(コヴェントガーデン王立歌劇場)とは別施設
  18. ^ 初の東京五輪開催を記念して造られたもので、5つの噴水が据えられている《「5つ」なのはオリンピックのシンボル「五輪」を象徴するため》。噴水の高さを風速に連動して自動的に変えるようにしているのは、行き交う車に水飛沫がかからないようにするため、と説明されている
  19. ^ 彫刻家イサム・ノグチ大阪万博のために制作したオブジェ。万博開催期間中には噴水として稼働していたが、現在では当初の設置場所から移設された上で一オブジェとしてのみ残存している《→『万博記念公園の彫刻噴水(EXPO'70大阪万博)/イサム・ノグチ』(『Het architecture』より)・『登録番号190 イサム・ノグチの噴水』(朝日新聞Web版『勝手に関西世界遺産』より;→アーカイブ)》
  20. ^ 広島大学教育学部物理研究室"アンモニアの噴水"(2010年12月1日閲覧。)
  21. ^ 聖望学園高等学校科学部"色が変わるアンモニアの噴水 聖望学園科学部"(2010年12月1日閲覧。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]